酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CL決勝 レアルが11度目の制覇!

スカパーでサッカーを観戦。
今季のヨーロッパサッカーもこれで最終戦。
日曜日の早朝に早起きしてLIVE観戦しました。



■ UEFA CL 2015-16 ファイナル
レアル・マドリー VS アトレティコ・マドリー
2016/5/29(日) AM3:50キックオフ(日本時間)
ジュゼッペ・メアッツァ(イタリア・ミラノ)



ファイナル独特の試合前のセレモニー。
ビッグイヤーをピッチに運んだのは、ミランのレジェンドであるバレージと
インテルのレジェンド、サネッティ。
サンシーロを本拠とする2チームのカリスマが登場、流石の貫録です。
ただ、今季のCLでイタリア勢はベスト8に一つも残れず何とも寂しい状況でした。




さて肝心の試合ですが、
結果は・・・1-1(前半:1-0)で延長戦へ。
得点者:セルヒオ・ラモス、カラスコ



延長戦は0-0でPK戦へ。
PK戦5-3でレアル・マドリーが激戦を制し、11度目のヨーロッパ王者になりました。



アトレティコは2年前のファイナル敗戦の雪辱を果たせず準優勝。
またしてもCLのマドリードダービーに敗れてしまいました。
しかしリーガのダービーでは1勝1分で勝ち越していましたし、
リーガ最終結果もバルサ、レアルに次いで僅差の3位。
シメオネのアトレティコは今シーズンも素晴らしい闘いを披露してくれました。



アトレティコは伝統のあるビッグクラブですが、バルサやレアル、
バイエルンやユヴェントスのようなメガクラブとはいえません。
よって資金力やブランド力に勝るメガクラブに毎年のように主力選手を奪われます。
しかし監督のシメオネにより闘志のあるブレない闘い方を継続。
ここ数年、コンスタントに好成績をあげています。



UEFAのヨーロッパリーグもセビージャが3連覇を達成。
ベスト4にビジャレアルも残り、スペイン勢の強さが相変わらず目立ちます。



私は、シメオネのアトレティコに心底優勝してほしかった。
ベスト8でバルセロナ、ベスト4でバイエルンと優勝候補を次々と撃破。
ヨーロッパ1の激しい守備と切れ味鋭いカウンター攻撃。
キャプテンのガビをはじめ派手ではないですが、いぶし銀のプレイヤー達による
闘志ある意思統一された闘い方は、本当に清々しく気持ちの良いチームです。



来季も相変わらずバルサやレアル、バイエルンが主役を張るのでしょうが、
アウトサイダーとして潔いプレースタイルを継続してほしいです。



一方のレアル・マドリー。
正直ヨーロッパNO1の称号が似合うチームとは思えません。
2年前のチームの方がアンチェロッティ監督の元、ショートカウンターを武器に、
ソリッドな好チームといえました。
当時ベスト4でバイエルンを粉砕したゲームなどは、素晴らしい切れ味で
サッカーの醍醐味を魅せてくれたものです。



今季のチームはシーズン途中でベニテスを解任。
ジダンが崩壊寸前のチームをカリスマ性でなんとかまとめた印象です。
結果的にCL制覇したことは本当に素晴らしい。
しかし何ともいえない後味の悪さ。



ジダンは決して名将とはいえず、調整役といった段階。
チーム内の序列をはっきりさせ、ロナウドやベイルはじめペレス会長好みの
スーパースターをコンディションに関係なく優遇。
(選手交代にも序列がクッキリ、戦術的交代など皆無)
とりあえずそつなくこなした感じで、行き当たりばったりな采配が多い。
野村監督じゃないですが、名選手名監督にあらずの典型かもしれません。



来季もしジダンがリーガを制覇したり、CLを制覇したらごめんなさいですが・・・
しかし相変わらず個人技重視の好守分断チーム。
確かに世界有数のスーパーアスリート揃い。



しかしチームとしての連携はほとんど見られません。
互いのコンビネーションで敵陣を崩すシーンなどほとんど見られず、
セットプレーか、驚異的な個人技による得点シーンばかり。
みんな、俺が俺がタイプばかりです。
(攻撃陣では、モドリッチやイスコは周囲が見えている様子)



他人のためにスペースを空けるとか献身性という概念は一部の選手を除けば期待薄。
(カゼミーロとルーカス・バスケスぐらいか?)



この結果に喜んでいるのは年末に日本で開催されるクラブWCの関係者と
ミーハーなライト層のサッカーファンくらいか?
レアルとアトレティコでは、チケットの売れ行きに雲泥の差が出ることは必至。
皮肉なシーズン最終戦でした。



*気分を変えて、6月フランス開催のユーロ2016に今から期待しましょう(笑)

スポンサーサイト

-2 Comments

滋賀PENTA says...""
ソリッドであってもアトレチコのサッカーには惹きつけられる何かがあります。(私はバルサファンですが笑)二年前、リーガ最終戦で彼らに優勝をかっさわれた時も不思議と悔しさはなく、むしろ彼らの下剋上を喜ばしく思ったりもしましたし。互いの持ち味とスタイルを出し切った好ゲームだったからなんでしょう。

レアルにはアイデンティティーがない故に、ただゴリゴリ押して奪い勝つ。ピッチ内だけでなくピッチの外からのプレッシャー込みで、なので試合の後味が悪いんじゃないでしょうか?(←余計なひとこと笑)
2016.06.11 22:27 | URL | #- [edit]
小布施PENTA says..."Re: タイトルなし"
滋賀PENTAさん

コメントありがとうございます。
週末にPCを開いておらず、返信が遅くなってしまい申し訳ありません。

いただいたコメント内容は、まさに仰るとおりです。
私もバルサファンですが、シメオネのアトレティコには魂を感じます。
2年前のリーガ制覇時もシメオネ祝福のブログを当時掲載したものです。

又、哲学としてバルサの対極にあるレアルは、
好みではないですが宿敵としての存在価値は強大。
永遠のライバルとして健全なるサッカー界の発展に貢献してほしいです。

*ペンネームからしてPENTAXファンの方でしょうか?
 サッカー好きでバルサファン・・・共通点が多いですね(笑)
2016.06.15 09:06 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/316-deb3c920
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。