酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CL シティ VS レアルはドローゲーム

今季のUEFA CLも佳境を迎えベスト4の激突。
いつものようにスカパーでTV観戦しました。



4月に入ってヨーロッパはサマータイムに入りました。
CLの開始時刻もAM4:45からAM3:45に。
早朝に起きる時刻が速くなりきついですが、終了時間がその分早まり、
通勤準備は余裕が出ます。



■ UEFA CL2015-16 準決勝ファーストレグ
マンチェスター・シティ VS レアル・マドリー
2016/4/27(水)AM3:45キックオフ(日本時間)
シティ・オブ・マンチェスター・スタジアム(イングランド・マンチェスター)



試合結果は・・・両者譲らず0-0のドロー。
ホームのシティにとって、アウェイゴールを許さずのドローは許容範囲か?
一方のマドリー。
決して堅守のチームとはいえないため、
アウェイでのスコアレスドローは想定外かもしれません。



選手入場時、シティのホームスタジアムは素晴らしく美しい光景が。
チームカラーの水色と白に彩られ、『CITY』のモザイク。
大量の紙テープも舞い、さながらアルゼンチン代表の試合や
『ボカVSリーベル』を彷彿とさせます。



そのスタジアムの雰囲気に後押しされ、前半はホームのシティが攻勢に出ます。
前線からの素早いチェック、中盤での球際の競り合いにも優位で、
何度かゴールに迫りました。



4-2-3-1の布陣の前4人。
1トップのアグエロにMFシルバ、デブライネ、ナバスが絡み合って攻撃。
トップ下のデブライネがサイドに流れるなど、工夫はしていましたが
中々決定機が作れません。



一方のマドリー。
負傷のため絶対的エースのロナウドがベンチ外に。
代役は、ユース出身の若いルーカス・バスケス。
左サイドを上下に疾走し、走行距離は両チーム断トツの13Kmオーバー。
その献身性で特に相手ボールの守備に貢献しましたが、攻撃時の詰めが今一歩。
若いからこそ走り回れますが、クレバーに動いたかというと疑問符も。



ファーストレグは、激しいながらもお互いに慎重な動き。
中盤の密集での球際の競り合いが多くなり、前線への効果的な配給は少な目でした。
ダブルボランチのフェルナンジーニョとフェルナンドの守備は正にソリッド、鉄壁です。
ヤヤ・トゥーレがいる時とはサッカーの質が変わりますね。
そんな中、前半40分のシルバの負傷退場がシティにとっては痛恨でした。
セカンドレグの出場も危ぶまれるようです。



後半は、マドリーがボールを支配し徐々に優勢に。
クロースのCKから2度の決定機がありましたが、この日GKハートが絶好調。
他のピンチも含めことごとくストップしました。
圧倒的にマドリーが攻めますが、結局は無得点で終戦。



マドリーのチャンスの多くは、CKやFKのセットプレーや個人技に任せた単独プレーばかり。
チームとして連携したり、見事なコンビネーションから得点が生まれるようなシーンは
期待できません。得意の高速ショートカウンターもこの日は不発に。
短時間の出場に終わったイスコ、出番なしのハメス・ロドリゲス。
監督のジダンも苦心しているのでしょうが、チームとしての完成度はイマイチですね。



さて、CLのホーム&アウェイの戦いで、アウェイゴールの価値の高さがいつも注目されます。
実際に魅力や効力もあり、醍醐味も増します。
ドロー狙いで極端に引くアウェイチームが減少していますが、
逆にこの日のシティのように、ホームチームがアウェイゴールの失点を恐れて
委縮したようなサッカーをする場合が散見されます。
元来は攻撃的なチームのはずで、そこが少し残念。



なにはともあれ次週のセカンドレグ。
条件は五分五分。
ベルナベウでの結末はいかに・・・・・。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/309-888e7281
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。