酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーナード・リーチ展 in松本

5/14(土)の午後、家族4人で美術館に行ってきました。
場所は、松本市美術館。



20160514 1
■ 生誕130年 バーナード・リーチ展
2016/4/21(木)~6/5(日)
松本市美術館




20160514 2
私は美術が大好き。
特に絵画。
しかし、これまで陶芸には今一つの興味・・・というか難しそう。
と思っていました。



以前、信濃毎日新聞に連載されていた小説『リーチ先生』。
作者は原田マハさん。
長期連載を夢中になって読んで以来、気になっていた陶芸家『バーナード・リーチ』。



新聞広告で開催を知って以来、是非訪問したいと考えていました。
思いもよらず、招待券を2枚頂戴する機会があり、ありがたくいただきました。
本当に感謝致します。



美術展は、
派手ではなく実用的な様式美に溢れた作品の数々。
とても親しみやすいものが多かったです。



形は繊細というよりやや無骨。
色使いも独創的。
図柄に至っては単純明快・・・素人にも非常にわかりやすいです。
ウサギやヤギ、猫、カエルや草花など・・・どれも気取っていないものばかり。




従来から多数ある日本伝統の陶磁器。
それらに比べてとてもわかり易く実用的。
西洋人独特の感覚です。



印象に残ったのは・・・地元『松本民芸家具』 リーチのデザイン監修作品。
入口1発目のラダーバックチェアは、私の勤め先にも何脚かあります。
また、造形の美しい『リーチ型チェア』。
名称は聞いたことがありましたが、バーナード・リーチから取ったとは知りませんでした。
繊細なフォルムや色使いが素晴らしかったです。



妻と娘二人と一緒に行きました。
小学生の娘たちにとっては、リーチ展は地味だった様子。
上階の常設展 『草間彌生 魂のおきどころ』 に大変な興味を持った模様。



松本市出身の世界的前衛美術家。
彼女の作品を観れば、一点の曇りもなく真の天才であることがわかります。



会場では独創的なオブジェやミクストメディアが印象的。
また数々の絵画も題材・構図・色彩・テーマ等が面白不思議で
子供たちの感性を揺さぶったようです。



4人全員一致で最も感動した作品は・・・最後の『魂の灯』。
素晴らしく幻想的で美しい30秒間の作品。
娘たちは感嘆の声を上げていたようです。



20160514 3
ミュージアムショップ外の自販機。
非売品ですが、ファンキーな彌生コーラ缶です。



20160514 4
2年前は修復中だった花のオブジェ。
全体像を観るのは、4年前の『シャガール展』以来です。
相変わらずの迫力、
不思議の国のアリスやスーパーマリオのゲームの世界感。



魂の感性に触れた感覚の美術展でした。
ミュージアムショップは沢山の魅力的な小物が溢れています。
娘たちにも彌生ちゃんグッズを購入。
ショップの滞在時間が少なくて、娘たちも消化不良気味だったので、
近いうちに再訪したいと思います。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/312-de169d1f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。