酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンチェスターU VS オリンピアコス ユナイテッド圧勝!

スカパーにてサッカーを観戦しました。



■ UEFA CL 決勝トーナメント1回戦セカンドレグ
マンチェスターユナイテッドVSオリンピアコス
オールドトラフォード(マンチェスター)
2014年3月19日(日本時間:20日AM4:45キックオフ)



結果は・・・3-0(前半2-0)でユナイテッド勝利!
ファーストレグ、0-2でユナイテッド敗戦からのまさかの大逆転勝利です。
(2試合合計3-2でユナイテッドがベスト8へ)
得点者:ファンペルシー×3 ファンペルシーのハット!



前半立ち上がりから、両チームともすごい気合のノリ。
開始10分で合計3枚のイエローカードが出され、激しい主導権の奪い合いが続きました。
オールドトラフォードのサポーターの熱気・声援もすごいです。
ホームで無様な試合は出来ないとばかり、ユナイテッドの選手は出足鋭くチャージしていきます。



ユナイテッドのシステムは4-2-3-1(4-4-1-1にも見えます)。
ワントップはペルシー。
2列目は左からウェルベック、ルーニー、バレンシア。
セントラルにギグスとキャリックが並びました。



この試合、中盤の底からのギグスの長短織り交ぜたパスが効いていました。
1点目、2点目ともギグスのパスが起点となり、ユナイテッドが先制し主導権を握りました。
40歳にして恐るべしギグス・・・
毎試合出場してのハイパフォーマンスは無理にしても、
休みながら大事な試合に合わせてくるとは、さすがです。

以前のように、左サイドを果敢にドリブル突破するようなプレーは減りましたが、
多くの経験を積んで、試合を落ち着かせ、流れを決定づけるプレーはいぶし銀です。
ピルロのようなレジスタの才能も充分ですね。



今シーズン不調だったペルシー、さすがのハット!(PKあり、FKあり)
モイーズ監督解任のうわさもある中で、貴重な勝利に貢献しました。



相変わらずルーニーは攻守両面とも献身的なプレーでした。
現在のユナイテッドは、やはりルーニーへの依存度が高いです。



バレンシア、前半に相手の頭に顔面を強打し、左目が腫れてほとんど見えていなかったと思われます。
後半の途中交代まで立派にファイトしていました。



GKのデヘア。今日もスーパーセーブ3本。
若いですが、足元も上手くいつも安定した落ち着いたプレー。
この試合も無失点勝利に大きく貢献しました。



一方のオリンピアコスはファーストレグ2-0のスコアから、勝利を意識し、硬くなっていた印象。


また、オールドトラフォードのサポーターの熱い応援はすごかった。
間違いなく、ユナイテッド勝利の立役者の一つでしょう。



*香川はまたも出番がなく、厳しい状態が続いています。
年齢的にも一番伸びる良い時期をベンチで過ごすのは不幸です。
監督が変わらない限り、夏の移籍市場では、移籍を真剣に考えるべきだと思います。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/58-6dc2c5bb
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。