酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Casa BRUTUS 井上雄彦とガウディ巡礼

今回は、お気に入りの雑誌を紹介します。
以前 『pen』 について書きましたが、今回はこれです。


Casa BRUTUS(カーサ・ブルータス)2014年8月号[雑誌]Casa BRUTUS(カーサ・ブルータス)2014年8月号[雑誌]
(2014/07/10)
マガジンハウス

商品詳細を見る


■ Casa BRUTUS


メジャーな雑誌ですよね。
『Casa』・・・スペイン語で 『家、住宅』という意味だそうです。


その名の通り、建築やデザイン、アートを中心とした特集が組まれます。
気になる特集を立ち読みしたり、たまに購入したりしています。


私の父は設備業を営み、弟と妹は大学の建築学科を卒業後、
設計・デザイン関係の職に就いています。
私が建築好きになったのは、上記の環境からでしょう。
特に弟は、建築について熱く語ることも多く、影響は大きかったと思います。



さて、Casa 最新号の特集は・・・『完全保存版  井上雄彦とガウディ巡礼』。
朝日新聞に広告が掲載されたのを見て、即 購入決定。
金の型押しCasaロゴ、表紙も気合が入っています。



井上雄彦氏。
言わずと知れた現代の日本を代表する超人気漫画家。
『スラムダンク』『リアル』『バガボンド』の代表作だけでなく、
屏風絵 等 漫画家の枠を超えた創作活動をされている。
何といっても、圧倒的な画力がすごい。
観る者に訴えかける筆力。


井上さんは
今年の4月に、バルセロナのアパート(サグラダ・ファミリア 生誕の門 正面)に1ヶ月居住。
同時にカサ・ミラ内にアトリエを1ヶ月構えて、創作活動を行ったとのこと。
バルセロナの街とガウディの作品群と向き合い、
身体の中に入れていく様子が特集されています。
P28の試し描きが印象的。



ガウディ。
私が恋い焦がれる大建築家。
カサ・ミラが特に好き。(カサ=Casa=家)


死ぬまでにいつか訪れたいスペイン。
その理由は、ガウディとFCバルセロナにあり。
スペインには魅力的な街が数多くあれど、訪問するならバルセロナに
最低1週間は滞在したい。


・カンプノウでバルサ VS マドリーのエルクラシコを生観戦したい。
・カンプノウ内オフィシャルショップでバルサグッズを購入。
・ガウディ作品群を堪能したい。
 『サグラダ・ファミリア、カサ・ミラ、カサ・バトリョ、カサ・ビセンス、グエル公園、
  グエル邸、コロニア・グエル教会、モンセラ、レイアル広場の街灯 ・・・等』
 すべて観尽せるだろうか?
・美術館訪問三昧を。
 『カタルーニャ美術館、MACBA、ピカソ美術館、ミロ美術館、ダリ美術館 ・・・等』
 至高の芸術作品群を愉しみたい。
・スペイン料理を堪能する。
・バルにて赤ワイン、ヘレス、カバ、ビールを味わい尽くす・・・・等々。



今月号Casaの特集は、ガウディ好き、建築好き、アート好きな私にとって至福の号でした。
永久保存決定です。

2013-2014年は、『日本スペイン交流400周年』を記念して様々なイベントが開催中。
井上氏とガウディのコラボ企画も7/12より六本木アーツセンターギャラリーにて
始まった模様。
展示会にできれば行ってみたいものです。
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sportmania44.blog.fc2.com/tb.php/117-04ef41e1
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。