酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラグビー日本代表 スコットランドに勝利ならず

ラグビー日本代表のテストマッチをTV観戦。
週末に外出していたため、録画したものを観ました。



■ リポビタンDチャレンジカップ2016 第2戦
日本代表 VS スコットランド代表
2016/6/25(土) 19:20キックオフ
味の素スタジアム(東京都調布市)



試合結果は・・・16-21(前半:13-9)で日本代表は惜しくも勝利ならず。
1週間前、豊田スタジアムでの第1戦(13-26)の敗戦を受けての2戦目。
昨年のWカップでも唯一敗戦を喫した伝統国へのリベンジマッチでもありましたが、
惜敗となりました。



総括は一言で・・・『勝てるゲームを落とした』に尽きます。



ジャパンは、
前半19分、自陣深くから田村、立川の流れるようなパスワークで左サイドへ展開。
その後、逆サイドへ回しNO8のマフィのパワフルラン、フランカー金がうまく繋いで
最後はフォローしたSH茂野がゴール中央へトライ。
ジャパンの長所が全て出た美しいトライでした。
その後も試合は日本ペースで進み、後半9分には田村のPGにより
一時は16-9と7点のリードを奪ったこのゲーム。



劣勢を変えるべくスコットランドが動きます。
その後半9分SHをキャプテンのレイドローに交代します。
ここでゲームの流れが明らかに変わりました。
レイドローは、短いパスを中心に確実にゲームメイク。
試合を落ち着かせる心憎いプレーは流石です。
昨年のWカップも彼一人にやられた印象が強烈に残っています。



結局後半は、レイドローにPGを4本完璧に決められ、ジャパンはノーゴール。
スコットランドは『らしい』手堅い試合運びで、『要領よく狡猾に』勝利しました。
総得点の21点は全てPGで最後まで日本相手にノートライ。
それでも日本相手に割り切った戦い方。



ジャパンはスコットランドが格下としてなめてかかってくる相手ではなくなったのです。
しっかり対策を練られた感じ。
それだけでも大進歩と言えますが・・・・・



これまでとは違い、今回の日本遠征メンバーもほぼフルメンバーといえました。
レイドロー、ホッグ、シーモア、グレイ兄弟等、Wカップ出場者がずらり。
観光目的ではなく、貴重な強化試合、そして2019Wカップ本大会の下見も兼ねて
本気で来日してくれました。



一方のジャパン。
2戦ともよく闘い善戦し、実力が接近したことは事実。
しかし善戦止まりではなく、勝ち切るところまで行くことが近いようで遠いのです。



この試合も、終盤に再三敵陣ゴールライン近くまで深く攻め込みましたが、
最後の局面でミスやターンオーバーを連発しトライゲット出来ず。
DGやPGさえ蹴るチャンスを得られませんでした。
一番苦しい場面で耐えること、ミスをしないこと、仕留め切ること・・・・・
膨大な基礎練習や、確実なスキル、そして多くの修羅場をくぐった経験が必要です。



主審の判定も、ややスコットランド寄りに見えました。
これは若干仕方のない面もありますね。
ラグビーは、紛れもない階級スポーツ。
セットプレーやブレイクダウンの攻防で、どうしても各上のチームが優遇されやすい。



この辺も英語の出来る主将リーチ不在が大きかったかもしれません。
堀江も英会話は相当できるようですが、ネイティブ並みとはいかないでしょう。
ラグビーは特に主審と判定基準についてコミュニケートできる能力は必須です。



体操やシンクロナイズドスイミングなどの採点競技は、
選手や国ごとの格付けに応じて付けられる・・・に似ていますね。
ジャパンも2015年Wカップの一瞬の輝きだけでなく、継続的に強さをみせ、
強豪国だという印象を世界に発信し続けなければなりません。



とはいえ、この日の味スタ。
日本代表戦としては、初の天覧試合でした。
それだけでも大変名誉で画期的なこと。
34,000人を超える観衆が詰めかけ、素晴らしい熱気を感じました。



今回の代表メンバーも事前の負傷で、キャプテンのリーチ、五郎丸、田中といった
主力メンバーが招集外でした。
第1戦で負傷した松島も出場できず。
又、オリンピックのセブンス出場のため、トライゲッターである山田、福岡、藤田らの
若いWTB勢が不在だったことを考えれば、ジャパンの底力はかなり上がっている印象です。



特にSO田村は素晴らしい。
キックの精度では、五郎丸にも引けを取りません。
相変わらずCTBの立川も効いています。
小瀧、金、茂野、松田など新しい血をどんどん代表に取り入れ、
これからのさらなる躍進を期待します。
2019へ向けて GO ジャパン!

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/325-e4b49c91
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。