酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錦織選手 全米オープンテニス制覇ならず!

WOWOWのTV中継でテニスを観ました。


■ 全米オープンテニス 2014
男子Sファイナル  錦織圭 VS M・チリッチ(クロアチア)
アーサー・アッシュスタジアム(ニューヨーク)
2014年9/8(月)17:09 試合開始。(現地時間)     日本時間:9/9(火)AM6:09


結果は・・・0-3(3-6、3-6、3-6)で錦織選手のストレート負け。
チリッチは、GS初制覇!


錦織は、緊張感からかさすがに動きが硬く、ミスも多い印象。
しかし、それ以上にチリッチが絶好調。
解説者も、こんなに調子の良いチリッチを観るのは初めてだと解説していました。


身長198cmから繰り出す、最速216Kmのビッグサーブを武器にエースを連発。
錦織得意のストローク戦でもチリッチ優勢の場面が多かった。
ミスも少なく自由自在のプレー。
準々決勝から決勝まで3戦連続ストレート勝ち。
準決勝でフェデラーにも初勝利し、大会期間中に覚醒したかのようでした。



日本人初のGSシングルスのファイナル進出ということで、日本でも注目の1戦でした。
普段、テニスに関心のない層まで巻き込んでのフィーバー。
特にTVの独占放映権を持つWOWOWへの加入申し込みが殺到し、回線もパンク状態とか。


NHKが急遽、録画放映権を購入し9/9の午後に放送しましたが、あとの祭り。
負け試合を録画放送しても視聴率は振るわなかったと思われます。
サッカーワールドカップなど、一部の優良コンテンツに傾注し過ぎたツケですね。


この20年ほどスポーツ中継に力を入れ、GSも常にLIVE中継してきたWOWOWの戦略勝ちです。
サッカー、野球、テニス、ボクシング、ラグビー等のコアファン向けには、
民放地上波ではなく、スカパーやWOWOW等の有料放送が益々主流になっていくでしょう。
民放はスポンサーの関係からか、専門外のアイドルや過剰な演出、うるさい多人数の解説者等
スポーツ中継には適さない要素ばかり。
(アメリカのスポーツ中継は、専門チャンネルやペイパービューが中心)



それにしても錦織選手の健闘は、あっぱれでした。
決勝は残念でしたが、技術・メンタル・体力が格段に成長進化したことは明白。
チリッチには今年2戦2勝で、自分よりシードやランキングも下位で勝ちを意識したのか。
会見でも『フェデラーの方が戦い易かったかもしれない』と正直に話していました。


やはりメンタルは重要ですね。
フェデラーならジョコビッチ戦同様、負けて元々。
いつものようにチャレンジャーに徹した戦い方ができたかもしれません。
しかし、それも含めて全てが経験です。
『日本人男子がGSで決勝を戦う』という未踏の領域に踏み込んだのです。
今後もマイケル・チャンコーチ指導の下、より成長して活躍することを期待します。



*大学時代、サークルでテニスを少しかじりました。ウィルソンのラケットを使用。
 久しぶりにテニスをやりたくなりました。(ミーハーですね)
*チリッチ選手の応援で、サッカークロアチア代表のユニを着た人々が画面に映されましたね。
 シュケルに似た人がいたと思うのですが・・・本人でしょうか?
 (1998年フランスワールドカップの得点王)

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/132-ce195ad5
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。