酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本山雅 サガン鳥栖に完敗 J1残留は風前の灯

久しぶりにサッカーの話題を。
最近は、どっぷりWカップラグビー観戦に浸っております。



FC東京戦以来のアルウィンへ山雅戦を現地観戦。
妻と娘二人に加えて、今回は妻のお姉さんと赤ちゃんも初参戦。
総勢6名にて好天のアルウィンへ行ってきました。



初観戦のお姉さん、ほなみちゃんも興奮気味。
愛娘の咲歩ちゃんは、まだ生後4か月。
ぐっすり眠ったり、サガンサポーターのチャントに反応したり終始ご機嫌でした。
我が家の娘たちも従妹の咲歩ちゃんに夢中で、あまりサッカーを観ていないような(笑)



■ J1 2015 セカンドステージ第15節
松本山雅FC VS サガン鳥栖
2015/10/24(土) 14:03キックオフ
アルウィン(長野県・松本市)


試合結果は・・・1-2(前半:0-0)で山雅の敗戦。
得点者:オビナ(松本)  谷口、水沼(鳥栖)



20151024 2



20151024 1



20151024 3



20151024 4




この結果により、鳥栖はJ1残留決定。
山雅は微かに可能性が残ったとはいえ、残り2節で新潟と勝ち点差6。
得失点差も8点離され、総得点でも大きく引き離されており、残留出来たら奇跡です。
それでも可能性がある限り、自分たちが出来ることを完遂するしかありません。



試合内容ですが、点差以上の完敗に近い内容と言えます。
サガン鳥栖は地方都市のチームながらJ1昇格後、これで4年連続J1残留。
4年間で5位が2回あるなど、中位から上位を狙えるチーム力。
ホームスタジアムはフットボール専用のベストアメニティスタジアム。
堅い守備からのハードワークを主戦術とし、最後まで諦めずに走り切る。
まさに松本山雅が目標とすべきチームです。



生観戦してみて、やはり力の差は大きく、山雅より二回りは強いと感じました。
無暗にロングボールに頼らず、DFラインでボールをゆっくり回したり、
バイタルやPA内をショートパスで崩すことも出来る・・・引き出しの多いチームですね。
日本代表のFW豊田、MF藤田、GK林やU-22代表のMF鎌田などタレント力も抜群。



この試合、山雅は後半20分にFWオビナのPKで先制しましたが、
残り15分を切ってから鳥栖に連続ゴールを許し逆転負けでした。
後半から豊田、鎌田、藤田と主力選手を次々と投入され、試合の流れを持って行かれました。
残念ながら選手層の厚さと技術力や経験値の差は、埋めがたいほどにある印象。



今さらながら山雅の技術力の無さは致命的で、
ロングボール頼りの一か八かのサッカーばかりではJ1レベルでは通用しません。



・DFラインは、もう少し慌てずにボールを保持する。
・敵のDFが整った状態(カウンターからの速攻でなく)で、
 ゴール前へプラスのクロスを上げるばかりでは跳ね返されることは、自明の理。
・クロスを上げるなら、もっと敵陣深く侵入してマイナスのクロスを送ることにも
 時にはトライしないとジリ貧です。
・チーム全体が落ち着いてボールを保持すること。(ポゼッションサッカーではなく)
 敵が迫ってきて慌ててボールを蹴り出さないでほしい。
・ラグビーのように手は使えないのだから、ハイパントのようなハイボールのロングボールを
 前線に蹴ってそれをキープするのは、オビナでなくてもかなり苦しいはず。




この時期に及んで自分たちの今までのやり方を変えるわけにはいかない。
初志貫徹、愚直に走り回り、ストロングポイントを生かす。
それは、わかります。



しかし、今のやり方を未来永劫ずっと続けるなら、いずれサポーターは離れていくでしょう。
今の山雅のサポーターは、地元にJのプロチームが存在するだけで嬉しい。
子供たちも、おばさんも、おじいちゃん・おばあちゃんもサッカーに詳しくなくても、
自分の子供や孫を応援するような気持ちで応援している。
今はそれでもいいです。



だがプロとして観戦料をとっている以上、スポーツやエンターテイメントとして
観て楽しい、面白いサッカーを展開しなければなりません。
バルサのようにスペクタクルなパスサッカーを目指せと言っているのではない。
一生懸命はわかるが、プロとしてJ1のレベルの最低限の技術力を持つべし。



毎回毎回、家族4人分のチケットを買い、キックオフの5時間前から入場待機し、
期待に胸躍らせてアルウィンに乗り込みます。
今季は、ホーム・アウェイ合わせて5試合観戦、全敗です。
娘たちも『いつも負けるじゃん、観に来ない方が勝つんじゃない?』と言う始末。



子供の感想は仕方ないです。
私の率直な感想は、いい加減に少しは進歩してほしい。
負け続けても地元のチームを応援し続けるのが真のサポーター。
でも、毎回あの可能性の低いサッカーを見せられると気持ちも萎えてきます。
スカパーやWOWOWで観ているヨーロッパの一流の試合と比べることなどできません。
しかし、チケット代に相応しいプレー かといえば疑問符です。




試合後のホーム最終戦後のセレモニー。
社長や反町監督、村山選手会長が言ったとおり、可能性がある限り選手は頑張り、
サポーターはそれを応援しなければなりません。
新潟の結果に関係なく、山雅の矜持として2連勝して天命を待つのみ。
来季に繋がるポジティブな内容で締めくくってほしいものです。

スポンサーサイト

ラグビーWカップ 準々決勝レビュー④ (オーストラリアVSスコットランド)

ラグビーをスカパーのTV中継で観戦しました。
Wカップも準々決勝最後の4試合目です。



■ ラグビーWカップ2015 イングランド大会 準々決勝
オーストラリア(プールA1位) VS スコットランド(プールB2位)
2015/10/19(月) AM0:00キックオフ(日本時間)
トゥイッケナム(イングランド・ロンドン)



試合結果は・・・35-34(前半15-16)の大激戦を制したワラビーズが辛くも最後の4強の座へ。
戦前は優勝候補のワラビーズがスコットランドを一蹴する予想が多数だったようです。
日本戦を観ても分かるように、スコットランドは北半球らしく手堅い好チームですが、
格上南半球の3強に対しては決定力不足という印象でした。



しかしさすがWカップの準々決勝の大舞台。
大会の格式やプレッシャー、意気込み等は普段のテストマッチとは比較になりません。
ラグビー史に残る大接戦となりました。



大雑把に言ってしまえば、自力でトライを取れる力を持ったチームが最後に笑った形です。
総トライ数は、ワラビーズの5つに対してスコットランドは3つ。
ワラビーズは両WTBの決定力はもちろん、CTBも強く、モールでFWもトライを取れます。



一方のスコットランドの3つのトライは、全てオーストラリアのミスから。
前半はワラビーズゴール前のラックで防御にぽっかり穴が空き、あっさりトライされました。
後半の2トライも、SOのキックをチャージダウンされたものと、
不用意なロングパスを綺麗にインターセプトされたトライでした。



ワラビーズは相変わらずスクラムが安定せず、自陣でのペナルティも多かった。
また、この日SOフォーリーのキックの調子が悪く、
特に前半トライ後のコンバージョン3連続失敗は、下手すれば致命傷でした。
逆にスコットランドのSHレイドローのキックは好調で、好試合となった要因と言えます。



試合後半の残り10分。
聖地トゥイッケナムは雨脚が強くなり、激戦の様相を際立たせました。
試合終了間際の強烈なプレッシャーの中、フォーリーはよくぞPGを決め、
土壇場の逆転でこの熱戦の終止符を打ちました。



最後のスコットランドのノックオンオフサイドの反則について。
WRがジュベール主審の判定について誤審を認めてから、周辺の騒動が終わりません。
負けたスコットランドの言い分もわからなくはないですが、私は何だかしっくりしないのです。
一言で 『ラグビー的でないサッカー的な醜い騒動』 と感じます。



ノーサイドの精神はどこへ行ったのでしょうか?
ジュベール主審は前回2011年大会の決勝の笛を吹いた実力者。
ジャパンVSサモア戦のジャッジを見ても、とても冷静で優秀なレフェリーだと思います。
この試合でも後半ワラビーズのトライゲットかという場面で、スクラム手前でのノックオンを
TMOでしっかり確認しトライを認めませんでした。
この時は、スコットランドは助かったのです。



そもそも最後のあの場面は、スコットランドがマイボールラインアウトを
しっかりキープ出来ていれば、時間を使ってゲームを終わらせることが可能だったはず。
自分たちのミスを棚に上げての批判は潔くありません。



試合後にレフェリーの判定に難癖をつけて揉めるのは、
サッカーでは日常茶飯事ですがラグビーには似合いません。
(モウリーニョ、ファーガソン、ベンゲル等の罵り合いを思い出します)



15人対15人の激しい試合を主審を中心とした3人のレフェリーが裁くのです。
人間なのだから多少のミスは織り込んで、レフェリーと選手がリスペクトし合って
ゲームが進むのがラグビーの美徳だったはず。
サッカーのように主審を大勢の選手で取り囲んで醜く抗議するような光景は、
ラグビー界には存在しないことを私は尊敬してきました。



近年導入されているTMOは、あくまでも人間の判断の補助的ツールであるべきです。
他の競技にも言えることですが、ITに頼りすぎる時間が試合の流れをブツ切りにし、
味わいや趣や品格を失う元になっている気がしてなりません。




ともあれ4強は、Wカップ史上初の南半球の独占となりました。
NZ、オーストラリア、南アという3強、世界ランキング上位3カ国が順当に残りました。
アルゼンチンも含めてどの組み合わせもとても楽しみです。
互いのプライドをかけた至高の闘いから今後も目が離せません。

ラグビーWカップ 準々決勝レビュー③ (アイルランドVSアルゼンチン)

スカパーのTV中継でラグビーを観戦しました。
Wカップの準々決勝3試合目のレビューです。



■ ラグビーWカップ2015 イングランド大会 準々決勝
アイルランド(プールD1位) VS アルゼンチン(プールC2位)
2015/10/18(日) 21:00キックオフ(日本時間)
ミレニアムスタジアム(ウェールズ・カーディフ)



試合結果は・・・43-20(前半:20-10)でアルゼンチンが快勝しました。
ヨーロッパ・シックスネーションズを2連覇中のアイルランドがまさかの敗戦。
欧州王者でランキング的にも優勝候補の一角でしたが、初のWカップ4強進出もならず。
結果的には一次リーグでの主力選手の大量負傷離脱が響いた形です。



キャプテンのLOオコンネルや司令塔であるSOのセクストンが不在であることは、
チームに動揺があったと思われます。
劣勢な試合展開を好転させる経験や柔軟性に欠けた印象です。
又、パワフルな両フランカーを欠いたことも、アルゼンチンとの激しいブレイクダウンの
攻防では後手を踏んだ要因となりました。



しかし戦前に準々決勝の組み合わせ4試合を見ても、
このゲームが一番アップセットの匂いが漂っていました。
一次リーグのプールC、アルゼンチンのNZ戦を観れば、この強さは証明済み。
さすが2012年から、南半球の4カ国対抗戦・ラグビーチャンピオンシップに出場し、
地力を付けてきていることは伊達ではありません。



アルゼンチン代表。
試合前の国家斉唱でキャプテンはじめ多くの大男達が号泣していました。
ラグビーでは、やや珍しいナイキ製のユニ。
試合を観てもわかりますが、BKも含めて骨太で力強い選手が多く華奢な選手がいません。
力強いラテン系のノリで試合を押し切りました。



前半10分までに2トライ2コンバージョンで一気に14-0。
アイルランドの出鼻を挫きました。
後半開始早々、アイルランドのトライ&コンバージョンで一時20-17と僅差の接戦に。
アイルランドホームと言える会場の雰囲気で盛り返します。



しかし、後半残り10分からのアルゼンチン怒涛の攻撃。
2トライ2コンバージョンを加え、勝負あり。
まさかのダブルスコアで4強進出です。



兎に角パワフルかつスキルフル。
そして何と言ってもサッカー同様南米特有の激しいプレイ。
一番大事な試合の立ち上がりと、最終盤に圧倒的破壊力を見せつけました。
観ていて楽しいラグビーです。
シンビン等、やや荒っぽいプレーがこの先心配ですが・・・



ラグビー伝統国のお行儀の良いアイルランドの応援と、
ラグビー界では異質のアルゼンチンの陽気でノリの良い応援スタイル。
どちらもその国の文化です。



NZやアイランダー諸国のハカも含めて、
ラグビーにはサッカーにはない独特の楽しみがあります。
そんな要素も包含して最高の闘いを楽しんでいきたいです。

ラグビーWカップ 準々決勝レビュー②(NZ VS フランス)

ラグビーWカップをスカパーのTV中継で観戦しました。
準々決勝2試合目のレビューです。



■ ラグビーWカップ2015 イングランド大会 準々決勝
ニュージーランド(プールC1位) VS フランス(プールD2位)
2015/10/18(日) AM4:00キックオフ(日本時間)
ミレニアムスタジアム(ウェールズ・カーディフ)



前回2011年大会の決勝(8-7でNZの辛勝)や
2007年大会の準々決勝(18-20でNZの逆転負け、しかも会場はミレニアムスタジアム)
等があり、因縁の対決と言われた今試合。
ことWカップ、特に決勝トーナメントに入ると不思議な底力を発揮するフランス。
NZは、その影響力が顕著で相性が悪い印象が大きかったのです。



この決戦、
フランスは何故かセカンドジャージの赤、レ・ブルーの青いジャージでなく違和感有り。
オールブラックスの注目のハカは・・・やはり『カパオ・パンゴ』。
NZにとって、特別な試合であり意気込みが感じられます。
気合十分、カッコいいです。



ところが今回、蓋を開けてみると・・・
試合結果は・・・62-13(前半:29-13) と戦前の予想に反してオールブラックスが圧勝!
後半はフランスを零封。



合計9トライを奪いフランスを圧倒しました。
スクラムトライやドライビングモールによる力ずくのトライは一つもなく、
チャージダウンやターンオーバーからのカウンター攻撃によるトライ等、
ほとんどがオープン攻撃による美しいトライでした。



FW、BKともにハンドリング技術のスキルが高い!
少しぐらいの乱れを物ともせずにパスを繋ぎます。
柔軟で変化自在、どこからでも誰でもトライが取れます。
カーター、ノヌー、SBWなどオフロードパスやキャッチングスキルが絶妙。



フロントローは、あの体格で素早く走り回り、ロック陣は高く力強い。
マコウ、カイノの両フランカーは、抜群の強さと攻守のバランス。
NO8のリードを含めたバックローは正に世界最強です。



A・スミスとカーターのハーフ陣はクレバーでクイックネスも抜群。
ノヌーとC・スミスの両センターも力強く、最高のパフォーマンス。
FBのB・スミスに危ない場面は少なく盤石の試合。



そして何と言っても目立ったのは若き才能、タイプの異なる両WTB。
14番ミルナースカッダーは、剃刀のようなキレ味、抜群のステップでトライをゲット。
11番怪物サベアは圧巻のハットトリック。
190cmを超える迫力の巨体は、伝説のWTBロムーを彷彿させます。



フランスディフェンス3人をなぎ倒して決めた2本目のトライは、今大会の目玉シーン決定。
後半、左サイドを疾走した3本目の独走トライも圧巻。
ボールを抱えるのではなく片手で掴み、両手を振り回しながらあのスピードで駆け抜ける。
誰にも止められません。



フランスは後半立ち上がりの攻勢時間帯に、ラックのラフプレーでのシンビンが痛恨でした。
後半は想定外の大差がつき、心が折れてしまいましたね。
失意の敗退となりました。



準決勝、 南ア VS NZ。
南半球永遠のライバル、優勝候補同士のビッグゲーム。
実力伯仲の激戦を期待します。

ラグビーWカップ 準々決勝レビュー① (南アVSウェールズ)

ラグビーWカップをスカパーでTV観戦しました。



ジャパンは、健闘むなしくベスト8進出ならず・・・先日、日本へ凱旋帰国。
国内は久しぶりのラグビーブームとなっておりますが、このまま人気が継続し、
ラグビー界全体が活性化していくことが望まれます。



さてWカップ。
日本が去り、地元イングランドも死の組プールAを突破できずに敗退しました。
しかし概ね強豪国がベスト8に勝ち残り、いよいよ最高の楽しみ・興奮が始まりました。
決勝トーナメントの最高レベルの試合を観ずして、ラグビーファンとは言えません。
そこで簡単に準々決勝4試合をレビューしておきます。



■ 準々決勝①
南アフリカ(プールB1位) VS ウェールズ(プールA2位)
2015/10/18(日) AM0:00キックオフ(日本時間)
トゥイッケナム(イングランド・ロンドン)



試合結果は・・・23-19(前半:12-13)で南アが辛勝。
レベルの高い大激戦の好ゲーム、これぞWカップ。
シーソーゲームを何とか制し、南アがベスト4に進出しました。



率直な印象は、やはり強いチームには良いキッカーがいますね。
南アのポラード、ウェールズのビガー 両チームのSOが好キックを連発。
強豪同士の試合はお互いにディフェンスが強く、なかなかトライを奪えずロースコアになりがち。
自陣でのペナルティ過多は致命傷になります。



前半からウェールズが格上の南アに対して、粘り強いディフェンスで対抗しクロスゲームへ。
前半半ば、SOビガーが自ら上げたハイパントをキャッチしてパス、トライへ繋げたビッグプレー。
前半終了間際のDGや後半の正確なPG等、ビガー選手は獅子奮迅の活躍でした。
それだけに後半33分ビガーが選手交代した直後の逆転トライは、ショックだったでしょう。
キック前の落ち着きのないルーティンも含めて、強烈なインパクトを残してWカップを去りました。



一方の南アフリカ。
一次リーグ初戦のジャパン戦敗戦のショックから立ち直り、優勝候補として覚醒。
このウェールズ戦ももう少し圧倒するかと思いましたが、やはりWカップ、簡単にはいきません。
しかしこのような激戦を制したことが、今後の戦いに良いのでは・・・と感じます



後半35分、18-19の1点ビハンド、敵陣深くのスクラムからNO8がブラインドサイドをアタック。
オフロードパスからSHデュプレアがインゴールへ飛び込み逆転トライ!
値千金の見事なプレイ、決勝点となりました。



デュプレア選手は前回Wカップ後の2011年からサントリーでプレイしていますね。
こんな世界的名手をトップリーグで観られるなんて凄い事。
王者NZと激突する準決勝も非常に楽しみです。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。