酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三四郎 朝日新聞106年ぶりの再連載が終了

3/23(月)、朝日新聞で連載されていた新聞小説『三四郎』が終了しました。
106年ぶりの再連載だったそうです。



sanshirou
2014/10/1~2015/3/23の再連載、全117回。
3/24、25に読者の反響を上下2回、3/26、27に識者の『私と漱石』を上下2回掲載。
様々な感想、見方、解説等が寄せられ、興味深かったです。



私の感想は・・・とても好きなタイプの小説でした。
いわゆる青春小説で明るく、とても爽やか。
地方の高校を卒業して上京し、大学に通う主人公の三四郎。


東京で経験する恋愛、友情、先輩や教授との関係、学問、社会情勢等・・・
自分の大学時代を思い出します。
およそ25年ほども昔のことですが・・・(笑)


初めて経験することが多く、全てに迷いながら決断し進んでいった記憶がよみがえります。
アパートで一人暮らしをしながら、サークル、アルバイト、勉強など青春を謳歌しました。
煙草やお酒を覚え、数多くの失敗をしながら学生時代を過ごし、就活後に就職。


大学時代の4年間は、一番読書をした時期でもありました。
ビジネス書では、落合信彦、本田宗一郎、堤義明氏などの書籍を。


小説では当時大ブームの『ノルウェイの森』も。
純文学では、太宰治、芥川龍之介、坂口安吾などを文庫で。
当時、なぜか夏目漱石を読みませんでした。
映画館やレンタルビデオで映画も数多く鑑賞。


本当に多くの自由な時間を与えられていて、自分次第でどのようにでも
進んでいくことができたのです。
自由の裏には大きな責任を伴うことも学びました。


世の中における自分自身の存在意義を深く考え込んだり・・・・・
哲学者の心境に少し共感できた瞬間でもありました。


三四郎に出てくる『ストレイシープ』という言葉、『迷える羊』
今も昔も、特に若者は迷いながら時代を生きていくのですね。


100年以上経っても小説の世界観は全く古臭くなく、それどころか瑞々しい。
小説の最後、決してハッピーエンドではないのですが、読後感は爽やか。


4/1からは『それから』の再連載が始まります。
三四郎の続編ともいえる小説とのこと。
これからも引き続き朝の楽しみが続くことになりそうです。

スポンサーサイト

J1昇格記念 山雅ビールを愉しむ

先日、家飲みでビールをいただきました。
松本山雅FCのJ1昇格記念バージョン一番搾りです。
近所のスーパーデリシアで購入。



j1 syoukaku kinen1
チキン南蛮、スモークサーモンのバケット、ソラマメ焼き等とともに。
最近の妻の新レパートリーであるチキン南蛮が美味。
ビールが益々進みます。


j1 syoukaku kinen2
嬉しいJ1昇格記念の限定パッケージ。
3/22(日)には、アウェイ清水戦でJ1初勝利をあげた松本山雅FC。
この勢いで謙虚にひたむきに、J1で旋風を起こしていってほしいです。

キリン一番搾り 絶対もらえるキャンペーン 届きました!

先日、キリンの『一番搾り製法こだわり体験キット』が届き、美味しくいただきました。
絶対もらえるキャンペーンということで、一番搾り各種の72本分を飲み、
空き缶のシールを72枚ハガキに貼って2月に申し込みました。



ichibanshibori 20150322 1
やっと到着しました。
4種類の一番搾りとテイスティンググラス、麦芽、ホップが梱包されていました。



ichibanshibori 20150322 2
ビールの製造工程。
勉強になります。



ichibanshibori 20150322 3
グラスに注がれた4種のビール。とても旨かったです。


実物の麦芽とホップは初めて見ました。
ホップはまさにビールの香り・苦み。
麦芽は香ばしい良い香りと甘さがとても美味しい。
麦芽がこんなに旨いとは・・・・・感激です。



ate 20150322
この日のアテは・・・モツ煮込み、きんぴらごぼう、アスパラなど。
全てビールとの相性は抜群!
貴重な体験キットをいただき、キリンさんには感謝感激の夜でした。

アトレティコ・マドリーがレバークーゼンを破りベスト8へ!

スカパーでサッカーをTV観戦しました。


■ UEFA CL 2014-15 決勝トーナメント1回戦 セカンドレグ
アトレティコ・マドリー VS レバークーゼン
2015/3/18(水) AM4:45キックオフ(日本時間)
ビセンテ・カルデロン(スペイン・マドリード)


この試合の結果は・・・1-0(前半:1-0)でホームのアトレティコが勝利。
得点者:マリオ・スアレス


2試合合計1-1のドロー、アウェイゴールも差がなく延長戦へ。
その延長戦も0-0で決着がつかずPK戦となり、3-2で辛くもアトレティコが勝ち抜け。
昨シーズンファイナリストの意地を見せました。



両チームともハイプレスから縦への速い攻撃が持ち味で、
闘志を持ってファイト出来るとても似たカラーのチームです。



試合は予想通り、序盤からインテンシティの高い白熱した好ゲームに。
双方ともに前線からのハイプレスと、中盤を省略した縦へのロングパスで速攻を仕掛けます。
特にロジャー・シュミット率いるレバークーゼンは、相手ボール時に5~6人が囲い込んでアタックし、
ボールを奪取しようとします。


その姿はまさに『刈り取る』といった表現がピッタリ。
ラグビーのFWの集散を彷彿とさせます。


しかし前半27分、アトレティコはFKからのこぼれ球をマリオ・スアレスがミドルシュート。
DFの足に当たってコースが変わり先制点をゲット。
試合の主導権を握ります。


監督シメオネの熱い魂とカルデロンの熱狂的なサポーターに後押しされ激闘。
試合後半や、延長戦はアトレティコが圧倒していく展開に。



最後のPK戦は両チームの5人目、トーレスが決めキースリンクが外して決着。
アトレティコはホームのカルデロンで戦えたアドバンテージがありましたね。


各PKキッカーはゴールマウス内の上部を狙ってキック。
たとえGKにコースを読まれても決めていました。
上を狙うのは理にかなっていますが、勇気と技術力が試されます。
キースリンクも最後はゴール上枠外に外してしまいました。
プレッシャーに負けた印象です。



とは言え、シュミット率いるレバークーゼンは衝撃的で本当に強く良いチームでした。
今季はここで散ってしまいましたが、その闘い方は強く胸に刻まれます。


レバークーゼンの韓国代表ソン・フンミンも2列目左で先発。
そのスピードとフィジカル、テクニック共に充分通用していました。
この舞台、雰囲気で戦える立場に羨望を感じます。



この試合はバイエルンのグアルディオラも偵察に。
こういったヨーロッパの真の一流の舞台で活躍する日本人選手が、
もっとたくさん出てきて欲しいと切に願います。

アルウィン開幕戦 松本山雅FCはサンフレッチェ広島に惜敗

3/14(土)、妻と二人でアルウィンへサッカー観戦に行きました。
いよいよ松本山雅FCのJ1ホーム開幕戦。
キックオフ時間が19:00で、かなり寒いことが予想されたので、
娘二人は妻の塩尻市の実家に預かってもらいました。



■ 2015 J1 第2節
松本山雅FC VS サンフレッチェ広島
2015/3/14(土) 19:04キックオフ
アルウィンにて(長野県松本市)


結果は・・・1-2(前半:1-2)で山雅は惜しくも敗戦。
得点者:柏、森崎(広島)   オビナ(PK)



試合開始時の気温が2.4℃と予想通りの冷え込みの中でのキックオフ。
後半開始時は約0℃まで低下し、試合終了時はマイナスの気温だったかもしれません。
選手や観客の吐く息が白くとても寒かったですが、試合は白熱。
サポーターの熱い想いも伝わる熱戦でした。



yamaga beer 20150314
試合前に山雅ビール(大)と広島風モダン焼きをゲット。
もちろん帰りの運転は、妻にお願いしました。
他に焼きうどんやハラミ串焼き、牛タン串焼き等も購入。
腹が減っては戦はできません(笑)。



sato hisato 20150314
試合前アップ終了後の佐藤寿人選手。
さすがの貫録です。
試合中や前後に山雅選手や我々サポーターへの対応がとても友好的かつ紳士的。
妻が一気にファンになってしまいました。



yamaga 20150314
選手入場時の北側ゴール裏。
相変わらず素晴らしい雰囲気。



hiroshima 20150314
広島サポーター。
寒い中、遠路はるばるお疲れ様でした。
試合前、広島サポーターの方と少し話をしましたが、
『アルウィンは素晴らしいスタジアムですね。』とお褒めいただきました。
ありがとうございました。



obina 20150314
前半12分。
ホーム初ゴールはオビナ選手の同点PK。
これで2戦連続得点。



個人技やチーム力など圧倒的に勝る広島に対して、山雅は十分善戦したと思います。
負けましたが、前節の名古屋戦より内容は良かったです。
前半開始早々に個人技からあっさり先制されましたが、5分後よく追い付きました。
オビナ選手の得点時のアルウィンは最高潮に!



それだけに前半アディショナルタイムの直接FKからの失点は痛かった。
しかも、FKの蹴り直しだったので尚更です。
全体を通して主審のジャッジが不安定でしたが、両チームがフェアプレイに徹していたため
荒れたゲームにはなりませんでした。



広島の森保監督の言葉は対戦相手への敬意が感じられ、そんな指揮官だからこそ
佐藤を筆頭に選手の皆さんもとても紳士的なチームでした。
慣れない厳しい寒さの中、圧倒的な技術があり余裕を持って逃げ切られた・・・
そんな印象を持ちました。


昨年のジュビロ磐田戦や一昨年のガンバ大阪戦も観戦しましたが、
今回の広島が一番強くて巧いチームだと感じました。
特にDFライン。
GK林、DF水本、千葉、塩谷、MF青山など元・現日本代表がずらり。


他にもMF森崎兄弟や大エースのFW佐藤、若手のFW浅野などさすがのJ1チーム。
優勝を狙うチームの格やオーラが漂います。



そんなチームに対して松本山雅は、今できる精一杯のプレーで善戦。
後半残り15分くらいからの反撃・猛攻は熱を帯びサポーターの期待に応えた反撃です。
J2ならあれだけ押し込めばセットプレーで得点できましたが、さすがJ1。
簡単に点は奪えません。


両チームともに3-4-2-1の基本システムでしたが、山雅は押し込まれる展開が多く、
5-2-3の実質5バックにならざるを得ません。


・最終ラインが下がりすぎること
・ボランチ2枚の両脇を使われること
・前線3枚のプレスがはまらないこと(プレスがDFとボランチと連動していない)
・広島の個人技のドリブル突破に対してズルズル下がりすぎること
 (ペナルティエリア内に侵入される前に早めに潰せない)
・堅守速攻とはいえ、DFでマイボールになったらゆっくりボールをキープすることも必要では?
 (常に奪ったら即のロングボールやラグビーのハイパントのようなハイボールは博打勝負的)
 などなど・・・・・



私のような素人に指摘されなくても、反町監督は十分わかっているでしょう。
指揮官を信じて進むのみですが、改善できる点は修正してほしいです。
しかし山雅のイングランド的な泥臭い魂のサッカーは、大好き。
ブレない方針と走り負けない闘うスタイル、フェアプレイ精神でこれからも頑張ってほしいです。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。