酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STAND BY ME ドラえもん 3DCG  泣けました

少し前になりますが、8/10(日)、家族4人で映画を観てきました。



doraemon1

観たのはこれです。
■ STAND BY ME ドラえもん  3DCG
  長野グランドシネマズにて


夏休み中の日曜日ということもあって、館内は大混雑。
チケット売り場も長蛇の列。
チケットをネット予約していたので入場はスムーズでしたが、
上映開始に少し遅れてしまいました。
娘たちも3Dメガネをかけての映画鑑賞は初めてです。



泣く子も黙る日本発の世界的アニメ、ドラえもん。
今回は春休みに公開される普通のアニメ映画ではなく、3DCGによる長編映画。
朝日新聞のカラー広告やTVCMを見て、私が観に行きたいと提案しました。


『すべての、子ども経験者のみなさんへ。』
『いっしょに、ドラ泣きしません?』
とても良いコピーですね。やられました。



原作:藤子・F・不二雄
生誕80周年記念、2014年8月8日公開
監督:八木竜一、山崎貴
脚本:山崎貴
音楽:佐藤直紀
主題歌:秦基博『ひまわりの約束』



かみさんと二人で何回も感動して泣きました。(私は3回?)
とても良いストーリー。
ドラえもん過去の代表的なエピソードが万遍なくちりばめられています。
私は『暗記パン』が印象的で記憶に残っています。



小学生時代、リアルタイムでドラえもんを観ていました。
コロコロコミック、単行本、アニメ、映画。
特に映画『のび太の恐竜』、『のび太の宇宙開拓史』が大好きでした。
ドラえもんの映画は壮大なストーリーで、いつもワクワクドキドキしながら
鑑賞した記憶があります。



今回は、あの山崎貴監督の脚本・監督作品。(松本市出身)
3DCGによる映像は、期待以上の迫力とリアリティがありました。
特に序盤の『竹コプター』のシーンは秀逸。
いつものドラえもんが、全く違った印象の画になっていました。



何をやってもダメなのび太君。
竹コプターののび太君を土手から見上げ、ドラえもんが回想しながら涙する場面。
思わずもらい泣き。



その後、ドラえもんが未来へ帰るとわかって頼らずに一人で頑張ります。
布団で寝ているのび太君を見守りながら、次のシーンでドラえもんがフッといなくなり、
未来へ帰るシーン。名場面です。



全体を通して大人も子供も楽しめる良い映画でした。
ポップコーンやジュースを楽しみながら、大画面・大音響で映画を観賞する・・・
醍醐味ですね。

5歳の次女に感想を聞いたところ、『少し泣いちゃった』と言いましたが、
8歳の長女は『全然泣かなかった』と強がっていました。
(3Dメガネを取って涙を拭き、鼻水垂らして号泣していたくせに・・・)




doraemon2

5歳の次女。
次は何を観ようかな。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/122-1db639bb
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。