酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第87回アカデミー賞授賞式のエンターテイメント

WOWOWで録画し、映画の第87回アカデミー賞の授賞式を観ました。
日本時間の2/23(月)にハリウッドのドルビー・シアターで開催。
華やかな最高のエンターテイメントでした。


今回の司会は、ニール・パトリック・ハリス。
冒頭から歌とダンスとマジックで魅了!
一気に画面に引き込まれます。


途中CM明けでの白ブリーフ一丁のパフォーマンスに観客は大爆笑。
『バードマン』と、『ゴーンガール』のシーンのパロディだったようです。
司会者はジョークのセンスが重要ですが、受賞者・観客みんなが楽しんでいます。


さて、賞レースですが戦前の予想では『6才のボクが、大人になるまで。』と『バードマン』の
一騎打ちとみられていました。(日テレのZIP!の予想による)


結果は・・・主要部門含む4冠を獲った『バードマン』の圧勝となりました。
マイケル・キートン主演のハリウッドを題材とした映画。
とても面白そうです。


受賞者では、やはり主演男優賞・主演女優賞を受賞した二人が印象に残りました。


主演男優賞は、本命のマイケル・キートンを抑え、エディ・レッドメインが受賞。
難病のホーキング博士を熱演。
受賞した瞬間ののけぞった姿や奥さんとのキス、そして壇上に上がった時の感情表現は、
本当に感激していて、若さと勢いを感じました。
私は、『レ・ミゼラブル』で彼を知ったのですが、若く実力あるニュースター誕生となりましたね。


主演女優賞は、大本命のジュリアン・ムーアが遂に初受賞!
5回目のノミネートでの悲願達成とのこと。
こちらの受賞シーンは、落ち着いた静かな感動が。
やっと獲れたという安堵や喜びが上品に素直に表されていました。
ご主人とのキスや受賞スピーチなど本当に感激していることが、画面から伝わって来ます。


ショーパフォーマンスでは、『セルマ』の主題歌『Glory』の熱唱が心に残りました。
故キング牧師らのセルマでの行進から今年で50年だそうです。
現代でも人種間や、民族・宗教・思想の違いによる差別や争いが世界中で繰り広げられています。
それらに対する強烈なメッセージが伝わりました。



授賞式全体としては、去年や一昨年の方が楽しめた印象ですが、良い授賞式でした。
映画の力を改めて感じます。
今回で特に気になったのは、『アメリカン・スナイパー』と『6才のボクが、大人になるまで。』。
これからも益々良い映画を観ていきたい想いで一杯です。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/192-56a2b423
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。