酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/20 本日いよいよ決勝 夏の甲子園

第97回全国高等学校野球選手権大会。
100周年を迎えた夏の甲子園が例年以上に盛り上がっています。



本日8/20(木)、13:00 いよいよ決勝戦が開催されます。
対戦カードは、
■仙台育英高校(宮城県代表) VS 東海大相模高校(神奈川県代表)



開幕前から共に優勝候補に名前が上がっていた実力校同士の対戦。
非常に楽しみなカードです。



相模は優勝候補筆頭。
投打にレベルが高く、トータルで隙がありません。
特に左右のダブルエース、小笠原君、吉田君。
共にストレートが最速150Km超!
高校生で反則、プロじゃないんだから・・・他校の嘆きが聞こえそう。


甲子園昨夏の初戦敗退の口惜しさを糧にして心身共に充実しています。
門馬監督の気合もハンパないです。



一方の仙台育英。
昨秋の明治神宮大会の覇者。
優勝候補で迎えた今春の選抜では、2回戦で優勝した敦賀気比に負け、
やや評価を落としていました。
しかしさすがの実力校。


エースの佐藤君の高速フォークは並の高校生では打てません。
打線も平沢君、郡司君等 強力。
両名とも打率は低いですが、一発があり勝負を決める怖さがあります。
花巻東、秋田商を破った勝ち上がり。
東北勢にとって悲願の初制覇の夢も。
決勝進出は、あの大越投手を擁した1989年以来だそうです。



ベスト4で散った東京勢の2校。
早実の清宮、関東一のオコエと大会前からのスター候補が評判以上の活躍。
決して優勝候補ではありませんでしたが、チーム力も大会を通して成長。
甲子園の大舞台を味方につけた躍進でした。
進級したり、プロへ進んだりと将来の飛躍を期待します。




さて決勝戦。
全国の予選参加校3,900を超える中での最後の2校。
ここまで勝ち残った栄誉。
お互いの強みを出し合い、がっぷり四つの闘いが観たい。
甲子園という素晴らしい舞台で戦える喜びを感じながらの好勝負を期待します。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/241-dc263b01
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。