酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

澤の花を燗酒でいただく

週末に家飲みで日本酒をいただきました。
妻とお燗で。



20160212
■ 澤の花 花ごころ 本醸造
原材料:米、米麹、醸造アルコール
アルコール分:15度
精米歩合:麹米60%、掛米65%
蔵元:伴野酒造(長野県佐久市野沢)



須坂の新崎酒店で購入。
初めての銘柄。
本醸造で税抜き1,800円と良心的。
金箔ラベルが豪華です。



最初の1杯を冷やで、後は熱燗でいただきました。
妻が一言。
『このお酒、燗にした方が断然おいしいね』



いやー、言いますね。
小布施ワイナリーで日本酒の仕込を手伝っているので、日本酒に詳しくなりました。
『燗映え』するお酒が分かりますか。
大したものです。



冷やでも味わいがあり、でもまろやか、しっかり切れます。
お燗にすると、香りが穏やかに開き、米の味がよく感じられ、辛口感も増します。
満足感のあるお酒。



妻曰く、『次もまた買ってきてね』
よほど気に入ったようです。
小さな蔵のようですが、
『全量地元産米で吟醸造り同様に手間をかけた逸品です。』
との記載がラベルにあります。
プライドを感じる蔵元。



この日のアテは、イカの塩辛、イワシの塩焼き、鶏のから揚げ等を。
寒い冬に燗酒をちびちびやるのが最近特に良いです。
私45歳、妻36歳、年齢とともに滋味深い味わいが分かるようになり、
日本人らしさを感じる近頃です。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/294-d06c768a
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。