酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リバプール 4発圧勝! マージーサイドダービー

マージーサイドダービーをスカパーで観戦。


■ イングランドプレミアリーグ第23節
 リバプール VS エバートン
 アンフィールド(雨)
 2014年1月28日(日本時間29日 5:00キックオフ)


4位リバプール(勝ち点43)と6位エバートン(勝ち点42)の宿命の対決、ダービー。
今シーズン両チームとも、ここまで好調な戦いぶり。
今ダービーは、お互いに怪我人が多くベストメンバーを組めず。
システムは、双方共に4-2-3-1。


結果は・・・4-0でホームのリバプールが圧勝!(前半3-0)
得点者:ジェラード、スターリッジ2、スアレス
攻撃陣の揃い踏み。


前半、21分のキャプテン闘将ジェラードのヘッドが大きかった。
スアレスのCKに上手くニアで合わせたヘディングゴール。
ジェラードのヘッドはとても珍しいのではないでしょうか。


雨の中、両チームとも試合開始から激しい前プレ。
さすがダービー。
すごい気迫のプレーの応酬。


先制点後のスアレスへ駆け寄るジェラードの歓喜の表情。
集まるチームメイトも一様にすごい気合の乗りです。
ジェラードはCHでゲームを組立てながら、ゴール前では体を投げ出してシュートブロックも。
士気が自然と高まります。(ジェラード最高!)


2点目の得点は、コウチーニョのスルーパスからスターリッジが落ち着いて決めたもの。
そして前半のうちに決まった3点目でほぼ試合は決した感じ。
セットプレーからスターリッジの技ありゴール。
アンフィールドは正に最高潮の雰囲気。サポーターも押せ押せです。


対するエバートンは、前半25分に退いたルカクの不在が痛かった。
しかも、味方と交錯しての負傷です。
チームも本人もついてない。
(ルカクはドレッドヘアをばっさり切ってしまい、誰かわかりませんでした)
後はWGのミララスが孤軍奮闘。



そして、後半開始早々のスアレスのゴールは圧巻!
これぞFW。相変わらず動きがキレまくり。
相手DFのトラップのミスを抜け目無くかっさらい、その後ドリブル開始。
DF2人が必死に食らい付くが腕を上手く使い振り切り、GKの動きを良く読んでゴールをゲット!!


正に最強FW。
前半から良い動きで、危険な匂いがプンプンしていました。
若いスターリング、コウチーニョ、スターリッジは、明らかにスアレスから学び成長している感じです。



今シーズンのリバプールは久しぶりに期待が持てます。
上位3チーム(シティ、アーセナル、チェルシー)は、手強いが頑張ってほしいものです。


それにしても、いつかはアンフィールドでリバプール戦を観戦したいですね。
あのユルネバの大合唱を体感したら泣いてしまうかも・・・

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/32-4deb6b46
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。