酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シティ VS リバプール

久しぶりにサッカーの話題です。
スカパーで観戦しました。

■ 2013年12月26日(日本時間27日早朝)
イングランドプレミアリーグ第18節
マンチェスターC VS リバプール
エティハド・スタジアム


プレミア首位攻防戦


12月26日は、英国伝統のボクシング・デー
クリスマス翌日の休日で、サッカーの試合が組まれるのが恒例です。

スタジアムも週中だが、ほぼ満員
相変わらず、イングランドのスタジアムはいい雰囲気です。
ピッチが近く、サポーターの声が太い!


今期、好調なチーム同士の対戦で非常に楽しみでした。
1位リバプールと3位シティとの勝ち点は36と35で、たった1点差
又、前節までのリーグ戦において、総得点1位のシティと2位のリバプールの対戦


結果は・・・・2-1でホームのシティが勝利!
       ゴール:コンパニ、ネグレド(シティ)、コウチーニョ(リバプール)

白熱した素晴らしいゲーム
両チームとも攻撃的でスピードがあり、とても面白い試合でした。



シティは今期から、あのペジェグリーニを監督に招聘
システムは4-2-3-1を中心にパスの繋がる攻撃的なチーム作りをしています。

今節も前線3-1の4人が連動して動き、効果的な攻撃を展開
特にネグレド、シルヴァ、ヘスース・ナバスのスペイン人トリオは素晴らしかった。
DFラインでは、コンパニの復帰が攻守両面で大きい

チームはパワー、スピード、テクニック、チームワーク・・・全て備えている。
強いです。
CLでバイエルンを破っただけはありますね。
2月のCL1回戦、対バルサ。シティが勝つかもしれません。



一方のリバプール
今期、久しぶりにリーグ戦のスタートダッシュに成功。
監督はロジャース、システムは4-3-3

このチームは何といっても、スアレス!
ストライカーとして最近特に覚醒している感じ。
本日も絶好調で体も相当切れていた。課題は精神面。
イライラして大きなペナルティを食わないようにしたい。

チームの象徴であり、私の大好きなジェラードが怪我で不在だったのは、残念でした。

試合は、大変レベルも高く面白いものでした。
今シーズンのプレミアは、今後もかなり混戦となりそうですね。
(いったい、ユナイテッドは、どうなってしまうのか)

迫力とスピード感のあるサッカーの母国イングランドのフットボールを、
これからも楽しんでいきたいです。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/21-92ff6276
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。