酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカーU-23日本代表 リオオリンピック出場決定!

先日、サッカーのU-23日本代表がリオオリンピック出場を決めました。



■サッカーAFC U-23選手権 2016カタール大会
準決勝 U-23日本代表 VS U-23イラク代表
2016/1/26(火) 22:30キックオフ(日本時間)
アブドゥラー・ビン・ハリファ・スタジアム  カタール(ドーハ)



2-1(前半:1-1)で、日本が辛くもイラクを振り切り決勝進出。
これで6大会連続10回目のオリンピック出場が決定。
得点者:久保、原川   スアド・ナティク・ナジ



前半26分、左サイドを突破したFW鈴木の速いクロスをFW久保がスライディングシュート。
イラクDFの間にスピードを生かしうまく入り込み、貴重な先制点をゲットしました。
しかし前半終了間際、相手CKを鈴木が上手くクリア出来ず、混戦から同点ゴールを献上。
いやな流れで前半を終えました。



後半も、セカンドボールをイラクに拾われ苦しい展開。
日本選手のトラップが足元に収まらないところを狙われていました。
後半残り少なくなって切り札のFW浅野を投入。
90分で勝ち切ろうとする指揮官のメッセージが伝わり、
後半アディショナルタイムにMF原川の劇的な勝ち越しゴールが決まりました。



2-1で勝利しオリンピック出場が決まり、歓喜のU-23日本代表。
この世代はこれまで、各年代別のアジア予選を突破出来ず、世界大会を経験していません。
やっと同世代と世界でガチンコ勝負ができる舞台へ。



しかし、選手の小粒感は否めません。
一定の技術はあり、チームワークや規律性、持久力に長けた真面目なチーム。
しかし突出した個の力はなく、手倉森監督の手腕・チーム力で勝ち抜いた印象。
中2日や3日の厳しい日程や結果だけでなく育成を見据えたチーム作りが奏功。



主軸はキャプテン遠藤やDF植田など一部を除き固定せず、多くの選手を起用。
FW南野のように海外クラブ所属で名が売れていても、調子が悪いとみれば起用せず。
そもそも、代表23人に選出されなかった有名選手も数多い。
広島の野津田(負傷)、浦和の関根、鳥栖の鎌田、マリノスの前田 等・・・。



交代出場で出た選手が活躍することも多く、監督の目の確かさが証明された大会。
開幕前まであまり評価が高くなかった手倉森さんですが、一気に名を上げました。



1/28の朝日新聞には下記エピソードが載っていました。
2年前の監督就任当時、ロッカールームでユニフォームを踏み付けた選手に激怒。
若い選手を人間として一流にすることに腐心したそうです。
(2015/10の合宿中は総合病院の緩和ケア病棟を訪れた。)
日本代表は、東北の被災地など国民の希望とならなければならないことを意識付けた。




Jリーグが開幕した1993年以降に生まれた選手で構成されたこの世代。
物心付く頃からサッカーが人気スポーツで、用具や周囲の環境もよく苦労せず恵まれた世代。
テクニックはそれなりだが、野性的な強さやハングリーさ、突出した個の力もなく
この先の伸び代が心配されます。
どこか器用貧乏の貧弱さが見える印象。




ともあれ、良識と分別のある指揮官に導かれ世界への扉が開かれました。
この先、選手選考のサバイバルが予想され、夏のオリンピック本大会が迫ります。
今のメンバーでA代表のスタメンを張れそうな選手は見当たらず。
22歳くらいの選手がフル代表でバリバリ活躍してもらわなければ困ります。
キャプテン遠藤はグッドプレイヤーですが、彼がこの世代の旗頭であるところに限界も。



出でよ!
世界を震撼させる日本の若き才能。
チームワーク優先もイイですが、粗削りなタレントの出現も観たい。
この先の半年で、わくわくするようなチームになっていることを期待します。

スポンサーサイト

初めての いいづなリゾートスキー場へ

1/24(日)、家族4人でスキーに行ってきました。



西日本を中心に大雪となったこの日。
雪国長野県は、思ったほど荒天とならず。
朝から時折、晴れ間ものぞきました。



いけると判断し、小布施をAM10:30頃に出発。
今回は初めての訪問、いいづなリゾートスキー場です。
家から車で35分ほどで到着。
リフト近くの駐車場は満車でした。



20160124 4
朝方は晴れていましたが、だんだん天気も下り坂に。
小雪が舞います。
上部は視界不良。
しかし、スキー場でこの程度の雪は序の口ですね。




20160124 1
次女。
緩斜面は余裕です。



20160124 3
長女もピースサイン。
1/28(木)に小学校のスキー教室があるため、リフトやコースを下見です。



20160124 2
妻。
リュック姿も板についてきました。



20160124 5
昼食後は、吹雪いてきたため、娘たちはキッズパークで雪遊び。
大きな氷を見つけてご満悦。
寒さに負けず遊びました。たくましいです。



初めて来た いいづなリゾートスキー場はコンパクトで中々良いスキー場でした。
積雪も75cmで、パウダースノーが最高。
リフト代もリーズナブル。
これからもたまには訪問しましょう。

川中島の地酒『桂正宗』

本日は信州小布施も15cmほどの積雪が。
会社にて合計2時間半ほど雪かきをしてぐったり。
平日ですが、日本酒をいただきました。



20160120 1
■ 桂正宗 金紋
原材料:米、米麹、醸造アルコール
使用米:美山錦
精米歩合:65%
アルコール分:15度
蔵元:酒千蔵野(長野県長野市川中島町)



冷やで妻と。
色味はスッキリ無色透明。
淡麗でクセが無くとても飲み易い。
最近は無濾過生原酒や純米酒などコクのあるしっかりしたお酒を
飲んでいたせいか、やや物足りない印象。
妻も『軽いねー』と一言。
分かるようになりましたね。



この後ぬる燗にしてみましたが、さほど印象は変わらず。
レギュラー酒として毎日気軽に飲むタイプのお酒です。
品よく飲める雰囲気で女性杜氏らしい味わい。(先入観強すぎ?)
穏やかに体が温まります。



20160120 4
マグロのブツ。



20160120 2
シメジとゼンマイの煮物。



20160120 3
子供たちが大好きチキンカツ。

初めての日本酒『大那』

最近は専ら日本酒を飲んでいます。
今回は初めての銘柄。



20160116 3
『大那』
緑のボトルに黄色いラベル、黒文字の力強いデザイン。



妻と冷やで。




20160116 4
■ 大那 超辛口純米
原材料:米、米麹
精米歩合:60%
アルコール分:16度以上17度未満
蔵元:菊の里酒造(栃木県大田原市)



日本酒度+10と超辛口となっていますが、そこまで辛さを感じません。
艶やかで薄い琥珀色でとろっとした飲み口。
純米独特の深みとコクが美味しい。



男っぽい力強いお酒ですが、しっかりお米の甘味も出ています。
究極の食中酒をつくるという蔵元の姿勢がわかる良いお酒です。
新たなファンとなれそう。



20160116 1
海鮮寄せ鍋。
締めは定番のうどんで。




20160116 2
カボチャの煮付け。
娘たちの大好物。

スキー帰りに『水尾』を購入

家飲みで日本酒をいただきました。
先日、木島平スキー場へ行った帰りに飯山市の田中屋酒造店さんに寄りました。
そこでいつもの『水尾』を購入。



これで3年連続。
これも楽しみの一つ。



20160111 4
妻と二人、冷やで。
水尾で生原酒は初めてです。
もちろん新酒。
高級感のある渋いラベル。



20160111 5
■ 水尾 しぼりたて生一本 純米生原酒
原材料:米、米麹
原料米品種:ひとごこち
精米歩合:麹米59%、掛米70%
アルコール分:17%
醸造元:田中屋酒造店(長野県飯山市)



純米のコクとスッキリした辛さが心地よい。
生原酒ということで、しっかりした風味。
水尾の美味しさが凝縮されています。



20160111 3
ブリのお刺身。



20160111 2
モツ鍋。



20160111 1
ほうれん草のおひたしにイカの塩辛。



どの料理も日本酒と合います。
やはり和食と日本酒は最高の組み合わせ。
妻も日本酒造りに関わっているためか、日本酒が好きになった様子。
色々な銘柄に挑戦していきましょう。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。