酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銘酒 真澄を旬のタケノコ料理とともに。

週末、家飲みで日本酒をいただきました。
ここのところサッカー観戦が続いていましので、久しぶりにお酒の話題です。



masumi karakuchi kiippon 1
■ 真澄 純米吟醸 辛口生一本
原材料:米、米こうじ
アルコール分:15度
精米歩合:55%
蔵元:宮坂醸造(長野県諏訪市)



妻と二人、常温で。
宮坂醸造さん直営ショップのセラ真澄にて購入したオリジナルのお猪口。
白と群青の色合い、絵柄ともに上品です。
広い飲み口、薄い陶器の唇に触れる感触も心地よい。



この日、知人にいただいた根曲り竹を使った料理とともに。
我が信州の北信地方は、今が根曲がり竹のベストシーズンです。
柔らかくシャキシャキの食感、甘み、えぐ味など独特で正に旬の味。



筍焼き、天ぷらと何でも美味ですが、何と言っても筍汁でしょう。
味噌汁に筍、ジャガイモ、玉ねぎ、を入れそしてポイントは・・・サバ缶の投入!。
サバの水煮缶・・・このコク、臭みがベストマッチ。
サバの代わりに豚ばら肉を入れるアレンジや両方入れることもあります。
それぞれにとても美味しい。



masumi karakuchi kiippon 2
この日は常温でしたが、翌日は冷酒でいただきました。
それぞれ美味しいですが、冷酒の方がキレが増してさらに良い感じ。



程よい吟醸香。
すっきりキレがあり飲み易い。
辛口表記ですが辛みは弱く、むしろほのかな甘みも。
レベルの高いお酒だなーと感じました。



意匠も黒ラベルに金文字。
高級感があってカッコいいです。




masumi miyasaka jozo
先々週末の6/6(土)、諏訪市に行く用事があったので
真澄の蔵元・宮坂醸造さんに行ってきました。



長野県を代表する銘酒である『真澄』。
いつか宮坂醸造さんを訪問したいと思っていましたが遂に実現。
歴史ある7号酵母発祥の酒蔵です。



直営ショップのセラ真澄さんは、高級感溢れる上品なたたずまい。
ハイセンスな商品ディスプレイについあれこれ欲しくなってしまいます。
自分用に4合瓶を2種類2本と塩尻の妻のお父さんに1升瓶を父の日プレゼント用に購入。



他にツアーのお客様も多く、皆さん試飲をしていらっしゃいました。
諏訪の日本酒蔵元巡りツアーだそうです。



ショップを出て国道20号を上諏訪駅方面に進むと、近隣に多くの蔵元が。
『横笛』、『麗人』、『舞姫』。
いずれも飲んだことがないので、今度訪問してみたいです。

スポンサーサイト

-2 Comments

ヨッシィー says..."銘酒 真澄を旬のタケノコ料理とともに"
こんにちは、小布施PENTAさん

旬のタケノコと銘酒で何も言うことはない至福の時間ですね
奥様と晩酌 これが一番です
お猪口もセラ真澄で購入されただけあってお酒にあってますね
これからの季節にぴったりです
2015.06.16 12:43 | URL | #- [edit]
小布施PENTA says..."Re: 銘酒 真澄を旬のタケノコ料理とともに"
ヨッシィーさん コメントありがとうございます。

信州は、梅雨真っ盛りで鬱陶しい日が続いております。
しかし様々な生命にとっては、恵みの雨。
旬の食材を楽しめるのは、雨のおかげでもあります。

真澄は、もう一本純米酒を購入しました。
今週末あたりにいただきたいと思います。
2015.06.18 06:29 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/225-05658ad5
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。