酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイ・インターン 爽やかな良作映画

WOWOWで録画した映画を鑑賞しました。





■ マイ・インターン
監督、脚本:ナンシー・マイヤーズ
出演:ロバート・デ・ニーロ、アン・ハサウェイ 他
2015年アメリカ
時間:121分



昨年の公開時から話題になっていた今作。
数年前に『プラダを着た悪魔』も観て、とても好きな映画。
その続編ともいえるような作品でずっと観たいと思っていましたが、期待通りの良作でした。



明るく前向きで爽やか。
老若男女みんなが安心して楽しめる映画だと思います。



主演二人の演技・魅力に尽きます。
役柄設定に、はまり役。



ロバート・デ・ニーロ。
渋い魅力全開。
これまでの強面の役柄とは異なり、若者に理解あるシニア・インターンを好演。
銃を撃たず闘争もなく、『FUCK YOU』も言わない。



『タクシー・ドライバー』や『ゴッド・ファーザー』などのイメージとは一変。
新境地ですね。
デ・ニーロが演じるからこそ、ベンに魅力や説得力があるのです。
悪のイメージがある彼だから、あの抑えた演技がより効果的になります。



清潔で上品な身だしなみのベン。
髭をそり整髪し、オーセンティックなスーツをピシッと着る。
ハンカチや鞄、靴等の小物に気を抜かない。
そして伝統的で高品質なものを末永く使い続ける。



まさに現代の大量消費社会へのアンチテーゼです。
修理したり、磨いたり、味を出して自分のものにする。 
ファストファッションに代表される安価なものを安易に購入し、飽きれば捨てる・・・
という概念とは正反対です。



私も一時期、某○ニクロの商品一辺倒で安易に購入し、リサイクルしていました。
ですがここ数年は反省して、多少高価でも長く使用できる良いものを購入するように
原点回帰しています。




又、ベンは多弁でない代わりに、表情や仕草で相手に意志を表示します。
若者の多いネットファッション業界で素直に教えを乞い、時にはさりげなく人生経験を
生かした誠実な対応で人望を集めます。
彼の言動には多くの人生における教訓が示されていて、本当に参考になりました。
これからの自分の生活に反映させたいと思います。



アン・ハサウェイ。
可愛く美しく大好きな女優さん。
アイドル期を超えて演技力も抜群。
本当にチャーミングです。



演じたのは新興ネットファッション会社の若き創業社長。
仕事に家庭に教育に すべてに全力投球。
生真面目に頑張っていますが、大きな問題を抱えていきます。



その過程で初めは少し疎ましく思っていたベンを信頼するようになります。
誠実で控えめな紳士と若きキャリアウーマン。
二人が距離を縮めるキッカケのFB開設を手伝うシーンがイイ。



アン・ハサウェイは泣くシーンが上手ですね。
感情のほとばしりを表現するのが上手い役者さん。



彼女のファッションを観るだけでも楽しいです。



映画に登場してくる人物は皆善人。
悪人がいません。
そこがきれいすぎて予定調和すぎるかもしれません。
最後の夫婦仲の修復もあっさりしすぎ。
でもそれでいいんです。



どろどろしなくて青春映画のような潔さ。
深く考えずにあっさり楽しめます。



映画のオープニングとエンディングの太極拳のシーン。
話中の寿司のデリバリーやベンとジュールズの『サヨナラ』の台詞。
ところどころに東洋の要素が散りばめられ、ストーリーに深みを増しています。




今年観た中でも最上級に位置するハートフル映画。
幸せな気分で寝付きたい方に特におススメ致します。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/344-3a03dd0f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。