酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツール・ド・フランス 超人たちの闘い

サイクルスポーツ、自転車競技。



この言葉は、日本では馴染みが薄い印象です。



先日、第102回 ツール・ド・フランスが幕を閉じました。
サイクルスポーツに対する欧米の人気は、日本では想像出来ないほど物凄い熱気。
102回という歴史・伝統が凄い。



今年100周年を迎える高校野球 夏の甲子園。
戦時に何回か開催されていないため、100周年とはいえ、第97回大会です。
日本の国民的文化ともいえる夏の甲子園を上回る歴史。
この比較だけで、如何に伝統と人気があるか分かります。



私は、1990年前後の学生時代にあらゆるスポーツをTV観戦したものです。
当時、NHKでツール・ド・フランスも観ました。
確か、イノーとかレモン、インドゥラインといった選手が活躍していた記憶が・・・
黄色のジャージ マイヨ・ジョーヌがトップ選手だとは理解していました。



2年前の第100回大会から、NHKのBS1放送『まいにち ツール・ド・フランス』
を録画して観戦しています。



真夏の7月、主会場はフランス。
一部周辺国も舞台となりますが、名前の通りほぼフランスを1周するコース。
23日間、2回の休養日を挟んだ全21ステージ。
総距離およそ3,400Km、標高差2,000m以上、平均時速約40Km。



個人タイムトライアル、チームタイムトライアル、平坦ステージ、山岳ステージ等
様々なステージを走破します。



見所は、何といっても山岳ステージ(ピレネー山脈、アルプス山脈)。
永遠と続くヒルクライムの後、時速100Kmを超えるダウンヒル。
クライマー達の超人的パフォーマンスが圧巻です。



その他にも平坦ステージでのスプリンター達の爆発的スピード。
やはりスプリンターは筋骨隆々としていて、体格が違います。



兎に角・・・
持久力、忍耐力、瞬発力、パワー、駆け引き、精神力、チーム力等々。
ありとあらゆる要素が高次元で求められる、世界一過酷と言ってもよいスポーツです。
選手は正に 『スーパーアスリート』。
どんな過酷なトレーニングを積んだか、見当もつきません。



各チームやメーカーの最先端のマシンも必見です。
デザイン、カラー、ロゴ 全てがカッコいい。
私も自転車通勤をしていますが、最新のロードバイクが欲しくなります。



さて、今年の総合優勝は、フルーム選手(スカイ)。
2013年に続いて2回目の制覇。
細い体躯、優しい顔立ち。
外見からは、あの超人的パフォーマンスが想像出来ません。



私のお気に入りは、サガン選手。
4年連続のマイヨ・ヴェール。
残念ながら今年は各ステージ2位が多く、1回もステージ優勝ならずでした。
明るくお茶目、カッコいい選手。
来年のステージ優勝を願います。



日本でのサイクルスポーツのマイナーさが残念です。
無理なく健康的に取り組めるスポーツ。
自転車の素晴らしさが、もっと日本に広まればいいなと思います。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/236-f3763403
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。