酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラグビー日本代表 スコットランドに勝利ならず

ラグビー日本代表のテストマッチをTV観戦。
週末に外出していたため、録画したものを観ました。



■ リポビタンDチャレンジカップ2016 第2戦
日本代表 VS スコットランド代表
2016/6/25(土) 19:20キックオフ
味の素スタジアム(東京都調布市)



試合結果は・・・16-21(前半:13-9)で日本代表は惜しくも勝利ならず。
1週間前、豊田スタジアムでの第1戦(13-26)の敗戦を受けての2戦目。
昨年のWカップでも唯一敗戦を喫した伝統国へのリベンジマッチでもありましたが、
惜敗となりました。



総括は一言で・・・『勝てるゲームを落とした』に尽きます。



ジャパンは、
前半19分、自陣深くから田村、立川の流れるようなパスワークで左サイドへ展開。
その後、逆サイドへ回しNO8のマフィのパワフルラン、フランカー金がうまく繋いで
最後はフォローしたSH茂野がゴール中央へトライ。
ジャパンの長所が全て出た美しいトライでした。
その後も試合は日本ペースで進み、後半9分には田村のPGにより
一時は16-9と7点のリードを奪ったこのゲーム。



劣勢を変えるべくスコットランドが動きます。
その後半9分SHをキャプテンのレイドローに交代します。
ここでゲームの流れが明らかに変わりました。
レイドローは、短いパスを中心に確実にゲームメイク。
試合を落ち着かせる心憎いプレーは流石です。
昨年のWカップも彼一人にやられた印象が強烈に残っています。



結局後半は、レイドローにPGを4本完璧に決められ、ジャパンはノーゴール。
スコットランドは『らしい』手堅い試合運びで、『要領よく狡猾に』勝利しました。
総得点の21点は全てPGで最後まで日本相手にノートライ。
それでも日本相手に割り切った戦い方。



ジャパンはスコットランドが格下としてなめてかかってくる相手ではなくなったのです。
しっかり対策を練られた感じ。
それだけでも大進歩と言えますが・・・・・



これまでとは違い、今回の日本遠征メンバーもほぼフルメンバーといえました。
レイドロー、ホッグ、シーモア、グレイ兄弟等、Wカップ出場者がずらり。
観光目的ではなく、貴重な強化試合、そして2019Wカップ本大会の下見も兼ねて
本気で来日してくれました。



一方のジャパン。
2戦ともよく闘い善戦し、実力が接近したことは事実。
しかし善戦止まりではなく、勝ち切るところまで行くことが近いようで遠いのです。



この試合も、終盤に再三敵陣ゴールライン近くまで深く攻め込みましたが、
最後の局面でミスやターンオーバーを連発しトライゲット出来ず。
DGやPGさえ蹴るチャンスを得られませんでした。
一番苦しい場面で耐えること、ミスをしないこと、仕留め切ること・・・・・
膨大な基礎練習や、確実なスキル、そして多くの修羅場をくぐった経験が必要です。



主審の判定も、ややスコットランド寄りに見えました。
これは若干仕方のない面もありますね。
ラグビーは、紛れもない階級スポーツ。
セットプレーやブレイクダウンの攻防で、どうしても各上のチームが優遇されやすい。



この辺も英語の出来る主将リーチ不在が大きかったかもしれません。
堀江も英会話は相当できるようですが、ネイティブ並みとはいかないでしょう。
ラグビーは特に主審と判定基準についてコミュニケートできる能力は必須です。



体操やシンクロナイズドスイミングなどの採点競技は、
選手や国ごとの格付けに応じて付けられる・・・に似ていますね。
ジャパンも2015年Wカップの一瞬の輝きだけでなく、継続的に強さをみせ、
強豪国だという印象を世界に発信し続けなければなりません。



とはいえ、この日の味スタ。
日本代表戦としては、初の天覧試合でした。
それだけでも大変名誉で画期的なこと。
34,000人を超える観衆が詰めかけ、素晴らしい熱気を感じました。



今回の代表メンバーも事前の負傷で、キャプテンのリーチ、五郎丸、田中といった
主力メンバーが招集外でした。
第1戦で負傷した松島も出場できず。
又、オリンピックのセブンス出場のため、トライゲッターである山田、福岡、藤田らの
若いWTB勢が不在だったことを考えれば、ジャパンの底力はかなり上がっている印象です。



特にSO田村は素晴らしい。
キックの精度では、五郎丸にも引けを取りません。
相変わらずCTBの立川も効いています。
小瀧、金、茂野、松田など新しい血をどんどん代表に取り入れ、
これからのさらなる躍進を期待します。
2019へ向けて GO ジャパン!

スポンサーサイト

NBAファイナル2016 キャブスが奇跡の初制覇!

日本時間の6/3(金)~6/20(月)、NBAのファイナルが行われました。
私は主にWOWOW、2戦ほどNHKのBS1を録画して夜帰宅後、全7戦を観ました。



■ NBAファイナル2016
ウォーリアーズ VS キャバリアーズ
(ウェスタン1位)   (イースタン1位)



2年連続となるこのカード。
東西の第1シード同士の対戦となり、まさにビッグマッチ、ドリームマッチ。
優勝候補同士の歴史に残る大熱戦となりました。



最終結果は・・・ゲームセブンまで縺れた大激戦の上、キャブスが初制覇!
1勝3敗の崖っぷちから3連勝し見事な逆転でキャブスが勝利を収めました。
ファイナル7連戦で1-3からの逆転優勝は史上初の偉業です。



第6戦まではどちらが勝利しても10点差以上のゲームばかりで、
30点差を超えるゲームも2試合あり、大接戦のゲームは少なかった今シリーズ。



しかし流石に雌雄を決する最終第7戦。
試合最終盤まで緊迫した接戦となりました。
最後は93-89でキャブスが勝利しましたが、ともに100点に届かない
タイトなディフェンスゲームとなりました。



第4クォーター残り2分を切っても89-89のイーブン。
ウォーリアーズ・イグダーラのレイアップが決まったかと思った瞬間、
レブロン渾身のブロックショット。
値千金のスーパープレイでした。



そして残り1分を切って、アービングの3Pシュート。
カリーのマークをかいくぐり、素晴らしいタフショットを決めました。
その後の攻撃でカリーが3Pを決められなかったのが象徴的。
最後、ファウルをもらったレブロンが体の痛みに耐え、
執念のフリースローを1本決めて勝負あり。



それにしてもレブロンです。
やはり『KING』の称号が似合う男。
私は決して大好きとはいえない選手ですが、最後3連勝の大爆発をみれば
尊敬するしかなく、大あっぱれです。



第5戦、6戦に41ポイント、41ポイントときて、最終第7戦はトリプルダブル!
手が付けられません。
チームが一番苦しい崖っぷちで、チームメイトを奮い立たせ、
見事優勝に導きました。
逆境に強い選手こそ、真のスーパースターと言えます。
文句なしのファイナルMVP。



ヒートから戻ってやっと地元のクリーブランドに悲願の初優勝をもたらしました。
コートに突っ伏し、涙の止まらない彼の姿は胸を打つものがあります。
トロフィーを大切に抱きしめるレブロンがカッコいい。



又、PGのアービング。
あの面構えでまだ24歳、信じられません。
昨年はファイナル第1戦で骨折したため活躍できませんでしたが、
今ファイナルは素晴らしい大活躍。



本当に優秀なPGでオールラウンダーですね。
パスもアシストもディフェンスも素晴らしいですが、何より得点力があります。
スリーもドライブもフェイダウェイも体をぶつけられたタフショットも全て秀逸。
本当に天性のアスリート能力を感じます。



そしてカリーより丁寧にプレーしているのが印象的。
カリーほどの芸術的な天才プレイヤーではないため、より実践的でソリッドな選手。
一気にファンになりました。



一方のウォーリアーズ。
ファイナルを通して、看板のスプラッシュブラザーズの調子が
今一つ上がらなかったのが敗因でしょう。
ダブルエースなのだから厳しいマークは当たり前。
マークされても決めるのが真のエース。



その点、二人は調子の波が大きすぎました。
特にK・トンプソン。
第7戦に象徴されるように得意の3Pの確率が悪過ぎたことが足を引っ張る結果に。



又、カリーは期待外れ。
若いスターの弱みが全て出ましたね。
本来レブロンより大好きな選手ですが、一言で驕りが出たプレイの数々。
何よりプレーや態度・仕草が雑。
もっと真摯に真面目に丁寧にプレーしなければなりません。
得点を奪い勝利出来れば、芸術的と形容されるプレイも決まらなければ
ただのエゴイスティックで乱雑なプレーと成り下がります。



天賦の才能に恵まれた若いスターにありがちな過ち。
五体満足な健康体や大舞台で戦える境遇にもっと感謝しなければいけない。
特にマウスピースを口に咥えてクチャクチャする姿は下品だと断罪したい。



昨年、40年ぶりにファイナルを制し美酒に酔ったウォーリアーズ。
今年は去年ほどの勝利に対する渇望がなかったのでしょう。
雪辱に燃えるキャブスの初優勝に対する執念が勝ったのです。
最後は技術を超越した勝利への飢え、渇き、想いが結実。



いい時ばかりは続きません。
挫折が人やチームをさらに強くするのです。
一流の彼らなら当然理解しているはず。
この負けを教訓にして新たなシーズンに臨んでほしいです。
彼らが残したレギュラーシーズン73勝9敗の金字塔が色あせることはないのですから・・・・・

注目の英国ダービーはイングランドが逆転勝利!

連日のユーロ観戦。
深夜・早朝のWOWOW放送を録画し観ています。
この英国ダービーは、22:00キックオフと生観戦できる良い時間帯でした。
娘たちが寝静まってからじっくり堪能しました。



■ ユーロ2016 フランス大会 グループB 第2節
イングランド VS ウェールズ
2016/6/16 22:00キックオフ(日本時間)
スタッド・ボラリス=ドゥルリス(フランス・ランス)



試合結果は・・・2-1(前半:0-1)でイングランドが逆転勝利!
得点者:バーディー、スターリッジ      ベイル



GL全体を通して私が一番楽しみにしていたカード。
因縁の英国ダービー。
今回で104回目を迎えるこの一戦は、過去イングランドの68勝14敗21分と
隣国ウェールズを圧倒してきました。



小国ウェールズは、ラグビーと違いサッカーでは主要国際大会にほとんど未出場。
あのギグズがユナイテッドの栄光は数多かったものの、ウェールズ代表では
注目を浴びる表舞台にさえほとんど立てませんでした。



しかし今大会から出場チーム数が16から24と50%増しに。
その恩恵も受け、ベイル、ラムジーといった実力者を擁し念願のユーロ初出場です。
GL初戦ではスロバキアからユーロ本大会の初勝利をもぎ取り、
この日、初戦ドロー発進のイングランドに挑みました。



試合は、実力に勝るイングランドがボールを支配し圧力をかけます。
ウェールズは、5バック気味に割り切った守備で受けてからのカウンター狙いが明白。
しかしお互いに細かいコンビネーションや創造性は期待できません。
イングランドも決定力に欠け(開始早々のスターリングの絶好機はものにすべき)、
ゲームは無得点で進みます。



しかし前半42分、ウェールズはゴール正面FKのチャンス。
これをベイルが見事なFKでゴールを奪います。
無回転気味のボールがゴール前で急激に落ちる良いシュートで、
GKハートの左手を弾いてのゴール。
しかし上手く反応すれば止められたのではないか・・・というコースでした。
ノイアーやブッフォンクラスのキーパーならどうだったか・・・・・



イングランドの0-1で迎えた後半。
ホジソンは、一気にFW2枚替の積極策。
バーディー、スターリッジを投入し勝負に出ます。
結果的にこの交替策がズバリ的中します。



まずは、後半11分。
ゴール前の浮き球へ反応したバーディーが同点ゴールをゲット。
一瞬、オフサイドに見えましたが、ウェールズDFの頭に触れていたためオンサイド。
ジャッジもよく見ていました。



そして後半アディショナルタイム2分。
遂にスターリッジがゴール前の混戦から押し込み、歓喜の決勝点。
イングランドが激戦を制し、グループ首位に立ちました。



試合全体を振り返ってみれば、戦術や技術面では世界最高峰とは決して言えません。
イギリス勢独特のフィジカル偏重のどちらかといえばクラシカルなサッカーが展開されました。
縦ポン気味のスピード重視のゴリ押しサッカー。
高さとフィジカル重視、個人技主体の泥臭いスタイル。
でもそれもありだと思います。



革新性のあるモダンなサッカーも良いですが、勝負事は華麗さだけでなく、
その根本に相手に絶対打ち勝つといった闘志が見られなければ、観ていてつまらない。
みんながバルサやバイエルンスタイルになる必要はないし、
そうなったら逆に気持ち悪いと思います。
アトレティコやレスターのようなシンプルなスタイルも存在するから面白い。



私はサッカーが大好きです。
クラブチームのCLも、国の威信がかかるWカップ、ユーロ、コパ、アジアカップも。
しかし現代サッカー、特に2002年以降くらいのサッカーって魅力が増しているでしょうか?



クラブチームもナショナルチームもこぞって、


・全体をコンパクトにしろ(DFラインを高く保ち、FWとの距離を短く30~45M以内に)
・全員守備、全員攻撃
・インテンシティを高く
・FWから激しく守備に行け
・プレッシング重視→アスリート性重視
・試合中の走行距離を表示
・走れない選手は使えない
・トラジションを速く(攻守・守攻)
・中盤にスペースや時間がない→ファンタジスタ不要論
・ポリバレント性の重視→スペシャリスト減少         等々・・・・・



上記に挙げたものを全て否定しているのではありません。
全てのスポーツが歴史を重ね、時代によって進化していくことは自明の理。
しかし以前に比べてあまりにも似たようなサッカースタイルばかりが席巻している
気がしませんか?



私がサッカーを観始めた1980年代後半から1998年Wカップぐらいまでの方が、
各国の特徴が色濃く出ていて違う面白さがあったと思います。
ブラジルらしさ、アルゼンチンスタイル、ゲルマン魂、カテナチオ、イングランド式、
オランダスタイル、シャンパンサッカー、無敵艦隊、華麗なユーゴスタイル・・・・・



サッカーにおいて一番重要なのは圧倒的なテクニック・スキル。
これらは大前提ですが、真剣勝負の場においてもっと日の元にあぶり出されるものが、
情熱や魂や闘志や諦めない心、犠牲心、名誉を守る・・・といった要素だと思うのです。
現在、クラブシーンでプレミア勢は不振・低迷期を迎えています。
問題点も多いのでしょう。
戦術・スキルも世界最高峰ではないのかもしれません。



だからといって、プレミアリーグが面白くないとか、イングランド、スコットランド、
ウェールズ、北アイルランド、アイルランドのナショナルチームが凡庸なチーム
という批判は、不当な議論といえます。



英国の泥臭いサッカー。
魂と肉や骨のぶつかり合い、ひたむきに相手に打ち勝つサッカー、
それはそれで大好きです。
理屈や理論が先頭にくるばかりがスポーツの醍醐味ではない・・・  と私は思います。

イタリアが伝統国の底力を発揮!

WOWOWでサッカーを観戦しました。
ユーロGLの第1節で最大注目カードの一つです。



■ ユーロ2016 フランス大会 グループE 第1節
ベルギー VS イタリア
2016/6/14 AM4:00キックオフ(日本時間)
スタッド・ドゥ・リヨン(フランス・リヨン)



試合結果は・・・0-2(前半:0-1)で、伝統国のイタリアが快勝!
得点者:ジャッケリーニ、ペッレ



戦前の予想では劣勢かと思われたイタリアがイタリアらしい勝利を収めました。
まさに堅守速攻、伝統のカテナチオ健在と言えます。
GKブッフォン、DFバルザーリ、ボヌッチ、キエッリーニはそのままユーヴェ不動のメンバー。
ユーヴェ時代からのコンテ全幅の信頼がDF陣の安定に寄与しています。



ただ、
中盤の主力であるマルキージオ(私のお気に入り)やヴェラッティが負傷で招集外となり、
展開力や構成力に懸念がありました。
しかしそれがかえって割り切りに繋がった模様。
ベルギーの攻撃陣にしっかりマークをつけ、ボールを奪ったらカウンターを仕掛ける。
現有戦力を見極め、出来ることに専念し、シンプルな攻撃・守備に徹する。
メンバー全員の意思統一が感じられ伝統国の凄みを感じました。
まさに試合巧者。



前半、CBボヌッチのロングパスからジャッケリーニが決めた先制点は見事です。
センターサークル付近からベルギーDFの裏へ一発で正確なロングフィード。
受けたジャッケリーニのトラップも完璧で冷静にGKクルトワの牙城を崩しました。



先制点を奪ったイタリアの選手たちの鬼気迫る歓喜の表情は、
クラブチームの戦いとは異なる、ナショナルマッチの重みを感じました。
国を代表して戦うことの責任・栄誉を垣間見た思いです。
後半、アディショナルタイムのペッレのダメ押し点も秀逸。
本当に効率的に大事な初戦をものにしました。



一方のベルギー。
充実のタレントが揃い、今大会の優勝候補にも挙げられていますが私は懐疑的です。
アザール、デブライネ、フェライニ、ルカク、カラスコ、クルトワ・・・・・
近年、クラブチームでは多くのベルギー人が主力として活躍中。



しかし、どんな団体スポーツにもいえることですが、巧くて強い選手を上から11人
揃えればチームとしても強くなるかといえば、そうではありません。
チームスポーツには各選手に役割があり、チームとして団結することが何よりも大切です。
おれがおれがで焦れば焦るほど、蟻地獄にはまるものです。
(2006年ドイツWカップ時、才能溢れる日本代表が内部分裂から崩壊した例にあり)



まして、キャプテンでありチームの精神的支柱の大黒柱であるコンパニが負傷欠場。
これは痛いですね。
上り調子で勢いがあるとはいえ、ベルギーはまだまだサッカー中堅国です。
Wカップ、ユーロと主要大会で実績を上げておらず伝統がありません。
本当に苦しい戦いになった時に自分たちを信じ切れる拠り所が、まだ弱いとみえます。



その辺がイタリアやドイツとは比べられない弱み。
しかし、いつも強国や伝統国ばかりが優勝しても面白くありません。
1992年のデンマーク、2004年のギリシャのようなアップセットも時には必要かと・・・



1998年Wカップや2000年ユーロを初制覇したフランスが、強豪国の仲間入りを果たしたように、
ベルギーにも今大会を席巻してほしいです。
ただ、あまり注目され過ぎず、ダークホースとして伸び伸びと戦った方が彼らのためでしょう。

優勝候補スペイン、チェコに辛勝

ユーロ2016をWOWOWでTV観戦。
今大会2試合目の観戦です。
本当は全51試合を観たいところですが、寝不足必至でとても無理。
NBAファイナルも観ているので、社会人には1日1試合がいいところですね。



■ ユーロ2016 フランス大会 グループD
スペイン VS チェコ
2016/6/13 22:00キックオフ(日本時間)
スタジユム・ドゥ・トゥルーズ(フランス・トゥールーズ)



試合結果は・・・1-0(前半:0-0)で前大会覇者のスペインが勝利。
得点者:ピケ



ユーロ3連覇を目指すスペイン。
2014ブラジルWカップGL敗退の屈辱から雪辱を期す大会。
シャビやシャビアロンソ、トーレスらが抜け、モラタ、コケなどの若手を
いかに既存戦力に融合できるかにかかっています。
デルボスケも今大会が最後か?



お馴染みのメンバーにより、前半からスペインが圧倒的に攻め込みます。
いつものパス交換から左右のサイドを使いPA内へ侵入。
モラタを初め何回か決定機を迎えますが、得点できません。
チェコは守護神チェフが流石の働き。



後半も70%を超えるボールポゼッションでスペインが攻めたてますが、
ゴールをこじ開けることが出来ず、時計が進みます。
王者にとっていやな流れ。



チェコはロシツキーを中心に単発のカウンターを仕掛けます。
FWネチドもあまりボールに触れません。
数少ないセットプレーくらいしか得点機がない試合展開。



GL初戦の重苦しい流れでこのまま試合終了かと思われた後半42分。
スペインのCKの流れからPA内に残っていたCB二人の内、
値千金の決勝点はピケのヘッド!
イニエスタのピンポイントクロスにしっかり合せました。



チェコのDFは人数が足りていましたが、最後の最後に寄せきれず。
セルヒオ・ラモス、ピケという決定力を持ったスペインのCB二人の
ゴール前への飛び込みに対応出来ませんでした。



実況アナはスペインらしくない得点と言っていましたが、決してそんなことはありません。
華麗なパス回しからFWが仕留めるイメージから、そうコメントしたのでしょう。
しかし、圧倒的なボールポゼッションでも0-0の試合展開は、
サッカーではよく見かける流れ。
少し前なら、引退した闘将プジョルが停滞を打ち破る決勝ヘッドを見舞う・・・
よく観たシーンです。



レアルやバルサでも重要なゲームほど、セルヒオ・ラモスやピケがヘッドで決勝点を奪う
シーンは、WOWOWやスカパーを観ているサッカーファンなら珍しくはないですよね。



いずれにしても大事な初戦で優勝候補が苦戦の末、勝ち切ることが出来るのは流石です。
どんなに善戦しても最後の土壇場で力を発揮できるか否かが、伝統国とそれ以外を
区分けするボーダーラインなのでしょう。



優勝候補の内、フランスとスペインが辛勝しました。
イングランドは負けに等しいドロー発進。
ドイツは順当勝ち。



私の優勝予想は、ドイツかスペイン。
中でも捲土重来を期すスペインに肩入れしたいです。
ドイツはスーパーチームですが、フィジカルが強く、勝っても何か面白くありません。
その点、小兵も輝くスペインの方がシンパシーを感じる次第。
今回はGKのデヘアや強固な4人のDF陣とアンカーのブスケッツとの
ディフェンスもバランスが良く期待できます。



いずれにしても、レベルの高い好試合を観たいですね。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。