酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春に散る 新聞連載が終了

朝日新聞の朝刊で連載されていた小説が8/31で最終回となり、終了しました。
2015/4から約1年半の連載で全505回の長編小説。



20160907 2
『春に散る』
沢木耕太郎:作
中田 春彌:画



20160907 1
9/6(火)朝日新聞に作者:沢木耕太郎さんのインタビューが掲載されました。



毎朝楽しみにしていた氏の連載。
これまで読んだ新聞小説の中で一番の傑作。
一言で『美しい小説』。
これに尽きます。



朝日の新聞小説は大物作家による秀作が多い印象。

現在は連載中の、
・夏目漱石 『吾輩は猫である』、
・綿矢りさ 『私をくいとめて』、
・金原ひとみ 『クラウドガール』
を読んでいます。



『春に散る』
メインストーリーはボクシングの話。
同じジムの同期、元世界ランカーだった中年いや老人4人が同じ家に住み、
若い才能溢れるボクサーを育て上げ、世界チャンピオンにまで上り詰めるストーリー。



第一話は主人公の元ボクサー広岡が、
ルート1をタクシーに乗りアメリカからキューバに向かうシーンで始まりました。
私はこのファーストシーンからすぐに物語に引き込まれたのです。



何というか説明がつかないのですが、沢木さんの小説の雰囲気、
中田さんのイラストのタッチが絶妙に絡み合い、物語の舞台にいるかのような錯覚でした。
キューバの暑さ、風、匂い、風景を目の前に感じたのでしょう。
広岡がバーで飲んだモヒートがやけに旨そうに思えました。
そしてモニターに映るボクシングの試合中継。
全てが私好みだったのです。



主人公が日本に帰って来てから様々なサイドストーリーが展開され、
登場人物が複雑に交錯します。
キャラクター全員がどこか影がある人物ばかり。
でも話は決して暗くありません。



恋愛模様も若干描かれますが、上品で控えめ。
個性の強い元四天王はじめ、登場人物の背景も丁寧に表現されています。



しかし物語の根幹は、主人公広岡の芯の強い、筋の通った渋いキャラクターに
因るところが大きいです。
かつ、広岡が心臓に病を抱え命が燃えつきそうな表現は、
終始一貫してハッピーエンドは期待できない流れ。
そもそもタイトルが『春に散る』ですからね。



最終回、黒木と約束した後の帰路で倒れる広岡。
あのまま逝ってしまうのか・・・・・
あるいは一命を取り留め、若い二人とアメリカで新たな生活を始めているのか・・・
読者に想像を委ねたラストシーン。
続編があってもおかしくない展開とも言えます。




私は基本的にボクシング好きのため、興味深く読み進めることが出来ました。
キューバの情景、後楽園ホールの雰囲気、技術論等・・・
氏のボクシングに対する深い愛情が溢れた作品でした。
沢木さんの小説を読んだのはこれが初めて。
以前、朝日に連載されていた『銀の街から』という映画エッセイは読んでいましたが。



なんて知的で美しい文章を描く作家なのだろう と感じていました。
エッセイや小説を多数発表されているようなので、今後いくつか読んでみたいと思います。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/337-f4bbe11a
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。