酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CL ポルトがバイエルンに先勝!

先週ですが、スカパーでサッカーをTV観戦しました。


■ UEFA CL 2014-15 準々決勝ファーストレグ
FCポルト VS バイエルン・ミュンヘン
2015/4/16(木) AM3:45キックオフ(日本時間)
エスタディオ・ド・ドラゴン(ポルトガル・ポルト)


結果は・・・3-1(前半:2-1)でホームのポルトが快勝\(◎o◎)/!
得点者:クアレスマ×2、J・マルティネス(ポルト)
    チアゴ・アルカンタラ(バイエルン)


いやーっ、ポルト強い!
ゲームを通して素晴らしいサッカーを展開。
前線からの激しいプレッシングでバイエルンに時間とスペースを与えません。
(特にバイタルエリア付近)


プレスもポイントを押さえ、メリハリをつけていました。
特にボランチのシャビ・アロンソが最終ラインに下りてきた瞬間を狙っていました。
先制点は、J・マルティネスがアロンソにアタックしボールを奪取、
ペナルティ内でノイアーのファウルを誘いPKを獲得。


前半10分までにポルトが2点をリード。
完全に主導権を握りました。
バイエルンはリズムが狂ったままで流れを修正できませんでした。
後ろでパスを回すばかりで、前線に縦パスが入りません。


リベリー、ロッベンが不在で両ワイドからドリブル突破するアクセントがない展開。
又シュバイニー、ハビマル、アラバ等の主力が大量欠場の影響は大きかったですね。
失点シーンは、シャビ・アロンソ、ダンテ、ボアテングそれぞれのミスを突かれました。
あそこまでアグレッシブに守備をしてくることは想定外だったのでしょうか?


ポルトは、明確な目的・意志を持ってミッションを完遂。
素晴らしいチームです。
スペイン人のロペテギ監督の手腕は称賛の域。
U19、U21スペイン代表をヨーロッパ王者にした実績は伊達じゃないですね。


バイエルンがアウェイゴールを1点獲ったことで、セカンドレグが面白くなりました。
優勝候補の本命がここで散ってしまうのか?
今週の闘いがとても楽しみです。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/210-4cbc7607
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。