酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みに映画を満喫!

先日8/9(日)、家族4人で映画を楽しんできました。
午前中は妻に用事があったため、娘二人とエヴァンゲリオン展へ。
お昼に妻と合流し、4人で長野グランドシネマズへ向かいました。



inside out
■ インサイドヘッド
監督・脚本:ピート・ドクター
主題歌:ドリカム
製作会社:ピクサー・アニメーション・スタジオ
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ
上映時間:94分
2015年・アメリカ



夏休み中の日曜日で小中高生やファミリーで混雑していました。
チュロスやポップコーン、ジュース等を購入し、予約した席へ。
娘たちもワクワクした様子。
夏休みの映画館は独特の高揚感があって好きです。
私は『ミッションインポッシブル』を観たかったのですが・・・



物語は・・・
反抗期を迎えた11歳の少女と両親の物語。
監督が実生活で体験した娘との経験をヒントにしたそうです。



とても心温まるストーリーでホロリときます。
ちょうど同世代の娘二人がいるため、完全に物語にシンクロ。
頭の中の5つの感情を擬人化したことがポイント。



主人公の少女の感情は、『ヨロコビ』が他の4つの感情をリードし、懸命に盛り立てます。
『カナシミ』の存在意義が最大の重要ファクター。
よく考えられた脚本です。



家族3人での食事中、両親の会話場面が秀逸。
父の感情のリーダーは『イカリ』、母の感情のリーダーは『カナシミ』と
それぞれ異なっているのも面白いです。



観終わった後、みんなに優しくなれる映画だと思います。
我が家の娘たちの成長と、やがて迎える反抗期や思春期の戸惑いに対する時
の参考となる気がします。



家族が全ての中心。
いつまでも大切にしたい、幸せな人生を送れるようにお互いに頑張っていきたいと
強く想った映画の感想でした。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/240-6bdff40c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。