酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍵泥棒のメソッド コメディの傑作

WOWOWで映画を観ました。

■ 鍵泥棒のメソッド

監督:内田けんじ
脚本:内田けんじ
出演:堺雅人、香川照之、広末涼子、荒川良々、森口瑤子 他
上映時間:128分
2012年公開

鍵泥棒のメソッド [DVD]鍵泥棒のメソッド [DVD]
(2013/05/10)
堺雅人、香川照之 他

商品詳細を見る



*私的採点:88点


貧乏役者とリッチな殺し屋が、ある事がきっかけで立場が入れ替わる。
その後の、お互いの入れ替わった立場を描いたコメディ。
そこに、生真面目な雑誌編集長が結婚相手として関係してくるストーリー。


こういう映画、とても好きです。
率直に言って、非常に面白い。
ストーリーがわかりやすく、エンディングもすっきり。

脚本がすごく良い。(日本アカデミー賞 最優秀脚本賞受賞)
伏線が数多く張られていて、後半の面白さに繋がっていく。
荒唐無稽なストーリーを面白く展開していき、最後はしっかり着地させている。
全体が明るい空気感。好きですね。



香川照之さん。
個人的に、今、日本で一番の名優だと思う。
演技の幅がとてつもなく広い。
今回、記憶喪失時のダサい青年役と、記憶が戻った後のコンドウ役。
明らかにオーラが違う。本当にすばらしい。


堺雅人さん。
相変わらず、安心して観られる俳優さん。
後半、香川さんとの殺人の練習シーンのからみが秀逸。


広末涼子さん。
元々好きな女優さんですが、年々よい雰囲気を醸し出しています。
今回の雑誌編集長役・・・はまり役ですね。
ボロアパートで香川さんと食事をしている場面。
香川さんの生真面目さに触れ、思わず逆プロポーズするシーン。
このシーンのやり取り、すごく良いです。


荒川良々さん。
どんなものに出演しても独特の存在感を発揮。
今回のヤクザ役  荒川さんが演じることによって、
緊迫感とゆるんだ感じがよいバランスでした。
この人なら絶対、人を殺さない と安心して鑑賞できました。
コメディとして成功した要素だと思います。


観終わった後に清涼感が残る映画です。
自信を持っておススメできます。
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/18-0c493484
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。