酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京観光2015④ (東京競馬場)

11/23(月)、サントリービール工場の見学後、府中の『青葉』でラーメンを昼食に。
新宿の青葉以来、2回目の訪問。
相変わらず、ダブルスープが美味いです。



その後、東京競馬場へ。
25年ほど前、大学生時代に来場して以来です。



20151123 11
西口入口。
車は付近のお寺の駐車場に止められました。
娘二人は入場無料、大人は入場料一人200円。



20151123 12
フジビュースタンド。
改装された壮観な風景がそこに。
緑色の芝が美しく綺麗。
昔の冬枯れの芝とは違いますね。



20151123 13
内馬場、ターフビジョンの裏側。
かわいいイラスト。
子供たちは場内の遊具施設で自由に遊べます。(ターフィーなど)



20151123 14
第8R、初めて観た障害レース。
迫力です。



20151123 15
第9R、ダートレース。



20151123 16
ダービー号。
寒い中、娘たちがかくれんぼで遊びました。



20151123 17
ナンバー35周年&ジャパンカップ35周年の特別企画展。
ナンバーは写真が美しく大好きでした。(特に競馬写真は構図等が芸術的)
近年の商業主義的な偏向企画が好きではないですが・・・



20151123 18
私は1990年の254号『秋競馬総力特集』を持っていました。(上段右から3冊目)
処分してしまったのが残念です。



20151123 19
第11R、メインの第20回 東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ)。
ゴール前の攻防。
武豊騎手が目の前で勝利!



速く美しい、まさに芸術。
妻や娘たちは音の迫力にびっくりしていました。



20151123 20
記念に買ったオグリキャップを持つ長女。



私が大好きだった名馬。
1990年前後の競馬ブームを牽引。
オグリは19、20歳の私を競馬の魅力に引き込んでくれたアイドルホースです。
・ジャパンカップ  ホーリックスとの壮絶な叩き合い(2:22:2 戦慄の世界レコード!)
・有馬記念     奇跡の復活、感動のラストラン  



サラブレッドの芸術的な美しさ、走る姿。
血統の神秘性。
生産者、馬主、調教師、厩務員等の関係者の想いや努力。
騎手の技術。
そしてターフの美しさ。



競馬を取り巻く全てが美しく、儚くて大好きです。
一つの芸術として、これからも競馬ファンでありたいと思います。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/273-5de20a89
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。