酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘の友達とハロウィンパーティー

週末、我が家ではハロウィンパーティーを開催しました。
長女の同級生がお泊りで遊びに来てくれたのです。



娘たちは可愛い魔女のコスプレ。
数日前から楽しみにしていて、部屋の中もハロウィンの飾りつけを頑張りました。
折り紙で作ったカボチャにコウモリ、お化けが特に力作。
女の子らしいアイデアでした。



20161028 1
妻が頑張ったハロウィン料理。
目玉のニョッキやカボチャの餃子。
大人はワインで乾杯。



■ シャトー・ラフォレ2014 AOCボルドー
アルコール分:13%
メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン



久しぶりのボルドー。
そんなに重くなくタンニンも軽め。
まろやかでバランスよくすいすい飲めます。



20161028 2
妻お手製のカボチャスープ。



20161028 3
ローストビーフとかぼちゃサラダ。
どちらも美味なり。



娘たちもお友達と楽しくおしゃべり。
いつも遊びに来てくれているので、私の父母とも顔なじみです。
友達が一人いるだけで、普段よりさらに食卓が明るく華やかになります。
お互いにちょっと緊張しますが、それも良い経験。



子供たちだけでお風呂に入って、ビデオを観た後に同じベッドで楽しく就寝。
私と妻はその後、焼酎をいただきました。
私だけ別部屋で寝ましたが、女同士でたのしかったようです。
Aちゃん、これからも末永く娘をよろしくお願い致します。

スポンサーサイト

日曜日に家族で海釣りへ

10/23(日)、家族5人で海釣りへ行ってきました。
4月以来、半年ぶり。
場所はいつもの上越へ。



20161023 1
夷浜の第一堤防での父。
この日、周囲もあまり釣れていませんでした。



20161023 2
AM4:00過ぎに小布施を出発し、ホシノ釣具店とコンビニで買い出し。
直江津港へ5:50頃に到着しましたが、皆さんアジが来ていないと言っていました。
曇り気味で良い条件でしたが、この日はハズレか?
その後、第一堤防へ移動したのです。



途中、何回か雨が降りましたが12:00まで粘ってみました。
本命のアジは中アジどころか豆アジさえ1匹も釣れませんでした。




20161023 3
父と私二人の釣果。
妻と二人の娘は車で本を読んだり絵を描いたりして過ごしました。
雨が良くなかったですね。



それでも何回か様子を見に来て、一緒に釣りましたが娘たちはボウズに。
でも次女はめげずにクラゲを獲ろうとしたり、コマセを撒いたり、
サヨリの針を外そうとしたりと楽しんでくれました。



救いは初めて釣ったカワハギ。
中々の引きでした。



20161023 5
夕食は日本酒とともに。
先日、諏訪のセラ・真澄で購入したひやおろしを冷酒にて。



20161023 6
■ 真澄 山廃純米吟醸 ひやおろし
原材料:米、米こうじ
精米歩合:55%
アルコール分:15度
蔵元:宮坂醸造(長野県諏訪市)



マグナムボトルを購入。
冷酒ですがお米の香りがしっかりします。
まろやかですが濃い目の味わい。
甘味よりやや酸味が主張。



アテも味のしっかりしたものが合いそうです。
じっくり時間をかけて愉しむお酒ですね。



20161023 4
サヨリやメジナはから揚げに。



20161023 7
初めてのカワハギ。
しっかり絞めなかったので、自信がなかったため刺身ではなく塩焼きに。
味にコクがあり美味でした。
肝醤油で刺身を食べたら最高でしょうね。
今度は居酒屋でプロの料理を食べてみたいです。

白熱のイングランドダービーはスコアレスドロー

スカパーのTV中継でサッカーを観戦。



■ 2016-17 イングランドPL 第8節
リバプール VS マンチェスター・ユナイテッド
2016/10/18(火) AM4:00キックオフ(日本時間)
アンフィールド(イングランド・リバプール)



現地月曜日の夜に行われた伝統のイングランドダービーです。
火曜水曜とCLが行われる今週、月曜日に対戦するビッグマッチ。
再建途中の両チーム現在の立ち位置を象徴しています。



結果は0-0のスコアレスドロー。
これでリーグ戦順位は、リバプール4位・ユナイテッド7位と戦前と変わらず。
守ったユナイテッドが狙いどおり勝ち点1をゲットした印象。
9月のマンチェスターダービーでシティに完敗して以来、停滞気味のユナイテッド。



得意のフィジカルを生かした専守防衛は今季のお手の物。
とはいえ前半30分ぐらいまでは、守備ブロックを敷きながらも
攻撃陣を中心に激しくボールにアプローチ。
お互いにチェックが厳しく落ち着きのないガチャガチャしたサッカーに。
双方とも中々シュートまで持ち込めません。
支配率でも互角に近い展開でした。



しかし、クロップに鍛えられたリバプールが徐々に優勢に。
負傷者の影響で布陣を変更したこともあり、前半のリバプールは公式戦5連勝中の
勢いをあまり感じることが出来ませんでした。
後半スターリッジとの交代でララーナを投入し、コウチーニョとフィルミーノを1列ずつ前へ。
ここからボールの流れがスムーズになり、ホームの声援も受けリバプールが攻勢に出ます。



しかしこの日はユナイテッドのGKデ・ヘアが立ちはだかりました。
PA内ジャンのブラインドのシュートをセーブし、
コウチーニョの巻いたミドルシュートも横っ飛びでセーブします。
どちらかが決まっていれば勝利できただけにデ・ヘアの反応は流石と言えます。
緊迫したビッグマッチ、しかもこの日はシュート数や枠内シュート自体が少なかったため、
改めて超一流のGKの存在の重要性を感じました。



ホームのリバプールにとってこのドローは残念な結果には違いないですが、
後半のような戦い方ができれば今後もプレミアを席巻できそうです。
今季はCLやELがなく、リーグ戦に集中できることも有利ですね。



一方のユナイテッド。
ポグバをトップ下に配置しヤングを先発で使い、
ラシュフォードやバレンシアによるクロス中心の攻撃。
守備位置を下げ、ロングボールを蹴り、CFのイブラヒモビッチに何とかしてもらうサッカー。



攻守分断というか、徹底した個人主義というか、フィジカルモンスターというか・・・
ソリッドとも機能美ともほど遠いスタイル。
勝利という結果がついてくれば良いですが、ユナイテッドのサポーターは我慢できるのか?



なんとなく昨年以来、モウリーニョの旬は過ぎ去ってしまったのか?・・・・・
と感じるのは私だけでしょうか。

北信越高校野球が長野県で開催!

週末、諏訪へ高校野球を観に行って来ました。
秋晴れの諏訪湖スタジアムへ私を送ってもらい、妻と娘たちは岡谷のショッピングモールへ。




20161016 5
■第135回北信越地区高校野球大会 平成28年度秋季大会。
来春の選抜甲子園出場をかけた北信越大会が5年ぶりに長野県で開催されています。
地元長野県からは4校、福井、石川、富山、新潟からは各3校が出場し、
全16校による争いです。



普段見られない他県の伝統校や強豪校を間近で観るチャンス。
この日はベスト8の2試合を観戦しました。



20161016 1
2016/10/16(日) 第1試合
■高岡商業(富山1位) VS 福井商業(福井1位)
私のお目当てのカード。
甲子園に行かなければなかなか観られない対戦です。



20161016 2
試合は5-0で高岡商業の完勝。
エースピッチャーが素晴らしく、福商は完封されました。
甲子園でも上に行けそうな雰囲気。
1回戦で飯山高校がこの高商に0-1と大健闘したことは素晴らしいです。



20161016 3
■第2試合
小諸商業(長野3位) VS 日本航空石川(石川1位)



2-4で小諸商業の惜敗。
石川大会1位に対して小商は健闘しましたが惜しくも敗れました。
完敗といった内容ではないだけに悔いが残る試合。



航空石川は盗塁や送りバントを絡め(しかも初球や早いカウントで)、2度のスクイズで逆転。
スリーバントスクイズもあり、完全に小商は裏を突かれました。
まさに試合巧者。
圧倒的な戦力とは言えませんが、格下相手に先手を打ち、自分達のペースにしました。



小諸のエース高橋君は頑張りましたが、2巡目・3巡目で対応してきた航空石川が流石。
しかし小商は小柄ながら体格の良い選手が多く、鍛えられているのがよく分かりました。
監督の言うように弱者の野球に徹し切れず、相手に自分達のやりたいことをやられてしまった印象。
ですが長野県公立の星として来夏も期待しています。



20161016 4
この日、他会場では長商も日本文理に惜敗した模様。
これで長野県勢はベスト8までに全校が敗退し選抜出場がなくなりました。



近年の北信越勢は福井を中心にレベルが上がっています。
我が県勢も負けじと頑張ってほしいものです。
*特に松商学園には強豪として復活してほしいです。
 あの伝統のユニフォームは私たち世代の憧れでしたから・・・・・

マイ・インターン 爽やかな良作映画

WOWOWで録画した映画を鑑賞しました。





■ マイ・インターン
監督、脚本:ナンシー・マイヤーズ
出演:ロバート・デ・ニーロ、アン・ハサウェイ 他
2015年アメリカ
時間:121分



昨年の公開時から話題になっていた今作。
数年前に『プラダを着た悪魔』も観て、とても好きな映画。
その続編ともいえるような作品でずっと観たいと思っていましたが、期待通りの良作でした。



明るく前向きで爽やか。
老若男女みんなが安心して楽しめる映画だと思います。



主演二人の演技・魅力に尽きます。
役柄設定に、はまり役。



ロバート・デ・ニーロ。
渋い魅力全開。
これまでの強面の役柄とは異なり、若者に理解あるシニア・インターンを好演。
銃を撃たず闘争もなく、『FUCK YOU』も言わない。



『タクシー・ドライバー』や『ゴッド・ファーザー』などのイメージとは一変。
新境地ですね。
デ・ニーロが演じるからこそ、ベンに魅力や説得力があるのです。
悪のイメージがある彼だから、あの抑えた演技がより効果的になります。



清潔で上品な身だしなみのベン。
髭をそり整髪し、オーセンティックなスーツをピシッと着る。
ハンカチや鞄、靴等の小物に気を抜かない。
そして伝統的で高品質なものを末永く使い続ける。



まさに現代の大量消費社会へのアンチテーゼです。
修理したり、磨いたり、味を出して自分のものにする。 
ファストファッションに代表される安価なものを安易に購入し、飽きれば捨てる・・・
という概念とは正反対です。



私も一時期、某○ニクロの商品一辺倒で安易に購入し、リサイクルしていました。
ですがここ数年は反省して、多少高価でも長く使用できる良いものを購入するように
原点回帰しています。




又、ベンは多弁でない代わりに、表情や仕草で相手に意志を表示します。
若者の多いネットファッション業界で素直に教えを乞い、時にはさりげなく人生経験を
生かした誠実な対応で人望を集めます。
彼の言動には多くの人生における教訓が示されていて、本当に参考になりました。
これからの自分の生活に反映させたいと思います。



アン・ハサウェイ。
可愛く美しく大好きな女優さん。
アイドル期を超えて演技力も抜群。
本当にチャーミングです。



演じたのは新興ネットファッション会社の若き創業社長。
仕事に家庭に教育に すべてに全力投球。
生真面目に頑張っていますが、大きな問題を抱えていきます。



その過程で初めは少し疎ましく思っていたベンを信頼するようになります。
誠実で控えめな紳士と若きキャリアウーマン。
二人が距離を縮めるキッカケのFB開設を手伝うシーンがイイ。



アン・ハサウェイは泣くシーンが上手ですね。
感情のほとばしりを表現するのが上手い役者さん。



彼女のファッションを観るだけでも楽しいです。



映画に登場してくる人物は皆善人。
悪人がいません。
そこがきれいすぎて予定調和すぎるかもしれません。
最後の夫婦仲の修復もあっさりしすぎ。
でもそれでいいんです。



どろどろしなくて青春映画のような潔さ。
深く考えずにあっさり楽しめます。



映画のオープニングとエンディングの太極拳のシーン。
話中の寿司のデリバリーやベンとジュールズの『サヨナラ』の台詞。
ところどころに東洋の要素が散りばめられ、ストーリーに深みを増しています。




今年観た中でも最上級に位置するハートフル映画。
幸せな気分で寝付きたい方に特におススメ致します。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。