酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コパ・アメリカ2015 開催国チリが初優勝!

スカパーでサッカーをTV観戦しました。



先月、ヨーロッパ各国リーグやCLが終わり、今季のサッカーシーズンが終了。
しかし今年は、コパ・アメリカや女子Wカップが開催され、ずっと楽しみが続いています。



■ コパ・アメリカ2015 チリ大会 決勝
チリ代表 VS アルゼンチン代表
2015/7/5(日) AM5:00キックオフ(日本時間)
エスタディオ・ナシオナル(チリ・サンティアゴ)



結果は・・・延長戦も含め0-0。 PK戦4-1で チリが初優勝!
開催国チリと優勝候補のアルゼンチンという最高のカード。
死闘を制し、チリがコパ地元開催で悲願の初優勝を果たしました。



特に前半の45分間は最高に面白い展開。
チリは、いつもの前線から連動した強烈なプレスで圧力をかけます。
アルゼンチンは、それをいなし鋭いカウンターでFWの3人(ディマリア、アグエロ、メッシ)へ。



両チームとも闘志あふれる闘いぶりで、攻守の切り替えが激しく素早い。
しかしトラップやパス、ドリブル、判断にミスが少なく技術が圧倒的に素晴らしい。
レベルが高いっ!
本当に世界最高峰の戦いです。



これを観ると日本代表の寄せの甘さと、圧力が掛かった状態での技術力の差を実感。
『日本のテクニックの高さ』とは、一体何を指していうのでしょうか?
練習中やノープレッシャーの状態で、ボール扱いが上手い事が技術が高いことなのか?
はなはだ疑問で世界のトップレベルは、遥かに遠いと痛感します。



チリは、前監督ビエルサから現監督サンパオリへ高度な素晴らしいサッカーを継承。
2010Wカップ、2014Wカップ、今大会と相変わらずこれぞ『チリ』というサッカーで魅了。
本当に良いチームです。



A・サンチェス、ビダル、バルガス、メデル、ブラボ等の好選手が多数存在。
小柄な選手が多いですが、俊敏かつフィジカルが強く、闘志に溢れています。
PK戦の最終キッカー、サンチェス。
それまで決めた3人は強シュートでしたが、あの場面でまさかのチップキック。
冷静、心憎い。
素晴らしい優勝でした。



一方のアルゼンチン。
確かにスター揃い。
控えのベンチにテベス、イグアイン、ラベッシ、ペレイラ等・・・錚々たるメンバー。



しかし、相変わらずやや攻守分断のサッカー。
3トップ(メッシ、アグエロ、ディマリア)の個人技頼みの感も。
又、前半途中のディマリアの負傷退場が痛かった。
マスチェラーノのスピード、読み、闘争心はさすが 実質のキャプテン。



メッシは徹底マークに苦しみました。
が・・・それ以上にキャプテンとしての適性に疑問符が。
PK戦時、イグアインが外した時の態度が象徴。
最後のキッカー、バネガの時も他のイレブンと肩を組まず、孤立。
バルサでの活躍に比べて祖国アルゼンチン代表での貢献度は・・・?



兎に角、私が応援していたチリが最後に栄冠を勝ち取り、とても満足。
早朝から素晴らしいサッカーを満喫できました。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/230-23ba9fd5
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。