酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

本日、下記書籍を読了しました。


店長のためのやさしい〈ドラッカー講座〉―もし、ドラッカーがあなたの会社の社長になったら (East Press Business)店長のためのやさしい〈ドラッカー講座〉―もし、ドラッカーがあなたの会社の社長になったら (East Press Business)
(2011/05/21)
結城 義晴

商品詳細を見る


会社の上司に勧められて購入。
所謂ドラッカー理論を紹介した経営書ですが、とても解りやすい。
難しいドラッカーの言い回しを平易な言葉で解りやすく解説。


エンドユーザーを顧客とする小売業を対象としたビジネス書。
現在私の業務は総務で店長職ではないですが、我社の小売部門には特に参考になります。
私も新卒後7年間、販売小売業に携わったことがあるので、理解しやすい内容でした。


著者の結城義晴さんは、株式会社商業界の編集長や社長を歴任された方。
当社は商業界様に大変お世話になっております。


私が特に参考になった点は、第1章にある『企業の目的は顧客の創造にある』という
ドラッカーのもっとも有名なフレーズです。


私はドラッカーの著書を他に1冊所持しているのですが、読了しておりません。
言い回しが難しく理解に時間がかかり、なかなかページが進まず積読になっています。
その書籍にもこのフレーズは出てきます。


そしてこの『顧客の創造』のための具体的な方策の中で、
・地域にとけこむお店の強さ
・お店に来ない客こそ未来のお得意様
の2点が特に私の胸に落ちました。


これらが店長の最大任務である『マーケティング』と『イノベーション』の実践に関わってきます。
普段の私の業務は、製造や販売の現場を後方支援する総務。
ですが裏方だからこそ貢献できる役割があるはず。
現場の仕事や社員の立場を具体的に理解・想像し日々の仕事に取り組みたいものです。
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/182-40276ced
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。