酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レアルマドリー VS FCバルセロナ エルクラシコをTV観戦

WOWOWのTV中継でサッカーを観戦しました。


■ リーガエスパニョーラ2014-15 第9節
レアルマドリー VS FCバルセロナ
10/25(土)18:00キックオフ(現地時間)  日本時間:10/26(日)AM1:00
サンティアゴ・ベルナベウ(スペイン・マドリード)


注目のエルクラシコ。
新戦力の多い今季の両チーム、注目の一戦でした。


結果は・・・3-1(前半:1-1)で、ホームのマドリーが快勝。
得点者:C・ロナウド、ペペ、ベンゼマ
    ネイマール


マドリーはロナウド、ベンゼマの2トップ気味の4-4-2。
負傷のベイルはベンチ外。
イスコを入れた中盤は、左からイスコ、クロース、モドリッチ、J・ロドリゲスの4人。
守備時、DF4枚とMF4枚がしっかりブロックを作り、バルサの攻撃を受け止め
得意のショートカウンターへ。


攻撃時はJ・ロドリゲスが右WGに開き3トップ気味に。
中盤はクロースがアンカー、イスコとモドリッチがインサイドハーフの4-3-3となる感じ。


開幕戦の頃は、中盤の3枚(J・ロドリゲス、クロース、モドリッチ)のバランスが悪く、
3トップも含めて誰が守備をするんだと・・・・・
チーム全体が前掛かりになり、リーグ序盤で早くも2敗しました。


最近は改善されつつあるようで、先週中CLアウェイのリバプール戦も3-0で勝利し好調です。
クラシコ前、リーガも首位バルサに勝ち点4差の3位まで浮上してきました。
完成された前年チームからディマリア、シャビアロンソが移籍しどうなるか心配されましたが、
J・ロドリゲス、クロース等の新戦力がだいぶ馴染んできた印象です。


そして今季のマドリーも、バイエルンと並ぶ屈指のタレント軍団。
チーム力さえ整えば、個人技、スピード、パワー、フィジカル等の攻撃力は圧倒的。
唯一GKのカシージャスだけが不安ですが・・・(今後、ナバスの出番はあるか?)



このクラシコもバルサに先制されましたが、
徐々に盛り返し前半のうちに追い付いたのが大きかったですね。
バルサのポゼッションにマドリーのショートカウンターはとても相性がよい。
しかし今季は、ポゼッションしようと思えばできるメンバーが揃っています。


サイドを突破し、少々ラフなセンタリングでも決め切れる3トップがいる。
又、相変わらずセットプレーの強さは強烈!
ロナウド、ベイルのFKはもちろんですが、クロースやモドリッチの高精度のCKから
CBのセルヒオラモスやペペ、バランがヘッドで決めるパターンも十八番。
指揮官アンチェロッティのもと、今後ますます調子を上げてきそうな雰囲気です。



一方のバルセロナは定番の4-3-3。
3トップは左からネイマール、メッシ、スアレスのビッグネーム!
コンビネーションがどうかは別にして、名前だけなら南米最強というか世界屈指の3人。
スアレスはWカップ噛みつき事件の4カ月出場停止からの復帰戦がクラシコ。
何か運命的ですね。


そのスアレスはさすがの順応力。
予想以上にバルサスタイルに適応していたように見えました。
前半開始4分、ネイマールの先制ゴールもスアレスのサイドチェンジからのもの。
ただスアレスに関しては、やや遠慮がちな動きにも見えました。
移籍初戦しかも長い出場停止期間明けなので仕方ない部分もありますが・・・


スアレスの適性ポジションは3トップの真ん中か?
ここには0トップ気味とはいえ世界最高の男メッシが・・・
昨季リバプールで得点王を獲りながら、スターリッジやスターリングを上手く使い、
若い二人をFWとして成長させた実績があります。
今後、試合を重ねるにつれて3人のクラッキの調和が見られるでしょう。


指揮官エンリケは、ラキティッチ、アルバではなくシャビ、マテューを先発に入れてきました。
前半バルサらしいパス回しでゲームを支配。
バルサ戦を観るのは久しぶりでしたが相変わらず上手いです。
バスケットのパス回しのように、味方にマークが付いていようがいまいが関係なくパスを出す。
J2とはレベルが違いすぎます。(Jの悪口を言っているのではありません)



バルサはグアルディオラが退官したこの2~3年、神通力というかオーラがなくなっている感じ。
確かに上手い、巧み。だがそれだけ。
何というか怖さがない。


小柄な選手が多くテクニシャン揃いだが、勝負強いイメージが湧かないです。
ここまでリーガ首位とはいえ強豪とあまり当たっておらず、
9月CLのサンジェルマン戦やこのクラシコのマドリー戦と真の強豪に2連敗。


ビッグマッチや一発勝負に弱く、CLでタイトルを奪還するのは相当に困難だと思われます。
(セットプレーや対カウンターの弱さが致命的)
シーズンの長いリーガを制覇するのが目標となりそう。



いずれにしても世界最高峰の戦いが観れてとても満足です。
日頃のJリーグ観戦にある 『現実の面白さ』 とは違った 『夢・理想の面白さ』 が
スカパーやWOWOWの世界のサッカー中継にはあるところが魅力です。

スポンサーサイト

新潟酒 鶴齢 芳醇清酒  海の幸とともに。

10/25(土)、家族5人で新潟県の直江津港へ海釣りに行ってきました。
夜は、釣果である海の幸を肴に日本酒をいただきました。



kakurei 1
■ 鶴齢 芳醇清酒
原材料:米、米麹、醸造アルコール
アルコール分:15%以上16%未満
蔵元:青木酒造(新潟県南魚沼市)


サヨリ、アジのから揚げ、サヨリの刺身、コハダの酢締め等とともに。
釣りの帰路、道の駅あらいで購入した鶴齢の普通酒を常温で。



kakurei 2
上立ち香は、とても穏やか。
一口含むと癖もなくスッといただけます。
辛口とのことですが、あまり辛さを感じません。
新潟酒らしいスッキリした味わい。
やや物足りないくらいの印象です。


お燗をつけた方が良さが出るかもしれません。
次回は燗酒でいってみましょう。




さてこの日の釣りですが、妻・娘二人と父も一緒に行きました。
長野県小布施町をAM3:45出発。
朝は暗く寒い!
娘たちは車中、グッスリでした。



20141025 1
AM4:45、 ホシノ釣具店へ到着。
仕掛け、エサ、コマセ等を購入し、トイレを拝借。ありがとうございました。


AM5:10頃、直江津港へ到着。
あたりは、まだ暗いです。


20141025 2
父と、妻、娘たち。
とても楽しそう。


父の一投目から豆アジをゲット。
その後、豆アジが連続しました。
先月はアジの群れを逃したので、みんな釣れてよかったです。



20141025 3
きれいなアジ。
子供でも簡単に釣れます。



tomizushi
AM11:00頃、釣りを引き上げて昼食は上越市の『廻鮮 富寿し』にて。



kai zukushi
貝づくし。
他にも美味しいお寿司をたくさんいただきました。



sayori
本日の釣果。 
サヨリ79匹、とても美しいですね。
から揚げ、お刺身、一夜干しで食しました。
上品でとても美味。



azi
豆アジ31匹。新鮮!
から揚げにちょうど良い大きさ。



konoshiro
地元の方から教わったコノシロ。
これくらいのサイズはコハダと言いますね。
酢締めでいただきました。



mezina hoka
メジナ、マゴチ、などなど。
ウシオ汁にて。



総合計127匹!
ファミリーフィッシングとしては上等でしょう。
快晴の中、海釣りをしてその海の恵みをみんなでいただきました。
とても楽しく、自然に感謝したい一日でした。

CL ASローマ VS バイエルンミュンヘン 1-7の衝撃的試合

スカパーのTV中継でサッカーを観戦しました。


■ UEFA CL 2014-15  グループE 第3節 
ASローマ VS バイエルンミュンヘン
10/21(火)20:45キックオフ(現地時間)  日本時間:10/22(水)AM3:45
スタジオ・オリンピコ(イタリア・ローマ)


結果は・・・1-7(前半:0-5)で、ローマが大惨敗!
得点者:ジェルビーニョ
    ロッベン×2、ゲッツェ、レバンドフスキー、ミュラー、リベリー、シャキリ


今シーズンのCLで最激戦区と目されるグループE。
シティとともにグループ突破を争う両チーム。
そしてここまでセリエA2位、ブンデスリーガ1位と好調同士の注目の一戦。


終わってみればバイエルンの強さばかりが目立ち、ローマはほとんど良さを出せませんでした。


今節屈指の好カード。
今のローマが最強バイエルンにどんなサッカーができるのか・・・そんな見所でした。
先日のリーグ戦、ユーベ VS ローマの激戦を観ましたが、
ローマがオリンピコで攻撃的なサッカーを展開できるか 注目の試合。


結論からいうと、ローマは監督、選手、サポーター含めて甚大なショックを受けたと思われます。
ある程度やれると自信があったはずですが、まさかホームのオリンピコでこの大惨敗とは・・・
ブラジルWカップ ドイツ VS ブラジル戦(7-1でドイツ勝利)を思い出した人も多いでしょう。


サッカーはゲームの流れで大差がつくこともあり、点差が実力差を表すとは限らないスポーツ。
大接戦の 3-0 もあれば、物凄い実力差の 1-0 の試合もあるのがサッカー。
しかし、この試合に関して言えば両チームの実力差に近いゲームといった印象。
もう一回やっても 3-0 ぐらいでバイエルンが勝ちそうな雰囲気。
10戦したら バイエルンの 7勝1敗2分け くらいのイメージか?


しかもバイエルンはベストメンバーといえるほど万全ではない。
(故障上がりのリベリーはベンチスタート、シュバイニーもハビマルも不在のメンバー)



ローマの4-3-3に対してバイエルンは、3-4-3、3-5-2、3-3-2-2ともいえる自在なシステム。
レバとミュラーの2トップ気味の前線にロッベンが右ワイドから仕掛け、ゲッツェもバイタルを攻略。
ラームはインサイドハーフとして動き回り、アンカーではシャビアロンソがゲームをコントロール。
ボアテングとアラバはスピード豊かに3バックを操り、守護神ノイアーは相変わらずの鉄壁ぶり。
隙がないっ!


前半開始9分のロッベンの先制ゴールが何より効果的でした。
右サイドからPAへカットインしてからのシュートはわかっていても止められない。
A・コールの守備対応は特別に悪くはなく、あの間合いで決められたらどうにもならない。
真のワールドクラスとは、このことをいうのでしょう。
以後前半はロッベン、ラームにローマから見た左サイドはズタズタにされてしまいます。


そしてキャプテンのラーム。
従来のサイドバックからアンカー、そしてこの試合は攻撃的MFと、抜群のユーティリティー性。
グアルディオラからの指導で、際限のない能力を開花された活躍です。


また、中盤の底からのシャビアロンソの抜群のタクト。
ロングパスやサイドチェンジの軌道はとても美しく、戦術眼・守備力含めて大正解の獲得。
レアルに行ったクロースのサイドチェンジも美しかったですが、
シャビアロンソの方がバランスや守備面の効果的な動きで貢献しています。


神、GKノイアーは言うに及ばず。
決定的なシュートを3本は止めました。しかも楽々と・・・
ジェルビーニョの1点はノイアーに責任はなくしょうがないです。



一方のローマはジェルビーニョが孤軍奮闘。
唯一可能性を感じさせましたし、あのスピードと突破力は並ではありません。
得点以外にも前後半にそれぞれ決定機があり、
特に前半に決めていれば少しは違った展開になった可能性があります。


ローマは前半開始からバイエルンにプレスをかけていきましたが、余裕を持ってかわされてしまう。
自分達の攻撃時にはGKからDF、そして中盤へ丁寧にパスを繋いでのビルドアップを試みますが、
ポゼッションではティキタカの本家に通用しません。
バイエルンの組織的な守備にボールを奪われ、ロングボールを蹴ればそこでも奪取されてしまう。
全くのお手上げ状態 でした。


この敗戦は、大変ショッキングで後まで引きずりそうです。
今週末のリーグ戦でしっかり立て直せるか・・・見ものです。
そして、セリエA全体への影響はどうなるのか?


リーグのUEFAランキングは4位まで下がり、近年の低迷が叫ばれて久しいセリエA。
昨シーズンのCLでイタリア王者ユベントスはGLさえ突破できませんでした。
2010年モウリーニョのインテル以降、ヨーロッパの舞台で活躍できないイタリア勢。


今試合の ローマ VS バイエルン。
おそらく日本のスポーツニュースで、この試合は取り上げられないでしょう。
(日本人選手が不出場だから)


ミランやインテルの名前(過去の名声)に騙されることなく、現在の情勢事実と公平な評価を
日本のメディアは報道していく義務と責任があります。
真の世界のトップとはどういうものか、それと比較してどうなのか・・・常にそういう視点が必要です。



視聴率や発行部数や人気取りのためだけに偏った報道をしていると、
ブラジルWカップの二の舞になると思うのは私だけでしょうか?

ドネア&ゴロフキン ダブル世界タイトルマッチ

WOWOWのTV中継でボクシングを観戦しました。



2大スーパースター ドネアとゴロフキンのダブル世界タイトルマッチ。


アメリカ時間:2014年10/18(土)  日本時間:10/19(日)
スタブハブセンター(アメリカ合衆国・カリフォルニア州)


解説はWOWOWではおなじみ、ジョー小泉さん、西岡、ゲストに村田。
このスタブハブセンターは、2年前に西岡がドネアに挑戦し敗れた会場とのこと。
あの戦いから既に2年ですか。感慨深いものがあります。
また、現在最強のミドル級王者ゴロフキン戦ということで、WBC同級8位の村田にとっても
見逃せない世界戦となりました。



■ WBA世界フェザー級王座統一戦
スーパー王者 ドネア(フィリピン) VS 同級王者 ウォータース(ジャマイカ)


結果は・・・6R KOにてドネアの完敗。
6R終了間際、ドネアは大振りの左フックをかわされた後、
ウォータースの右フック打ち下ろしを、まともにテンプルに受けダウン。 
そのまま立ち上がれず衝撃的な敗戦でした。


ドネアは5階級制覇した前試合も自らの負傷判定によるもので、全盛期の輝きが失われつつあります。
リゴンドーに判定負けして以降、そのカリスマ性に若干の陰りが見えるように思います。


この試合もスピード、キレ、パワーとも十分だったと思いますが、
動きがやや硬くコンビネーションが良くない印象。
得意の左フックも大振り・単発で見切られているようでした。
3Rに相手の右フックをまともに受け、ダウンして以降は一方的な展開。
劣勢な展開を焦って挽回しようと大振りしたところをカウンター気味に倒されました。


それにしても初めて見ましたが、ウォータースは良いボクサーですね。
これで25戦全勝21KO勝ち 完璧な戦績です。


身長170cmですがリーチは何と185cm。
左ジャブが鞭のように伸びてきてストレートのような威力。
又、両腕でガードを固めるとテンプルからボディまでしっかり隠れ撃つポイントがありません。
長い手足と短い上半身、天性のバネと破壊力。
加えてナチュラルウェイトでフェザー級で戦える適性。
見た目は細く見えますが筋肉量が多く、対戦相手は重く固い塊のように感じるのでしょう。


軽量級で、こういった黒人ボクサー選手の身体能力を目の当たりにするとアジア人は厳しいですね。
しかし、ドネア選手はあの西岡を倒したとても好きなボクサー。
階級をスーパーバンタムぐらいに落として再起してくれることを期待します。




■ WBA・WBC世界ミドル級王座統一戦
WBAスーパー王者 ゴロフキン(カザフスタン) VS WBC暫定王者 ルビオ(メキシコ)


結果は・・・2R KOでゴロフキンの完勝。
全く危なげなく、ゴロフキンの圧勝でした。


前日計量に失敗したルビオ選手が2階級くらい大きな体に見えましたが、問題にしませんでした。
ゴロフキンはベイビーフェイスに似合わないえげつないパンチ力。
TVで見る限り、特別なスーパーパンチを持っているように見えないですが、
全てにおいてオーソドックスで次元が高いようです。


何気なく撃つ左ジャブは、本当のストレート並み。
フィニッシュブローのテンプルへの左フックも、余裕を持ち相手を見て撃ちこんでいます。


これで31戦全勝28KO勝ち、世界戦12連続KO防衛。完璧すぎます。
現代ボクシングでは、全勝であることだけが最大価値・最優先事項とはいえません。
どんな相手と対戦し、どのように勝ったかその内容とストーリーが問われます。


世界一層の厚い歴史と伝統あるミドル級。
圧倒的な強さのゴロフキンを倒すべく、黒人選手はじめ能力ある選手の台頭と名勝負を観たいです。

信州小布施 六斎市  六川獅子舞を披露

10/18(土)・19(日)の両日、快晴の秋晴れの下、『信州小布施 六斎市』が開催されました。
私の所属する六川分館も10/19(日)に獅子舞を披露しました。


rokusaiichi
午後の部、一番手です。
大勢の観客に囲まれて披露。



koshino kagirohi
13:30より そば処 つくし にて慰労会。
快晴で暑かったため生ビールが最高でした。

その後日本酒を冷酒でいただきました。


■ 特別純米 越乃かぎろひ 百壽
朝日酒造(新潟県長岡市)


久保田で有名な朝日酒造さんの特別純米酒。
初めて飲む銘柄でしたが、とても美味。
香りも穏やかで飲みやすい。
しかし純米酒ならではのしっかりした味わいとすっきりしたキレの後口。


食中酒としてすいすいいけます。
締めに新そばも食しました。


20人ほどの宴でしたが、心地よい高揚感で楽しい飲食ができました。
これからお酒も肴もますます美味しくなり楽しみな季節となりますね。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。