酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボルドー 赤 2008

昨日、12月20日(金)、久しぶりにワインをいただきました。


red wine


■ デディカス・ド・ファビアン・プロース 2008
  AOC ボルドー
  メルロー、カベルネソーヴィニヨンのブレンド
  アルコール分:13度

  トマトソースパスタ、キッシュ、テリーヌ、ゴルゴンゾーラ・クラッカーと共に。


きれいなボルドーカラー。
フルボディに近い味わい、熟した風味。
なめらかでこくがあり、酸味も程好い。

赤ワインは、こういうしっかりしたものが好み。

トマトソースパスタやゴルゴンゾーラとよく合います。
ワインと料理が相乗効果で、共により美味しく感じられますね。



もともと、ワインはあまり好きではありませんでした。
おいしく飲むようになったきっかけは、2004年に新婚旅行でイタリアに行ってからです。

現地では、ワインばかり飲みました。
本場のイタリア料理とイタリアワインは、本当に良い相性でした。
なんていうか、お互いを引き立てあう感じというのか・・・

お酒は料理に合わすものだな・・・と本当に感じました。
特に、ベネチアのシーフードと白ワイン、
フィレンツェの肉料理と赤ワインが印象に残っています。


以来、月に1~2回、ワインをいただきます。
小布施には、いいワイナリーとお店もありますので、恵まれていますね。

ワインは奥が深くて、まだまだ初心者ですが、少しずつ勉強していこうと思います。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/15-6287a24e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。