酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CL バルサがアーセナルを一蹴

本当に久しぶりにサッカーの話題を・・・
スカパーでサッカーをTV観戦しました。



■UEFA CL 決勝トーナメント1回戦 ファーストレグ
アーセナル VS バルセロナ
2016/2/24(水) AM4:45キックオフ(日本時間)
エミレーツスタジアム(イングランド・ロンドン)



得点者:メッシ×2



結果は・・・2-0(前半:0-0)で、アウェイのバルサが無難に勝利。
無失点、かつアウェイゴールを2点取り、次戦が圧倒的有利に。



ホームの大声援を受け、前半序盤はアーセナルが攻勢でした。
前線からの素早いプレッシング、守備意識も高くゲームを支配。
バルサは後方でパスを回すだけで、MFから前に効果的なボールが入りません。
さすがのMSNも孤立気味。



それだけに、前半のチェンバレンのシュートは惜しかった。
バルサ守備陣を上手く崩し、PA内至近距離から絶好のシュート。
やや足元に深くボールが入ってしまい、GKテアシュテーゲンの正面へ。



後半に入り、アーセナルの守備の足がやや止まり、
バルサがカウンターをうまく使いながら攻めに出ます。
アーセナルが段々後手に回ってきました。



71分、ついにスコアが動きます。
アーセナルがゴール前のチャンスを逃した後、バルサのカウンターが発動。
イニエスタがしぶとく前方へパスを出し、ネイマールがキープ。
受けたスアレスが相手DFの股を抜き、ネイマールへリターンパス。
ネイマールがDFを引き付け、メッシへラストパス。



仕上げのメッシも心憎い。
ダイレクトで撃たず、足裏でコントロール。
GKチェフの逆を突き、難なくゴール。
貴重な先制点をバルサがゲットします。



やはり最後は傑出した個人技がものを言います。
83分にはペナルティを受けたメッシが自らPKを決めて2-0でバルサが勝利。
ある意味、必然の勝利。



アーセナルはこの10年、いつもこういった感じ。
巧いしテクニックがある、一流選手も在籍、監督ベンゲルも一流。
しかし何か物足りない。
ポゼッション重視のムービングサッカーで楽しく美しい。



でも、ポゼッションの本家であるバルサやバイエルンの前に立つと
普通のチームに成り下がります。
結局、ポゼッションはアーセナルの哲学ではない。
力のある相手に合わせて自分のスタイルを変えてしまう。



レベルの落ちたイングランドプレミアでは、ポゼッションで優位にゲームを
組み立てられますが、CLはそうではありません。
ヨーロッパが舞台になると勝負弱さが目につきます。
一言で貧弱、ひ弱、逞しさがない。




一方のバルサ。
スアレスやラキティッチの加入で力強さや泥臭さが加わり、
さらに一段上のチームへ変貌しました。
アーセナルもベンゲル体制になって、かなり長期間です。
監督だけが悪いわけではありませんが、新しい指揮官の登場が必要かもしれません。



セカンドステージ、このまま簡単に散るわけにはいきません。
バルサとの至高の戦いを期待します。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/297-30e7d17e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。