酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本山雅FC 有終の美を飾り感動のグリーンシャワー

先日、家族4人でサッカー松本山雅の今季最終戦を観に行きました。
最終節、3連休の中日、天気も良く入場前のアルウィン周辺は過去最高の人出。


■ 2014 サッカーJ2 第42節
松本山雅FC VS 水戸ホーリーホック
アルウィン(長野県松本市)
2014年11/23(日) 14:03キックオフ


結果は・・・3-0(前半:1-0)で山雅の快勝!
見事、最終節を有終の美で飾りました。
得点者:大久保、山本、飯田。


いつも以上に圧倒的なホームの大声援にサポートされ、山雅の選手が躍動。
ただ前半は、水戸 吉田選手のクロスバー直撃のミドルシュートが決まって
先制されていたら、試合はどうなっていたかわからないぐらい均衡していました。


しかし前半39分、大久保選手のバイシュクルシュートにより山雅が先制してからは、
ゲームをコントロールし、後半も2点を追加し何とか勝利できました。 



yamaga 20141123 1
ホームゴール裏 壮観です。


yamaga 20141123 2
アウェイゴール裏 最上部までギッシリ。


yamaga 20141123 3
前半39分、岩上選手のFK。
この後、大久保選手のバイシュクルが炸裂! 
まれにみるビューティフルゴールでした。


yamaga 20141123 4
この日の入場者数18,496人 アルウィン最高記録更新。
スタンドは最上部までギッシリで立ち見の方もいたように見えます。


yamaga 20141123 5
試合後のJ1昇格セレモニー。
感動のグリーンシャワー 美しい画です。



さて今季を振り返ると、
3月開幕戦のアウェイ ヴェルディ戦の勝利をTV観戦してから今シーズンがスタート。
エース船山選手のハットトリックで3-1の快勝でした。
相手のほぼ2倍 8,000人の山雅サポーターは圧巻でした。


5月ホームの磐田戦の2-1の勝利。
FW塩沢選手のアキレス腱断裂という大事故がありましたが、
総力戦で勝てたことが大きかった。
試合後、選手がピッチに倒れこんでいたのが印象的。


9月の5戦未勝利の時期が一番苦しい時でしたが、サポーターのブーイングもなく
10月から見事に復調し昇格まで突っ走りました。
選手の一途さ・懸命さがサポーターに伝わりブーイングが起きなかったのでしょう。
この辺は、日本いや松本の良いところです。
欧米のまねをした親指を下に向けるブーイングは、そもそも日本文化に似合いません。



今季全42節で勝ち点83。(ほぼ試合数×2の勝ち点数)
反町監督の仰る通り、優勝してもおかしくない勝ち点。


失点が減少しゲームの最終盤まで落ちない走力、粘り強い精神力を武器に闘いました。
J2フェアプレー賞1位を獲得したクリーンなスタイル。
そしてJ屈指の圧倒的なサポーターの支え、アルウィンの雰囲気。
チームの総合力が発揮され素晴らしいシーズンとなりました。


引退する選手や移籍する選手など、これまで山雅を支えてきてくれた選手たちとの
悲しい別れはありますが、これから新シーズンを見据えたチーム編成が進みます。
この試合もGK野沢選手の好守がありMOM。
玉林選手、塩沢選手、飯尾和也選手が交代出場し、
試合後の場内1周では退団するサビア選手への大声援も心に残りました。



いよいよ来季は夢のJ1が舞台となります。
『市民クラブ 松本山雅FC』 の良さをいつまでも失わず挑戦してほしい。


そして私が大好きだった故 松田直樹選手の熱い魂も一緒にJ1へ。
松田が中村俊輔選手に残した 『J1でお前ら(マリノス)とやるんだぜ』 言葉。
今から横浜マリノス戦が楽しみです。


我々サポーターもチームと共に進歩し邁進してきたいものです。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/161-dd536b99
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。