酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CL 同国対決をバルサが制す

いよいよ今季のUEFA CLも佳境を迎えました。
週中の平日にベスト8の激突が4試合。
簡単にレビューを。
全てスカパーで観戦。



注目カードの一つ。
■ UEFA CL 準々決勝 ファーストレグ
バルセロナ VS アトレティコ・マドリー
2015/4/6(水)AM3:45キックオフ(日本時間)
カンプノウ(スペイン・バルセロナ)



結果は・・・2-1でホームのバルサが先勝。
得点者:スアレス×2、F・トーレス



前半、押し気味に試合を進めるのはホームのバルサ。
いつものパス回しから何回もゴールに迫ります。



度々の絶好機を逸失。
週末のクラシコ敗戦をどこか引きずったような戦いぶり。



メッシやネイマールのドリブルが少し長すぎたボールロストや、
パス回しの若干のズレ。
ミスが目立ち、らしくない展開。



前半、そこを上手くトーレスに突かれました。
コケのスルーパスから見事な先制点。
バルサにとってはまさかの失点。
トーレスはバルサとの相性の良さが感じられます。



ただ、その数分後のトーレス退場が悔やまれます。
血の気がはやるのは、分かりますが、
極上の闘いに水を差しました。



後半、スアレスの2得点により、バルサが逆転勝利。
スアレスはさすがの決定力です。
守備に走り、味方のスペース作りに貢献し、素晴らしい黒子兼スターです。



しかしメッシの不調、ネイマールの運のなさが気になります。
勝利はしましたが、アウェイゴールを1点献上しました。
この点数の重みがセカンドレグでどのように影響してくるか見もの。



*一昨年の準決勝の同一カードのように、アウェイゴール差で
 アトレティコが勝ち抜けることが出来るのか?
 優勝候補のバルサがここで散るのか?
 次戦セカンドレグは注目の一戦です。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/305-d2866eea
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。