酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

志賀高原ビールのIPA イイです

6/6(金)、クラフトビールをいただきました。



tamamurahonten ipa1


tamamurahonten ipa2
■ 志賀高原ビール IPA
原材料:麦芽、ホップ
アルコール分:6%
醸造元:玉村本店(長野県下高井郡山ノ内町)


マカロニサラダ、アジの塩焼き、鯛のお刺身等とともに。
妻と二人でまずは乾杯。


先日のペールエールに比べて、やや濃い濁った琥珀色。
泡まで少し色がついています。


香りは・・・まさにオレンジのような柑橘系。
娘二人が香りを嗅いでみたところ、オレンジジュースみたいと言っていました。
しかし一口いただくと、強い苦み。そしてコクのある味わい。
IPAらしい個性がよく感じられます。
美味いですね。


IPA=インディアナペールエール。
ビールをイギリスからインドに運ぶために、通常よりホップとアルコール分を強めたのが始まりとか。
(東インド会社の時代)
時代の歴史を感じます。



ゴクゴク飲むビールではありません。
のどごしを愉しむのではなく、香りと苦み・コクをじっくり味わうビールです。
ペールエールの方が苦みが軽いぶんだけ、万人受けするでしょう。
私はこちらも好きですが・・・



クラフトビールは、各メーカーで個性があり、とても面白いですね。
日本の大手メーカーのビールが無個性で、物足りなく感じるほどです。


ですので私はTPOで飲み分けています。
ゴクゴク何杯も飲みたいときは、普通のビール。
ちょっと特別な贅沢な場面では、クラフトビールといった感じで。
色々比べるのが愉しいひとときです。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/96-3f0f48b0
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。