酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しきアメリカンスナイパー

WOWOWで録画した映画を観ました。





■ アメリカン・スナイパー
監督:クリント・イーストウッド
脚本:ジェイソン・ホール
出演者:ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー 他
公開:2014年アメリカ
上映時間:132分




アメリカ海軍のネイビー・シールズに実在した伝説の狙撃手、
クリス・カイルが著した自伝が原作の戦争映画。



プライベートライアンやローンサバイバーを抜いて、
アメリカ戦争映画史上、最高のヒット作となった作品。



主演のブラッドリー・クーパーの熱演とイーストウッド監督の演出により
緊迫感のある素晴らしい戦争映画となっている。



兎に角、息をのむシーンの連続。
息を止めて観るシーンも多く、手に汗握る場面ばかりで実際の戦場に投げ出された気分。
緊張感が続き、いい意味でとても鑑賞に疲れる映画。



観るに堪えられないような残酷なシーンも多数あり、痛みを感じながらの鑑賞。
アメリカ映画は戦争の悲惨な惨状を物凄いリアリティで表現します。
いつも感心しますが映像や音声、セット等超一流の技術を観ることができますね。



本作品はエンタメとして当然フィクションも交えているそうですが、
基本的に実話であることが何よりも重い。
当然ですがヒーロー礼賛ではなく、反戦映画だと思います。



戦争はどんなものでも、人間の感覚を破壊し、人間を人間で無くする最大の罪。
退役軍人や傷痍軍人の心と身体の傷は、一生癒えることがありません。



予定になかったラストシーンが本当に悲しい。
とても興味深く面白い映画でしたが、無常観が漂う映画鑑賞となりました。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/331-cf3e38bb
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。