酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第227回 エル・クラシコを観て思うこと

WOWOWにてサッカーを観戦。


■ リーガエスパニョーラ第29節
 レアルマドリー VS FCバルセロナ
 サンチャゴ・ベルナベウ
 2014年3月23日(日本時間:24日 AM5:00キックオフ)
 第227回エル・クラシコ!


ここまで、リーグ戦1位のマドリーに対して勝ち点差4で3位につけるバルセロナ。
シーズン終盤の重要な首位攻防戦です。
試合前、アラ・マドリーが流れ、ベルナベウは荘厳な雰囲気。いい感じです。


結果は・・・4-3(前半:2-2)でバルセロナの勝利!
得点者:バルセロナ イニエスタ、メッシ×3
    マドリー  ベンゼマ×2、ロナウド


極上の前半。
お互いに持ち味を出し、スペクタクルな展開。これぞ、エンターテイメント!
4点、全てのゴールが美しい。
相手の良さを消すというより、自分たちの長所を出そうというサッカー。
好感が持てる面白い展開でした。


転じて後半はがっかり。
3点すべてがPK。
白熱した試合とはいえ、1試合に3回のPKはないと思う。


しかも、セルヒオラモスは一発退場。
ネイマールへのあの程度の接触、ファウルで・・・信じられないです。
11人対10人になり、一気に試合がツマラナクなります。


今節の結果を受けて、リーガの優勝争いは面白くなりました。
私はバルサファンですが、今期はアトレティコに頑張ってほしいです。
ファルカオが抜けてもこの強さ!
シメオネがここまでのチームを作るとは・・・
いつまでも2強だけの優勝争いではつまらないですから・・・



ここからは、最近のサッカーに対して個人的に思うことを綴ります。
(Jリーグや世界のスター選手に対して、日頃感じている改善してほしい点)


①選手からレフェリーに対しての敬意が全く感じられない。

 確かに今回クラシコの主審の笛は酷かった。
 しかし、スポーツである以上、レフェリーの判定は絶対。
 異議を唱えるならキャプテンが代表して行うべき。
 (ラグビーの紳士的な振る舞いを参考にしたらどうでしょう)

 とにかく、レフェリーの笛に対していちいち文句をつけすぎ。
 20年ぐらい前の試合ではこんなに酷くなかったと思う。
 大勢の選手でレフェリーを取り囲み、抗議を執拗に行いイエローをもらう。
 愚かな行為である。
 
 あの広いピッチで22人の選手のプレーを3人で判定するのです。
 レフェリーから見えていないプレーもあるだろうし、人間だから多少のミスは発生する。
 それらも全部踏まえてサッカーの試合だと思います。

 試合を観ている世界中の子供たちにも悪影響ばかりだと感じます。


*歴史上、初期のフットボールにレフェリーは存在していなかったという。
 当事者同士で、紳士的に試合を進めていたらしい。
 のちに中立の第三者にお願いして、レフェリーを担当してもらうようになったのだ。
 レフェリーに対して感謝の気持ちが感じられないのが問題である。


②ファウルをもらって簡単に転びすぎ。

 大して痛くもないのに大げさに転がり、痛がる選手が多すぎる。
 ラグビーの試合だったら、倒れている間に試合は止まらずトライされてしまう。
 ペナルティエリア内でダイブするのではなく、倒れないで踏ん張り、シュートを打ってほしい。

 うまく倒れてレフェリーを欺き、PKをもらうのがマリーシアなのか?
 特に南米系の選手にダイブ癖が多いと思う。
 いつからサッカーはそんなに軟弱なスポーツになったのだろうか?
 

 怪我を防ぐために必要なプレーはあるだろうが、もっと、正々堂々と潔く戦ってほしい。


 *引退した中田英寿選手は、とにかくアタリに強く、倒れなかった。
  倒されてもピッチに寝転んでファウルをアピールするより、すぐ立ち上がってプレーした。
  ヒデが痛がっていた時は、本当に痛いんだろうなと思って試合をTVで観ていた。
  Jの若い選手は、参考にしてほしい。


③ピッチに唾を吐きすぎ。

 90分走り回って息が苦しく痰がつまるのはわかるが、最近はあまりにも酷く醜い。
 上でも述べたが、20年前のサッカーのビデオを観ても、今ほど唾を吐いていない。

 室内で試合をするバレーやバスケットの選手がコートに唾を吐くだろうか。
 バスケの試合など、走り回り、ダッシュも多い。それでも唾は吐かない。
 

*そういえば、野球のメジャーリーグも唾を吐く選手が多い。
 屋外スポーツ特有な現象か?(野球はそんなに息の上がるスポーツではないと思うが)
 
 単にカッコつけているのだろうか?
 高校サッカーや高校野球では、唾を吐かず、プロになると無駄に唾を吐く。
 欧米のプロの真似をしているのだろうか?



以上、クラシコの本題とは離れてしまったが、私が日頃から不満に感じていることを述べました。
一流選手こそ、もっと、本物のフェアプレー精神を考えてもらいたい。
一流選手とは、プレーや技術・戦術だけでなく、
人間としてスポーツマンとしても一流であることだと思う。
(といいながら、古今東西の悪童といわれるプレーヤーも好きですが・・・)


私は、サッカーを愛しているからこそ、改善して気持ちの良いプレーをみせてほしいといつも思うのです。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/62-19e913e7
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。