酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14-15シーズン初滑り in木島平スキー場

12/27(土)、家族4人でスキーに行ってきました。
今シーズン初滑りです。
北信州木島平スキー場へ。


今年は例年になく12月から積雪が多く、この日も前日と当日朝の降雪で
絶好のコンディションでした。
11時ころから晴れて、気持ちの良いスキー日和。



kijimadaira ski141227 3
先日12/23に、ゼビオでスキーを20年ぶりに新調。
私は小賀坂の板にレクザムのブーツ、妻はディナミックの板にアトミックのブーツ。
妻の板以外は、全てシーズン落ちで割安にゲットできました。
やっぱりワクワクしますね。



ski 2014-15
妻は塩尻市出身で初心者ですが、かなり上達しました。
スキーの楽しさを分かってくれて嬉しいですね。
後半は、中級者バーンを滑れるように・・・センスあります。


kijimadaira ski141227 1
ペアリフトから。
美しい風景です。
この自然美もスキーの醍醐味。


kijimadaira ski141227 2
クワッドリフトから。
広いメインバーン。
雪質、メンテナンスも良く気持ちイイです。


娘二人も段々慣れて昨年の滑りを取り戻しました。
疲れを知らず、何回もリフトに乗って頼もしいです。
8歳と5歳ですが、今後どんどん上達するでしょう。


シーズン5回は最低目標で頑張ってスキーに来て、
これからも楽しんでいきたいものです。

スポンサーサイト

クリスマスをカヴァで乾杯

12/23(火)の祝日、我が家は一足早くクリスマスを祝いました。


cava2014 3
■ SOLER-JOVE CAVA BRUT
アルコール分:11.5%
原産国:スペイン カタルーニャ州


私と妻はカヴァで乾杯! 娘二人はシャンメリーで。
よく冷やしたカヴァが美味しい。
スパークリングの刺激、程よい辛みと酸味がスッキリしています。
クリスマスにぴったりですね。


妻の力作料理の数々もとても美味でした。
写っているのは、シーフードジュレ、上品なお味。


cava2014 1
サンタトマトの前菜、可愛いです。
トマトの中身は、クリームチーズやタルタルソース。


cava2014 2
タラのムニエル、野菜ソースが絶品でした。
かぼちゃのポタージュも甘くておいしい。


ほかにローストチキンなどとともに。
前日から下ごしらえしたチキンも味がしみ込んでうまかったです。
全て手作りで頑張ってくれました。
本当に感謝ですね。


家族みんなで楽しんだ夜でした。

日本酒 皇紀鷹 スッキリ辛口です

12/21(日)、家飲みで日本酒をいただきました。


koukitaka
■ 皇紀鷹 辛口
原材料:米、米麹、醸造アルコール
アルコール分:15%以上16%未満
蔵元:志賀泉酒造(長野県中野市)


鯛の香草焼き、切り干し大根、うどん等とともに。
冷やでいただきます。


香り・味わいはスッキリ、後口もキレがあります。
柔らかさといより硬派な日本酒という印象。
でも重い感じはしません。
日常酒として気軽に飲めます。


小布施のプチショップさんで芋焼酎と一緒に購入。
この日本酒について教えていただきました。
以前、この地で富田酒造として日本酒 『皇紀鷹』 を醸造していたとのこと。


その後廃業、志賀泉酒造さんと合資し、『皇紀鷹』を1タンクだけ醸造して
もらっているそうです。よってこの銘柄はとても貴重だと思います。
なかなか見かけないですものね。


全国的な有名銘柄は数多くありますが、地元の歴史ある地酒を飲めて幸せです。
これからも長野県産の銘酒をたくさん飲みたいものです。

映画 『天地明察』 私は好きです

WOWOWで映画を鑑賞しました。
1年以上前に録画していたものです。(2013/11)


天地明察 [DVD]天地明察 [DVD]
(2013/02/22)
岡田准一、宮﨑あおい 他

商品詳細を見る

■ 天地明察
原作:冲方丁
監督:滝田洋二郎
脚本:滝田洋二郎、加藤正人
音楽:久石譲
出演者:岡田准一、宮﨑あおい、中井貴一、松本幸四郎 他
2012年日本


原作は本屋大賞受賞作。
私は読んでいないのですが、おそらく映画より数段面白いと想像できます。


ただ、映画もエンターテイメントとして充分満足できる内容です。
演出上、過剰演出もあるが大衆狙いの映画としては仕方ないのか?


映画の内容は、時代劇、囲碁、算術、天文学・・・と一見地味な項目ばかり。
しかし物静かで知的な雰囲気は嫌いではありません。
特に天文学・・・暦、日食、月食、太陽、月、星   等の神秘  私はとても好きです。


コンピューターのない江戸時代に、このように算術・天文学を極めた人物がいたとは。
まったく無知でした。


日頃、何気なく使っている暦   考えてみれば凄いことです。
古今東西、様々な暦に世界は影響されてきました。
現代人は歴史や科学により正確な暦を使うことができて本当に幸せです。


この映画は小さな細部の稚拙な部分より、
壮大なテーマを取り扱ったことに敬意を表して観るべき映画だと私は思いました。
名優たちの演技を観るだけでも価値があります。
*宮﨑あおいは、いつも従順な妻役ばかりでちょっとつまらないですが・・・

ユナイテッド VS リバプール 低調なナショナルダービー

スカパーで久しぶりに海外サッカーを観戦しました。


■ 14-15イングランドプレミアリーグ 第16節
マンチェスター・ユナイテッド VS リバプールFC
12/14(日)13:30キックオフ(現地時間)  日本時間:同日22:30
オールド・トラフォード(イングランド マンチェスター)


結果は・・・3-0(前半:2-0)でホームのユナイテッドが完勝。
得点者:ルーニー、マタ、ファンペルシー


イングランドのナショナルダービーとも言われる今カード。
名門同士の注目の一戦。
しかし内容は、現在のヨーロッパトップレベルに比べて低調でした。
今の2強といえるバイエルンやレアルマドリーの背中は、遥か彼方と言えます。


昨季リーグ戦7位で今季のCL不出場のユナイテッドと、
先日まさかのCLグループリーグ敗退となったリバプールですから
順当でしょうか?


システムはユナイテッドが3-4-1-2(マタがトップ下、ルーニーとフェライニのボランチ)、
リバプールが3-4-2-1
(スターリングの1トップ、コウチーニョとララーナの2シャドー、ジェラードはボランチ)の並び。


双方ともにあまり連動性がなく、個人技に頼ったサッカーを展開。
特にリバプールは酷い。
3バックがほとんど機能せず、ユナイテッドのWBバレンシアとヤングにサイドを突破されます。


私の大好きなジェラードも衰えが隠せません。運動量が少なくチームの足枷に。
昨シーズン、リーグ制覇という千載一遇のチャンスを逃したことが悔やまれます。
怪物スアレスも在籍した13-14シーズンの惜敗が後世まで語り継がれるかもしれません。



一方のユナイテッドは、この勝利でリーグ戦6連勝。
3位に付けていて首位チェルシーを十分追える位置です。
ただ、サッカーの内容は凡庸。
新監督ファンハールを迎え、ビッグネームの新加入も多かった今季ですが、
けが人も続出し期待外れの印象も・・・


連携プレイが希薄で相変わらずサイドからの単調なクロスが多い。
守備陣が不安定、唯一GKデヘアの鉄壁の守りだけが救い。
この日もスーパーセーブを連発。(5~6回くらいは決定機を阻止)


それでもルーニー、ファンペルシーという真のワールドクラスのおかげで
何とか得点し勝利をゲット。二人は別格と言えます。
特にルーニーの献身的な動きとサッカーインテリジェンス。
どのポジションでもこなせ得点力も秀逸、素晴らしいです。


今後ディマリア、ファルカオ、ロホ等がチームにフィットしたらどうなるか。
ユナイテッドの方が若干楽しみな部分は残っているでしょう。


*最後に解説の戸田。
 今、一番信頼のおけるサッカー解説者だと思います。
 冷静、的確、具体的、分かりやすい。少ししゃべりすぎの時もありますが・・・
 
 以前、トットナムに在籍していたこともありプレミアの解説に最適任。
 現役時の熱いプレイスタイルからは想像もつかない紳士ぶり。
 私にはとても好印象で、これからも戸田氏の解説が楽しみです。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。