酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NZオールブラックス 完璧なる連覇!

少々時間が経ってしまいましたが、先日ラグビーのWカップが終幕しました。
スカパーのTV中継を観戦した感想を以下に。



■ ラグビーWカップ2015 イングランド大会 ファイナル
ニュージーランド VS オーストラリア
2015/11/1(日) AM1:00キックオフ(日本時間)
トゥイッケナム(イングランド・ロンドン)



結果は・・・34-17(前半:16-3)でオールブラックスが優勝!
Wカップ史上、連覇及び3度目の制覇も史上初。
NZが自国開催大会以外での戴冠も初めてのこと。
それも母国イングランドの聖地トゥイッケナムにて。



NZとオーストラリアの決勝での対決は初めて。
世界ランキング1位、2位による今大会6戦全勝同士の対決。
南半球の永遠のライバルの両雄。
共に伝統的にパスを回すオープン攻撃が得意なチーム。
素晴らしい闘いとなりました。



Wカップの決勝戦8回目で最多となる両チーム合計5トライが生まれました。
前半は、予想どおり手堅い展開に。
両SOがPGを確実に決めていきます。



両チームのバックローを中心とする激しいブレイクダウンの攻防。
NZ:マコウ、カイノ、リード   豪:フーパー、ファーディー、ポーコック。
試合後、彼らの傷やアザだらけの顔を見れば一目瞭然。
密集に頭から突っ込み、体や腕をねじ込み、ボールを絡め捕る。
まさに男の戦い、胸が熱くなる感動のゲームでした。



展開としては、NZが終始優位にゲームを進めました。
豪も堅いディフェンスで対抗しますが、全体としてNZの高い総合力が発揮された印象です。
NZが奪ったトライの時間帯が全て効果的。
前半終了間際の見事なパス回しからの1本目、後半開始早々の2本目(ノヌーの独走トライ)。
そして試合終了間際のカウンターによる止めのトライ。



一方のワラビーズ。
後半早々、ノヌーのトライで一時は21-3と引き離され、ワンサイドになりそうな雰囲気に。
しかしNZの一人シンビン時に、モールトライとハイパントを生かしたトライと二つ返し、
21-17と肉薄しました。
流石の底力と意地を感じました。



この試合、豪のスクラムは比較的安定していました。
しかしラインアウトの精度や、大事な場面でのペナルティ、トータルでの攻守の攻防で
NZに分がありました。その差はほんの僅かですが、ラグビーでは大差に繋がります。
しかし、観客を魅了しながらオールブラックスと真っ向勝負できるのは、
ワラビーズだからこそとも言えます。



私がラグビーWカップを初めて観たのが1991年大会。
ワラビーズが初優勝した大会で、とても印象に残っています。
キャプテンのSH:ニックファージョーンズ、エースWTB:キャンピージ・・・すごくカッコよかった。
伝統的にオープンな戦いぶりも含めて、とても好きなチームです。



そして、オールブラックス、貫録の優勝でした。
いつの時代も世界一の称号が似合い、常に目標とされ背中を追われるチーム。
全てにハイレベルのオールラウンダー。
端的に・・・クレバーでしなやかで隙がない。
兎に角、アンストラクチャーな展開にめっぽう強い。



MOMのSO:カーターは、圧巻の出来。
特に後半、21-17に迫られた場面であのDG、素晴らしいです。
敵のチャージが迫る中、あまり余裕のない場面で40mのロングキックのDG。
その後の50m近いPGも秀逸でした。
ザ・司令塔、世界最優秀選手賞は納得の受賞です。




NZはキャプテン:マコウはじめ、カーター、ノヌー、SBW等のスター揃い。
サベア、ミルナースカッダーなどの次世代の若手も充実。
暫くは断トツの1強時代が続きそうな気配です。
オールブラックスは、世界中にラグビーの面白さ・魅力を伝えてくれました。




我がジャパンも大健闘し今大会を盛り上げた主役の一つ。
南アを破った大金星は、大会のハイライト。
今後も成長・躍進を続け、真の強豪国へ進化していくことを願います。
そして、このラグビーという素晴らしいスポーツを日本はじめ世界中の人々に
もっと知ってもらい、発展していくことを期待します。



Wカップ期間中、本当にこの1か月半は、私にとって至福の時間でした。
ありがとうラグビーWカップ! そして万歳\(^o^)/

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/261-632d227c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。