酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今シーズン初の松本山雅観戦2016

9/25(日)、松本市のアルウィンへ今シーズン初の松本山雅戦を観に行ってきました。
前日はクラフトビールフェスタに行き、塩尻市の妻の実家に宿泊。



9/25当日は、いつものように私だけ席取りのため朝からアルウィンの待機列へ。
塩尻駅からの無料シャトルバスで一人アルウィンへ向かいました。
妻と娘たちとは会場で合流します。



20160925 1
■ 2016 J2 第33節
松本山雅FC VS 清水エスパルス
2016/9/25(日) 14:04キックオフ
アルウィン(松本市)



20160925 2
当日は久しぶりの青空で暑い一日でした。
G1の一般待機列へAM9:15から並びました。
いつもように約5時間待ちです。
その間は日陰で新シーズンのナンバー欧州蹴球年鑑を熟読。
途中、周囲の山雅サポーターとも挨拶を交わします。



20160925 3
残り10節。
ここまで2位の山雅 対 4位の清水。
昨年はJ1で戦った両チーム。
昇格を狙うライバル同士の直接対決で双方とも負けられない一戦でした。



20160925 4
アウェイ清水の素晴らしいサポーター。
さすがサッカーの街、清水。
Jリーグのオリジナル10の一つでしたが、初めて降格しJ2で奮闘しています。
Jでオレンジの清水とアルウィンで戦える日常に隔世の感を覚えます。



20160925 5
私たちの席は北側B席の前から4列目。
迫力を体感できるよい席でした。



20160925 6
前半先制点の工藤選手とアシストの山本選手。
セットプレーからデザインされた素晴らしいゴールでした。
会場の雰囲気も一変。
会場が揺れるような久しぶりの興奮を味わいました。



20160925 7
今季最多の17,880人の入場者数。
天王山に晴天の日曜午後と好条件が良かったですね。
ホームの圧倒的な雰囲気でした。



20160925 8
終了間際、熱心に応援する次女。



20160925 9
1-0で見事勝利。
健闘を称えあう両チーム。
娘達も久しぶりの勝利を味わえて満足気。
昨年は観戦した5試合全敗でしたからね・・・
今回は勝利の街とアルプス一万尺を堪能することができました。



20160925 10
決勝点の工藤選手。
小柄ですが相変わらず巧いです。
彼のようにボールをキープ出来る選手があと3人は欲しいですね。



なにはともあれ、2位を堅持し33試合で勝ち点64。
反町さんがよく言っている試合数×2倍の勝ち点・・・すなわち42節で84ポイントが目標。
残り9節で悪くても5勝1分3敗の16ポイント積み上げることが出来れば、
勝ち点80でほぼ自動昇格の2位に入れるはずです。
これから痺れるような闘いの連続ですが、一丸となってJ1復帰を目指してもらいたいですね。

スポンサーサイト

クラフトビール フェスティバル in 松本2016

9/24(土)、この日は娘たちの小学校の授業参観日でした。
休みだった私は1時間目と4時間目の授業を参観。
長女と次女の国語や社会、算数の授業を参観し、新鮮な気持ちになりました。



娘たちや仕事の妻の帰宅を待って、夕方16:00頃、松本へ向かって小布施を出発しました。



20160924 1
17:15頃、松本に到着。
家族4人で向かったのはこのイベント。
クラフトビール フェスティバル in 松本。
信濃毎日新聞の記事を読んで初参加しました。



20160924 2
会場は国宝 松本城。
久しぶりの訪問。
私は小学生や20歳代の頃、合計8年ほど松本に住んでいました。
とても好きな街です。



20160924 3
3回目の開催、ビアフェス信州。
この時期の開催ということは、本場ドイツのオクトーバーフェストを参考に
しているのは、間違いないでしょう。



20160924 5
入口ブースにて松本の味噌が紹介されていました。



20160924 4
各種味噌と一緒にもろきゅうを食す長女。
きゅうりと味噌は鉄板ですね。



20160924 6
暮れなずむ松本城が美しい。
本当に久しぶり。
二人の娘は初めてです。



20160924 7
入口でオリジナルグラス付属ビール5杯の引換券付チケットを購入。
最初の1杯は、スワンレイクビール(新潟県河賀野市)のIPA。
フルーティーな香り、強い苦みが最高です。



20160924 8
国内外多くの参加ブルワリー。
クラフトビール好きには、たまりません。



20160924 9
イイ雰囲気の会場。
曇りでしたが気持ちいい気候でした。



20160924 10
盛り上がって皆さん楽しそう。
外国人も多かったです。
さすが松本、松本城を観ながら飲むビールは至福のひととき。



20160924 11
妻の知り合いからサービスでいただいた馬刺し。
たれが美味でした。



20160924 12
松本名物の山賊焼。
他に凌駕のラーメン。
娘たちはジュース、妻は運転のためお茶で我慢(感謝です)。



20160924 13
今回の目玉、松本ブルワリー。
今年開業した地元のブルワリー、期待の星です。
会場で林さんに御挨拶できました。
おめでとうございます。



20160924 14
松本ブルワリーのペールエール。
味・香りともミディアムで飲み易いバランス。
ロゴマークもセンス良し。



20160924 15
3杯目は、飛騨高山麦酒のポーター。
麦芽の甘い香ばしさとまろやかな味わい。
ポーターはポイントになるビールですね。



20160924 16
4杯目は諏訪浪漫麦酒のアルト。
美しい琥珀色。
バランスよく飲み易い。クラフトビールが苦手な人でもいけるかも。



20160924 17
最後の1杯は、伊勢角谷麦酒(三重県)のペールエール。
華やかな香り、強めの苦みが一番好みかも。
とても美味しいビールでした。



19:00で閉場。
名残惜しかったですが、会場を後にして妻の実家塩尻市へ。
飲めなかった妻のため、コンビニでビールを買い出して伺いました。
20:00頃から妻のお兄さんも交え乾杯。
遅くの到着ですみませんでした。



初参加の今回はやや時間が足りなかったので、来年は昼間の速い時間帯から
ビアフェスに参加したいと思います。
麦酒好きにはたまらないイベント。
早くも来年の開催が待ち遠しいです。

MI5 ローグ・ネイション 最高のアクション映画

WOWOWで録画していた映画を観ました。
大ヒットアクション映画。





■ ミッション・インポッシブル ローグ・ネイション
監督・脚本:クリストファー・マッカリー
出演:トム・クルーズ、レベッカ・ファーガソン、サイモン・ペッグ、
    ジェレミー・レナー、ヴィング・レイムス、アレック・ボールドウィン 他
製作:2015年 アメリカ・中国
上映時間:132分



MIシリーズの第5弾。
期待・評判に違わぬ大ヒットアクション映画。
単純に面白かったです。



昨年、劇場公開時にぜひ観に行きたかった作品でしたが、タイミングが合わず。
今回のTV鑑賞となりました。
こういう作品こそ、劇場の大きなスクリーンや音響で観るべきでしょう。



妻と娘二人と一緒に鑑賞。
娘たちは初めてのMIシリーズでスパイ映画も初めて。
トム・クルーズの絶対絶命のピンチの連続に小1の次女は、『怖い怖い』を連発。
『主役は絶対死なないから大丈夫だよ』と言い聞かせながら観ました。



ヒロインのレベッカ・ファーガソンとのラブシーンもなく(キスシーンも無)、
敵を殺すシーンも、血しぶきなど残虐な描写がほとんどなく、子供と一緒に観ても
安心な作品でした。
小4と小1の娘たちには少しストーリーが難しかったようですが、
それを余りあるアクションシーンでカバー。



最後にはヒーローが勝つという、水戸黄門的な大団円ですが、
それこそがエンターテインメントのアクション映画に求められる要素。
結末が分かっていても、伏線や演出の見せ方、ストーリー展開、派手なアクションシーン等で
楽しませてくれます。



それにしても現在54歳のトム・クルーズ。
撮影時は52歳くらいでしょうか。
1996年のMI1から約20年、主役のイーサン・ハントを演じ続けています。
流石にアップの表情には、しわが目立ち、ふけた印象はぬぐえません。
が、ほとんどスタントマンを使わず演じたという驚愕のアクションの連続。
見事というほかなく、大アッパレです。



ハリウッドらしい真のスター俳優として、これからも私達を楽しませてほしいものです。
次回MI6にも期待しています。

OBUSE HERO 競歩の荒井選手

今夏はリオオリンピックに熱狂し、現在はパラリンピックが開催中です。



オリンピックの大会終盤、陸上の競歩男子50Kmで荒井選手が銅メダルを獲得しました。
この荒井選手、実は我が町 小布施町の出身なのです。
競技当日は町の北斎ホールにてパブリックビューイングも実施され、大いに盛り上がりました。



50Km競歩という過酷な競技で見事に銅メダルを獲得。
終盤の競り合いを制した戦いぶりもみごとでした。
そして世間一般的には、レース後の失格騒動からのメダル獲得が印象的だったと思います。
競歩は地味な競技ですが、話題性は十分でした。



レース後や閉会式でのカナダ選手との友好的な交流は、真のオリンピック精神の体現。
なにより荒井選手本人の爽やかさ、誠実な人柄、人懐っこさ、腰の低さが好印象。
一気にファンが増えたことでしょう。



9/11(日)の午後、地元の小布施にて凱旋パレードが行われ沿道には12,000人の観客が
集まったそうです。小布施の町民人口11,000人を超える勢いですね。
その後、初の町民栄誉賞の授与式と祝勝会が開催されたようです。



午前中、小布施町内の主要自治会を荒井選手、お父様、コーチが回ってくれました。
私の六川地区公会堂にも来訪。
母と娘たちと行ってきました。
ずうずうしくも握手してもらい、銅メダルを触らせていただきました。
想像以上にずっしりと重いメダルでした。



arai 1
その時の笑顔。
みんなに笑顔を振りまき、腰の低い好青年でした。
思った以上に細い体型。
皆さん、おめでとうの写真を沢山撮っていました。



arai 3
配布されたうちわ。



arai 4




arai 2
信濃毎日新聞の9/14(水)の記事。
出身校である栗ガ丘小学校と小布施中学校を9/13に訪問した時の記事。
小学校で娘たちも全員メダルを触らせていただいたそうです。



気さくな人柄で子供たちと交流。
大偉業にも偉ぶらず大したものです。
28歳と年下ですが、さすが一流選手は違いますね。



今回はとても大切なものを荒井選手から沢山学んだ気がします。
本当におめでとうございます。
そして心から感動をありがとう。

注目のマンチェスターダービーはペップが勝利!

久しぶりにスカパーでサッカーをTV観戦しました。



■ 2016-17 イングランド プレミアリーグ第4節
マンチェスターユナイテッド VS マンチェスターシティ
2016/9/10(土) 20:30キックオフ(日本時間)
オールドトラフォード(イングランド・マンチェスター)



結果は・・・1-2(前半:1-2)でアウェイのシティが勝利。
得点者:イブラヒモビッチ     デブライネ、イヘアナチョ



世界中のサッカーファンが注目したマンチェスターダービー。
今シーズンの公式戦全勝同士の対決でしたが、因縁の初戦はペップのシティが見事な勝利。
モウリーニョのユナイテッドに力の差を見せつけました。



昨シーズンのCLベスト4のシティ。
近年は中東マネーにより金満クラブへ変身。
歴史あるチームがメガクラブへの道を突き進んでいる途中です。
世界中からビッグネームを集め個人の力は突出したものがあります。



そこへ今季はグアルディオラを招聘。
世界最先端の戦術を駆使する名将の元、どんなサッカーを展開するのか
最注目のチームではあります。



かつて率いたバルサやバイエルンのように、シティが圧倒的にポゼッションを高めて
ゲームを支配します。アウェイでも相手に合わせた引いたサッカーをすることは
哲学にないのでしょう。
特に前半の40分までは完全なシティペース。
全てにユナイテッドを凌駕し2-0とリードします。



先取点は左SBのコラロフから一気に前線へロングフィード。
イヘアナチョがヘッドでフリックしデブライネが抜け出します。
デブライネのファーストタッチと最後の冷静なシュートは見事。
確実にゴールを射抜きました。



2点目もデブライネのシュートがポストに当たった跳ね返りを
イヘアナチョがつめた得点。
細かくパスを繋ぐだけでなくロングパスやサイドチェンジ、マイナスのクロス等
攻撃の幅が広いですね。



印象的なのが、得点後や勝利後の選手たちの歓喜の輪。
多重の輪になって味方の得点を祝うシーンはチームワークの良さを感じます。
ペップ就任後まだ日が浅く、連携不足や粗削りなシーンが少し見えますが、
熟成が進んだらどんなチームになるのか楽しみ。



ペップがビッグクラブでなく、中堅や弱小クラブを率いたらどんなチームを作るのか?
興味がありますね。



一方のユナイテッド。
心配というか深刻な出来。
相変わらず個人技中心のサッカー。
今季からモウリーニョが指揮を執っていますが、フィジカル中心のスタイルが増幅された印象。



イブラヒモビッチ、ポグバなどの超ビッグネームを次々と獲得。
しかし一時期の読売ジャイアンツやNYヤンキースのようにスーパースターや
4番打者ばかりを集めたチームが強いかといえば愚問。
チーム力というのは、役割分担や自己犠牲や献身性の上に成り立つものです。
テニスやボクシング・陸上のような個人スポーツと異なり、エゴの塊はチーム力を
落とす元となります。



ユナイテッドのあんなロングパス主体の中盤省略サッカーにポグバは必要なのでしょうか?
費用対効果の面からも甚だ疑問です。
そもそもイブラ、ポグバはユナイテッドに馴染む選手なのか?
私個人の直感として、あの伝統の赤いユニフォームやチームのイメージに
合わないのではないかと感じています。



又、指揮官モウリーニョ。
この人もイメージ的に赤が似合いません。
情熱の赤、闘将の赤ですがモウのイメージは青、青き炎です。
(パッションではなく冷静で冷酷・冷徹なリアリスト)
ポルトの青、チェルシーの青、インテルの青、レアルマドリーの紫・・・
実際これまで率いたチームのカラーはブルー系が多いです。



チェルシーに招聘されたコンテの方が赤が似合いそう。
もしくはペップなら低迷した名門ユナイテッドをどのように立て直すのか、興味深いです。
ファーガソンが勇退した以降のユナイテッドの迷走・低迷が続きそうで残念です。




私が一番好きなイングランドのプレミアリーグ。
最近はリーガエスパニョーラに差を付けられていますが、今季は面白い。
モウリーニョ、クロップ、に加え
今季からグアルディオラ、コンテが新たにプレミア参戦。



レスターの岡崎やサウサンプトンの吉田などの日本選手がどのように立ち向かうのか?
素晴らしいスタジアム、サッカー母国の熱狂的なサポーター、
スピードのある激しいフィジカルコンタクトや泥臭く熱い選手の闘い方。
上記に世界の名将たちがどんな彩りを添えてくれるのか?
ワクワクする1年が始まりました。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。