酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石川の日本酒『獅子の里』

家飲みで日本酒をいただきました。
3月に社員旅行で購入してきた5本中最後の一本です。



20160519
■ 獅子の里 純米吟醸
原材料:米、米こうじ
精米歩合:60%
アルコール分:16度
蔵元:松浦酒造(石川県加賀市山中温泉)



妻と二人、常温で。
グラスに注ぐと薄濁りでやや色味があります。
香りは強い吟醸香ではなく、日本酒らしい香味。



まずは一口。
甘味があり酸が強めの味わい。
力強い風味でお米の味がしっかり感じられます。
ややクセがあり、個性的。
小布施ワイナリーのSAKE、生原酒にも近い感覚です。
とても丁寧に作られている日本酒ですね。



ラベルのイラスト、2羽のフクロウが何とも愛らしく独特。
WOWOWの銘酒誕生物語でも紹介されていた蔵元。
小さな蔵ですが、情熱的な若い身内杜氏さんが頑張っていらしゃるようです。
いつか石川の山中温泉も訪ねてみたいです。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/314-ac4f3473
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。