酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー日本代表監督 アギーレ就任に思うこと

およそ1カ月ぶりのサッカーの話題です。
ワールドカップブラジル大会も終わり、
今月はヨーロッパ主要リーグの新シーズンが続々と開幕しています。
新戦力や新チームが、どんな戦いを見せてくれるか楽しみですね。



さて、私はワールドカップ終了後、下記サッカー誌のレビューを読みました。
しっかりレビューすることによって、専門家の意見を聞き、自分の考えを整理する必要があるからです。


Number PLUS(ナンバープラス)98号 ブラジルW杯総集編 永久保存版Number PLUS(ナンバープラス)98号 ブラジルW杯総集編 永久保存版
(2014/07/24)
不明

商品詳細を見る


■ 1990年(大学1年時、読み始め)以来、私にとって定番のナンバー。
相変わらず写真が美しい。
躍動感溢れる写真がナンバー最大の長所と言える。
今号は、P98の奥田英郎氏のエッセイが秀逸。


ただ、内容は年々劣化しているように感じる。
簡単にいうと完全な商業主義!
ワールドカップ期間中、日本代表が敗退するまで表紙は4誌連続全て本田。


本田を表紙にすれば、にわかファンにも売れるのは、わかります。
ただ、代表は本田だけのチームではない。
ザッケーローニ監督や長谷部、チーム全体など表紙にすべき材料はいくらでもあったはず。
こういう報道姿勢が変わらない限り、今後の日本代表のためにはならない。
お願いしますよ、文藝春秋さん。




週刊サッカーダイジェスト増刊 2014FIFAワールドカップブラジルブラジルW杯大会総集編 2014年 8/20号 [雑誌]週刊サッカーダイジェスト増刊 2014FIFAワールドカップブラジルブラジルW杯大会総集編 2014年 8/20号 [雑誌]
(2014/07/16)
不明

商品詳細を見る


■ WSDの増刊号。
WSDは、年に数回買います。海外の現地記者の記事が多いのが魅力。


実は、私が勤務している会社内に、以前WSD編集部で編集をしていた社員(T君)がいます。
彼は、小学校からサッカー一筋。WSDは、大学時代のアルバイトから卒業後そのまま社員へ。
趣味をそのまま職業にしていたサッカーマニア。
私の周囲では、そのT君とアンテのにしちゃんが、同じレベルでサッカー談義のできる双璧です。



今増刊号ですが、写真の色合いが悪く細切れ写真も多いため、
ナンバーに比べてデザインセンスが悪い。
ただ記事内容は、ナンバーを凌駕する。


各64試合の詳細なレビューは秀逸。
ブラジルのスタジアム品評会や記者による滞在記など、独自記事が面白い。
日本代表の総括が少ないのは気になりますが・・・
私がベストマッチに挙げた試合が、各国の記者にも評価されていて満足。
(ブラジルVSメキシコ、ドイツVSガーナ、ドイツVSアルジェリア、ベルギーVSアメリカ・・・等)




さて、先日8/11に日本代表の次期監督にメキシコ人のハビエル・アギーレ氏が就任しました。
各種メディアの就任会見の報道や、Jリーグの視察の様子を見る限り、
とても期待できる監督に見えます。
就任会見での発言を是非、有言実行してもらいたい。


以下、要旨。


・キーワードは、『コミット』。
・よく走り、よいサッカーをし、勝利する・・・これが目指すサッカーである。
・A代表だけでなく、オリンピック代表やユース世代の育成にも関わりたい。
・将来性ある選手を選びたい。代表選手として国を背負う覚悟のある選手を選びたい。
・国内、海外すべての選手に代表の扉は開かれている。
・競争を重視する。一度選ばれたからといって、次回以降も長く選ばれるとは限らない。
・よく走れて、攻撃も守備も両方できる選手を選ぶ。
・GKも含めて11人全員で攻撃し、守備をするサッカーをしたい。
・守備をしっかり組織し、試合展開や状況に応じたサッカーをする。
・システムは4-3-3を基本とし、試合展開に応じて5-2-3や3-4-3など
臨機応変に対応できるチームにしたい。
・親善試合より公式戦を重視した選手選考・起用をしたい。
・代表の呼称は『何々ジャパン』ではなく『サムライブルー』が気に入っている。



発言内容にまったく異論はありません。
全て実行できたら、素晴らしい代表チームが出来るでしょう。
ただ、日本代表は、監督やコーチ、スタッフ、選手の努力だけで強くなるのではない。



就任会見でアギーレ監督の両隣に座っていた人物二人。
JFAの大仁会長と原専務理事。
物凄い違和感。ザッケローニと一緒に退陣すべき最重要人物と考えます。
幹部が変わらず、電通やスポンサー優先の興行運営はそのまま。
(早速、年内に6試合も国内での親善試合が予定されている・・・電通、キリン様様ですか?)
真剣にブラジル大会の反省・総括をした形跡がないのですが・・・
ファンの目を新体制に向けたいのですね。
レベルの低い報道しかできないマスコミも成長しないと、ファンも成長できません。



常に、是々非々で代表の試合、強化、選手選考、運営について
健全な議論をしていくことが最も重要なことだと思います。
アギーレ監督の手腕に期待しながら・・・・・
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/124-0f3076ff
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。