酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターナー展 東京都美術館

今日は、いつもと話題を変えてアートです。


皆さんは、美術・芸術お好きですか?

私は小学校の頃から図工や美術の授業が大好きでした。
彫刻や粘土、工作も好きでしたが、一番好きなのは、やっぱり絵画です。
油絵、水彩画、デッサン等・・・すべていいですね。


ということで、たまに美術展に行きます。
少し前ですが、11月に東京に行く機会があり、上野の美術館に行ってきました。


■ ターナー展
会期:2013年10月8日~12月18日
会場:東京都美術館
主催:東京都美術館、テート美術館、朝日新聞社、TBS


zuroku
公式図録とチケット



昨日が東京開催の最終日だったのですね。
鑑賞に行かれた方も多いのではないでしょうか?
すばらしい美術展でした。

*2014年1月11日から4月6日まで、神戸市立博物館で開催される予定です。



さて、私が訪問したのは連休最終日の祝日だったので、館内は非常に混雑していました。
みなさん、熱心に鑑賞されていましたね。

ターナー・・・英国を代表する画家。
       風景画、特に海や船を描いたものが印象的。
       とにかく誰が観ても上手いと感じさせる画家。
       私は柔らかな光の表現と構図が好きです。
       又、暗い色調の絵もどこか引き付けられるものがあります。

zuroku2
公式図録より


私が今回1番印象に残ったのは、NO114『平和-水葬』
図録では右ページに掲載。

黒い船、ともし火の炎。そのコントラストが印象的。
夜景の空と海の描写、何ともいえない表現力です。
やはりターナーは、海と船ですね。


映画『007 スカイフォール』でも、物語序盤、ボンドとQの出会いのシーンで
ターナーの船の絵が象徴的に使われています。



美術展に行ったら、公式図録を買い、後日家でも楽しむようにしています。
新たな発見があり、ゆったりした時間を過ごせるからです。

先日7歳の長女と図録をめくっていたら、『写真みたいにきれい』と言っていました。
うれしいですね。娘達も絵が本当に好きのようで、毎日、何かを描いています。
ターナーは、ちょっと子供向きではなかったかもしれません。でも娘二人と鑑賞しました。
瑞々しい感性をいつまでも忘れないでほしいものです。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/14-bd7329d9
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。