酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優勝候補スペイン、チェコに辛勝

ユーロ2016をWOWOWでTV観戦。
今大会2試合目の観戦です。
本当は全51試合を観たいところですが、寝不足必至でとても無理。
NBAファイナルも観ているので、社会人には1日1試合がいいところですね。



■ ユーロ2016 フランス大会 グループD
スペイン VS チェコ
2016/6/13 22:00キックオフ(日本時間)
スタジユム・ドゥ・トゥルーズ(フランス・トゥールーズ)



試合結果は・・・1-0(前半:0-0)で前大会覇者のスペインが勝利。
得点者:ピケ



ユーロ3連覇を目指すスペイン。
2014ブラジルWカップGL敗退の屈辱から雪辱を期す大会。
シャビやシャビアロンソ、トーレスらが抜け、モラタ、コケなどの若手を
いかに既存戦力に融合できるかにかかっています。
デルボスケも今大会が最後か?



お馴染みのメンバーにより、前半からスペインが圧倒的に攻め込みます。
いつものパス交換から左右のサイドを使いPA内へ侵入。
モラタを初め何回か決定機を迎えますが、得点できません。
チェコは守護神チェフが流石の働き。



後半も70%を超えるボールポゼッションでスペインが攻めたてますが、
ゴールをこじ開けることが出来ず、時計が進みます。
王者にとっていやな流れ。



チェコはロシツキーを中心に単発のカウンターを仕掛けます。
FWネチドもあまりボールに触れません。
数少ないセットプレーくらいしか得点機がない試合展開。



GL初戦の重苦しい流れでこのまま試合終了かと思われた後半42分。
スペインのCKの流れからPA内に残っていたCB二人の内、
値千金の決勝点はピケのヘッド!
イニエスタのピンポイントクロスにしっかり合せました。



チェコのDFは人数が足りていましたが、最後の最後に寄せきれず。
セルヒオ・ラモス、ピケという決定力を持ったスペインのCB二人の
ゴール前への飛び込みに対応出来ませんでした。



実況アナはスペインらしくない得点と言っていましたが、決してそんなことはありません。
華麗なパス回しからFWが仕留めるイメージから、そうコメントしたのでしょう。
しかし、圧倒的なボールポゼッションでも0-0の試合展開は、
サッカーではよく見かける流れ。
少し前なら、引退した闘将プジョルが停滞を打ち破る決勝ヘッドを見舞う・・・
よく観たシーンです。



レアルやバルサでも重要なゲームほど、セルヒオ・ラモスやピケがヘッドで決勝点を奪う
シーンは、WOWOWやスカパーを観ているサッカーファンなら珍しくはないですよね。



いずれにしても大事な初戦で優勝候補が苦戦の末、勝ち切ることが出来るのは流石です。
どんなに善戦しても最後の土壇場で力を発揮できるか否かが、伝統国とそれ以外を
区分けするボーダーラインなのでしょう。



優勝候補の内、フランスとスペインが辛勝しました。
イングランドは負けに等しいドロー発進。
ドイツは順当勝ち。



私の優勝予想は、ドイツかスペイン。
中でも捲土重来を期すスペインに肩入れしたいです。
ドイツはスーパーチームですが、フィジカルが強く、勝っても何か面白くありません。
その点、小兵も輝くスペインの方がシンパシーを感じる次第。
今回はGKのデヘアや強固な4人のDF陣とアンカーのブスケッツとの
ディフェンスもバランスが良く期待できます。



いずれにしても、レベルの高い好試合を観たいですね。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/321-96fb023a
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。