酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英雄パッキャオ ラストマッチ

久しぶりにWOWOWでボクシングを観ました。



■ WBOインターナショナルウェルター級王座決定戦
パッキャオ(フィリピン) VS ブラッドリー(アメリカ)
2016/4/10(日) 11:00試合開始(日本時間)
MGMグランドガーデンアリーナ(アメリカ・ラスベガス)



元6階級制覇のパッキャオ引退試合。
ブラッドリーとは1勝1敗で迎えた3戦目の決着戦でした。
結果は・・・3-0(3者とも116-110)の判定でパッキャオの勝利。
見事に優秀の美を飾りました。



序盤、攻勢に出たのは、ブラッドリー。
手数を出し、スピードに乗った攻撃を仕掛けました。
しかしラウンドが進むにつれ、徐々にブラッドリーの動きにパッキャオが慣れてきます。
7Rと9Rに2回のダウンを奪い、終盤も落ち着いて逃げ切りました。



爆発的な前への突進力や怪物的な連打を見せた訳ではありません。
実際、ブラッドリーのダメージは深くなかったでしょう。
足元も全くふらついていませんでした。



しかし、最終的には大差の判定勝利。
圧勝という形ではないですが、微かな差が積み重なり12Rを終わってみると
明確な大差になりました。



レベルの高い者同士の試合では、ありがちな試合展開。
観客が熱狂するような豪快なダウンの応酬が観られることは、むしろ稀です。
パッキャオは全盛期のような圧倒的な勝利ではないですが、
むしろ円熟味を感じさせる懐の深さと、引き出しの多さを見せつけました。



9Rのアッパー気味のショートフックによるダウン。
両足が揃って体重を乗せられない体勢からでも、ダウンを奪うパンチが撃てる。
流石です。



37歳でもこのような試合が出来る彼の偉大さをあらためて感じました。
1995年にデビュー以来、21年間のプロ生活。
フィリピンの貧困層からアジアの英雄へ。
さらに各階級のスーパースターを下馬評を覆してことごとく撃破。
勝つだけでなく、常に前へ出る好戦的なスタイルで豪快なKO勝利も数多く。



世界主要団体を6階級(飛び級があるので実質は10階級とも)制覇の偉業。
プロ通算で6回の敗戦がありますが、無敗であることが最重要ではありません。
どんな相手とどんな試合内容で闘ったか・・・それこそが人々の記憶に残るのです。
*2012年、マルケスに負けた衝撃の失神KOは忘れられません。



パッキャオは、不世出の天才とは言えないかもしれません。
しかし不世出かつ努力のファイターであり続けました。
アジアの英雄『パックマン』。
そのボクシングスタイルと笑顔は、永遠にボクシング界に語り継がれていくことでしょう。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/307-9e6a4e94
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。