酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OBUSE HERO 競歩の荒井選手

今夏はリオオリンピックに熱狂し、現在はパラリンピックが開催中です。



オリンピックの大会終盤、陸上の競歩男子50Kmで荒井選手が銅メダルを獲得しました。
この荒井選手、実は我が町 小布施町の出身なのです。
競技当日は町の北斎ホールにてパブリックビューイングも実施され、大いに盛り上がりました。



50Km競歩という過酷な競技で見事に銅メダルを獲得。
終盤の競り合いを制した戦いぶりもみごとでした。
そして世間一般的には、レース後の失格騒動からのメダル獲得が印象的だったと思います。
競歩は地味な競技ですが、話題性は十分でした。



レース後や閉会式でのカナダ選手との友好的な交流は、真のオリンピック精神の体現。
なにより荒井選手本人の爽やかさ、誠実な人柄、人懐っこさ、腰の低さが好印象。
一気にファンが増えたことでしょう。



9/11(日)の午後、地元の小布施にて凱旋パレードが行われ沿道には12,000人の観客が
集まったそうです。小布施の町民人口11,000人を超える勢いですね。
その後、初の町民栄誉賞の授与式と祝勝会が開催されたようです。



午前中、小布施町内の主要自治会を荒井選手、お父様、コーチが回ってくれました。
私の六川地区公会堂にも来訪。
母と娘たちと行ってきました。
ずうずうしくも握手してもらい、銅メダルを触らせていただきました。
想像以上にずっしりと重いメダルでした。



arai 1
その時の笑顔。
みんなに笑顔を振りまき、腰の低い好青年でした。
思った以上に細い体型。
皆さん、おめでとうの写真を沢山撮っていました。



arai 3
配布されたうちわ。



arai 4




arai 2
信濃毎日新聞の9/14(水)の記事。
出身校である栗ガ丘小学校と小布施中学校を9/13に訪問した時の記事。
小学校で娘たちも全員メダルを触らせていただいたそうです。



気さくな人柄で子供たちと交流。
大偉業にも偉ぶらず大したものです。
28歳と年下ですが、さすが一流選手は違いますね。



今回はとても大切なものを荒井選手から沢山学んだ気がします。
本当におめでとうございます。
そして心から感動をありがとう。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/339-3cd8c763
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。