酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新国立競技場のデザイン決定に思うこと

先週の12/22(火)に新国立競技場のデザインが決定。
約3年に及ぶ大混乱・紆余曲折を経てようやく一つの結論が出ました。



2012年の国際的なデザインコンペの末、
あの先鋭的なザハ・ハディド氏のデザイン案に決定。
斬新な設計デザインで一躍話題となりました。



しかしその後、一部の試算では3,000億円を超えると試算された高コストや
建築実現性・工期が問題視され、今回の再コンペへ。



再コンペの応募者は2者。
デザイン・設計・施工が一括の『デザインビルド』方式の公募型プロポーザルというらしい。
A案:大成建設、梓設計、建築家・隈研吾氏のユニット。
B案:竹中工務店・清水建設・大林組、日本設計、建築家・伊東豊雄氏のユニット。



コンセプトは両者とも『杜のスタジアム』。
総工費や工期、スタジアムの高さを抑える、木材を使用、緑や自然を意識、
神宮の景観に配慮する・・・等々。
どちらも似たような提案でしたが最終的にA案に決定となりました。



私の父は設備業を自営。
弟、妹は大学は工学部建築学科卒で仕事は、設計やデザイン関係。
(妹は結婚して離職しましたが)
かつて家にはドラフターが4台もあり、私が建築好きなったのは、この家族環境のおかげ。



私は大学は経済学部卒で、仕事は総務部で社会保険・人事を担当。
専ら文系畑です。
よって、建築に関して素人。
専門的なことはわかりません。



しかし今回の新国立競技場のゴタゴタには本当に辟易。
世界中に恥を晒しました。
東京オリンピックのロゴ問題といい、日本はどうしてしまったのか?



日本や日本人の美徳や矜持として、誠実さ・規律・技術力は圧倒的だと思っていました。
今回特に『約束を守る』ことに於いて、世界から信頼を失う結果に。



これまで他の国でオリンピックやサッカーWカップのインフラ整備や会場建設の遅れが
問題となっても、『日本だったら絶対ありえない』と日本人は自信を持っていました。
(近年では、南アWカップ、ブラジルWカップ、ソチオリンピック、リオオリンピック等)



会場建設や大会運営は期日や定刻通り、間違いなく実施される・・・
これらはもはや日本でも幻想となってしまったのか?
悲しい現実です。




今回の騒動の詳細はわかりません。
しかし、建築家の安藤忠雄氏は男を下げました。
JSCも文科省も大会組織委員会も担当政治家も全て責任があるでしょう。



・そもそもあの素晴らしい旧国立競技場を取り壊して新設することが正義だったのか?
・改修や改築することは検討されたのか?
・東京ど真ん中の神宮外苑に国立スタジアムを建設することの真の意義とは?
・最初のコンペのやり方に問題はなかったのか?
・競技場建設に理念や想い、コンセプトは明確だったのか?
・建設予算の当初1,300億円、再コンペ時1,550億円の妥当性は?
 (時代や為替相場が違うとはいえ、1,000億円を超えるオリンピックスタジアムは過去にない)
・税金を投入することに対する感覚の麻痺はないか?
・2019年ラグビーWカップ開催に間に合わないことに過失や恥をどのくらい感じているのか?
・旧計画が白紙撤回されるまで2年半以上もの間、様々な有識者や方面から批判や
 再検討の提案があった。なぜもっと早く決断できなかったのか?
・旧計画に参加していた大成建設が資材や人材を手配済みで、再コンペは出来レース?
・結局、スター建築家の隈研吾氏に決まった印象が?
 (伊東豊雄氏は建築界では有名かもしれないが、一般的な知名度は隈研吾氏が圧倒的)



この期に及んでごちゃごちゃ言っても仕方ないのは、重々承知です。
決まったからには、誠実に柔軟に真摯に完成させてほしい。
2020年東京オリンピックに夢が持てるように。

*個人的にはB案の方が好きでした。
 伊東さんは長野県諏訪の出身でもあるし・・・

スポンサーサイト

クリスマスに小布施ワイナリーのスパークリングワインを

我が家のクリスマスは、先日の12/25(金)でした。
朝には、娘たちにサンタさんからクリスマスプレゼントが届き、大喜び。
大人にはサンタさんは来ませんね・・・。



20151225 2
妻が頑張った手作り料理。
鯛のアクアパッツア、クリスマスツリーのサラダ、生ハムとチーズの前菜。
他にフライドチキン、生ハムのサラダ等とともに。



アクアパッツアが特に美味。
オリーブオイルとニンニクのコク、牡蠣とアサリの風味が効いたスープが最高です。



20151225 1
■ ソガ ペールエフィス
スパーリングG 2012 デコルジュマン ラテ
使用品種:ミュラー、ケルナー、シャルドネ100%
アルコール分:12%
醸造元:小布施ワイナリー(長野県上高井郡小布施町)



白ワインとしては、やや濃い目の黄金色。
香りも華やか且つ豊か。
炭酸の刺激が心地よい。
辛口でコクのある味わい。
どっしりしているが美味しく素晴らしいスパークリングワインです。



20151225 3
ラベルも上品。



実は妻が小布施ワイナリーさんにパートでお手伝いにいっております。
葡萄の収穫、畑の片づけ、枝の剪定、工場内の清掃等の業務を担当。
今は、冬季限定の日本酒醸造作業で麹米造りの工程と仕込袋等の洗濯を。
とても貴重な体験をしております。



地元に素晴らしいワイナリーがあり、美味しいワインが飲める。
そしてそのワイン作りに身内が関わっている。
素晴らしいことです。
これからも地元ワイナリーの夢と熱意を応援していきたいと思っています。

水球の日本代表 32年ぶりのオリンピックへ!

12/20(日)、水球男子のアジア選手権で日本代表が中国を16-10で破り優勝。
リオオリンピック予選を兼ねているため、32年ぶりのオリンピック出場を決めました。
1984年のロスオリンピック以来とのこと。



皆さんは、水球といえば何を思い出しますか?
私はやはり・・・吉川晃司。
最近ではドラマ『下町ロケット』の財前部長役で人気爆発中。



1980年代に彼が歌手として『モニカ』でデビューした当時、
肩幅の広い上半身逆三角形のスーツ姿が話題となりました。
水球の元高校日本代表選手であった経歴にとてもインパクトがありました。



しかし水球は、究極のマイナースポーツといえるでしょう。
私自身もニュース映像で観たことはあっても、試合を全て観たことはなく、
ルールもほとんどわかりません。



以下、にわか仕込みの調査によると・・・
『水中の格闘技』と呼ばれる激しいスポーツ。
1チーム、GKを含めて7人の選手で構成される。
試合時間は、1ピリオド8分×4ピリオドの正味32分間。
ファウルや得点時には時間が止まるため、実質の競技時間は1時間ほどにも。



プールの深さは2M以上あるため、常に立ち泳ぎ等で泳ぎ続ける競技。
その中で、サッカーやバスケ、ハンドボールのように激しくボールを奪い合う。
物凄い体力の消耗が想像できます。



日本代表の強化合宿中、1日10,000M (゚д゚)!も泳ぎ込み、その後ウェイトをやるそうです。
又、2度目の就任となる大本HCの元、常識破りの守備新戦術を採用。
サッカーのバルセロナのように高い位置からの素早く激しい守備が特徴のようです。
相手ゴールに近い位置でボールを奪い、カウンター攻撃を繰り出す。
現代サッカーの基本戦術ですね。



体格に勝る海外選手に対抗するための戦術。
しかし、それを実践するためには相手を凌駕する強靭な体力・泳力が必須。
そのために過酷な負荷をかけたトレーニングを実践。
Wカップラグビーのジャパンも同様でした。



どんなスポーツでも実績を出すためには、発想の転換や改革が必要なのですね。
指示された理論・計画を完遂した代表選手皆さんの努力に敬服致します。



又、キャプテンの志水選手はカッコいいですね。
何というか、面構えや佇まいに雰囲気があります。
何かを成し遂げる強いチームには、素晴らしいリーダーがいることをあらためて実感。
今後、五郎丸選手のように人気が出そうです。



リオオリンピックでは、メジャー競技に負けず大活躍してほしいものです。
皆さんの健闘を期待しています。

*しかし日本代表を『なんとかジャパン』て呼ぶこともうやめませんかね。
 ポセイドンジャパン・・・なにかしっくりきません・・・・・・・。

冬の夜に御湖鶴の純米吟醸を

日曜日の夜、日本酒をいただきました。



20151213 1
■ 御湖鶴 純米吟醸  秋出し一番酒 秋あがり
原材料:米、米こうじ
アルコール分:15度
精米歩合:55%
蔵元:菱友醸造(長野県諏訪郡下諏訪町)



20151213 2
妻と二人、冷酒にて。
手巻き寿司等とともに。



先月に下諏訪の蔵元で直接購入した1本。
ラベルの2羽の鶴が美しい。
黒のラベルが高級感溢れます。



秋あがり、いわゆる冷やおろしです。
2015年11月の製造。
グラスに注ぐと薄い琥珀がかった綺麗な色。
吟醸香は、上品で穏やか。



一口・・・旨いです。
妻の第一声は、しみじみと『美味しい!』
コクがあってトロリとしながら、軽く飲めます。
旨味、酸味、キレのバランスが抜群。
一言で上品な日本酒。



ここ最近の中で一番のお酒。
好みです。
冬の夜に日本酒をちびちびといただく。
正に最高の贅沢です。

菅平のゾンタックでAWP2015開催!

12/5(土)~12/6(日)、今年も恒例のクリスマスパーティーに行ってきました。



2004年に私たちが結婚式を挙げた菅平高原のゾンタック。
毎年、アフターウェディングパーティーにご招待していだだきます。



20151205 3
今年もご夫婦、お子さんたち総勢400人ほどが参加。
すごいです。



20151205 4
会場内のツリーと娘たち。



20151205 5
夜のパーティーは無料です。
宿泊する場合のみ宿泊料負担。



20151205 1
ゾンタックは有名なラグビー合宿所のメッカで2013、2014年にはジャパンが合宿。
その縁で今年のWカップのレプリカジャージが贈呈されたそうです。
アメリカ戦試合前の練習時使用球も。



20151205 2
今年は、サッカーのU-15日本代表も合宿した模様。
元バルサの久保君も写真に。



毎年ですが、オーナーご夫妻はじめ、スタッフの皆さんに大変お世話になりました。
娘たちも楽しい思い出がたくさん作れて良かったです。
自分たちの幸せの原点に帰ることができて、とても感謝しています。
ありがとうございました。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。