酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱闘甲子園!  真夏の祭典が終わりました。

先日、夏の甲子園が終わりました。
高校野球が終わった途端、今週は急に秋めいた涼しさが続きましたね。


第96回 全国高校野球選手権大会。
今年の8/1に90周年を迎えた阪神甲子園球場で、多くの熱戦が繰り広げられました。



決勝戦は、大阪桐蔭 VS 三重。
2014年8/25(月) 13:00 プレーボール。
平日に満員の47,000人の大観衆。すごい熱気でした。
会社の昼休みに1回表裏の攻防のみをTV観戦。



夜の『熱闘甲子園』でダイジェストを観ました。
結果は・・・4-3 で大阪桐蔭の優勝!
夏は、2年ぶり4回目の全国制覇だそうです。
波乱が続いた今大会ですが、終わってみれば優勝候補の大阪桐蔭が勝ちました。



両校が死力を尽くした球史に残る激闘。


9回表、三重高校の攻撃。
1死から今井君、長野君の連続ヒットは鳥肌もの。
三重高校に対する応援が凄く、球場が揺れているようでした。
ゲームセットの瞬間、三重 今井投手がランナーとして3塁ベースを回ったところで
天を仰ぎ笑みを浮かべたシーンが印象的。


大阪桐蔭の選手が校歌斉唱でみんな泣いていました。
優勝候補として大きなプレッシャーがかかる中、豊富な練習量に裏付けされた見事な勝利でした。

大阪府大会の勝ち上がりが凄い。
準々決勝 VS 上宮。
準決勝 VS 履正社。
決勝 VS PL学園。

これだけの強豪ぞろいの中、夏の甲子園に3年連続出場。
すごい偉業です。
西谷監督は若いですが、すっかり名将の雰囲気。
『高校野球が最終目標ではない』 という素晴らしい指導方針。
選手の未来を見据えた大きな指導力で、プロ野球で活躍する選手を多数輩出し続けています。


大阪桐蔭は、2番に峯本君のような強打者を置ける布陣がすごいです。
1番キャプテン中村君、3番 香月君、4番 正随君と強力な上位打線が魅力。
ピッチャー陣も、例年に比べると見劣りしましたが、エース福島君が頑張りました。
特に7回のスクイズを咄嗟の判断で外した場面がポイントでした。



三重高校もエース今井君の気迫の投球が秀逸。
1番センターのキャプテン長野君もチームを引っ張りました。
三重高校の球場を揺るがす応援が凄く、好ゲームの決勝を演出。



今大会、北信越、東北勢の躍進が話題となりました。
我が長野県代表の佐久長聖も1回戦を突破。
ベスト4に敦賀気比(福井)、日本文理(新潟)が進出。
各県に有望な選手が散らばり、戦力の均衡化が進んでいます。



印象に残った選手。
・脇本君(健大高崎)・・・強打と俊足。野性味と礼儀正しさ。プロ間違いなし。
・平山君(健大高崎)・・・俊足、図抜けた野球センス。
・山城君(沖縄尚学)・・・球威と粗削りなスタイル。
・岸君(明徳義塾)・・・センス抜群の投球術。大阪桐蔭戦の9回一矢報いる2ランホームランは感動的。



甲子園に出場出来なかった実力者は、全国に数多いと思います。
高校球児の数は、初の17万人越えとのこと。
少子化の中、驚異的な数字です。



夏の甲子園大会は、もはや高校生の一全国大会ではなく、日本の文化となっています。
1回戦から決勝まで全試合を、NHK地上波で全国生中継する高校スポーツは他にありません。
それに応えるだけの魅力・感動・青春・郷愁などが、今大会にも満載。
改めて、高校野球っていいなー・・・と再認識した夏でした。


*『熱闘甲子園』スポンサーのミズノのCMが、昨年版に劣らず良かったです。
 また野球を始めたくなった元球児が、全国に多数いることでしょう。
 私も久しぶりにキャッチボールしたくなりました。

スポンサーサイト

サニアパーク菅平で大学ラグビーを観戦  青春真っ盛り

8/24(日)、キャンプ場をチェックアウト後、大学ラグビーを観戦しました。
夏の菅平で大学ラグビーを観るのは、3年連続。
この時期は各大学が夏合宿中で、練習試合が多数組まれています。



場所は、サニアパーク。
ラグビー場が5面、陸上トラック1面、マレットゴルフ場などが整備された総合運動場です。
ですが夏の菅平といったら、何といってもラグビーでしょう。
標高1300Mの涼しい高地で、各校が厳しい合宿をしています。
菅平はこの時期が、一番華やかで活気がありますね。




waseda teikyo1
■ 早稲田A VS 帝京A。(白:早稲田、水色:帝京)
ファン観客が一番集まっていたカード。
やはり早稲田ファンが多いです。



waseda teikyo2
早稲田ベンチ。
選手は皆、日焼けしてゴツイです。



meiji daito
■ 明治A VS 大東文化A
(紺:明治、白:大東文化)



keio hosei
■ 慶應A VS 法政A
(黒:慶應、オレンジ:法政)



王者、帝京を倒すチームはどこになるのか?
いよいよ大学ラグビーの新シーズンが始まります。
彼らの世代が、2019年ラグビーワールドカップの主力となっていきます。
ハイレベルな競争でレベルアップし、世界の強豪に立ち向かってほしいですね。

菅平高原で初キャンプ  親子で大満足!

■ 8/23(土)~8/24(日)、菅平高原へ家族4人でキャンプに行ってきました。
キャンプは中学時代の岩菅山登山以来で、30年ぶり。ほぼ初キャンプ!
妻も娘二人もドキドキでした。



sugadaira 1
■ 菅平高原ファミリーオートキャンプ場へ。
8/23(土)15:00頃、現地到着。
No46のオートサイトへ、レンタルテントを無事設営。
気分が高鳴ります。



sugadaira 2
後ろからは、こんな感じ。
全部で70サイトほどあり、この日は30組近く宿泊した模様。
ベージュがレンタルテント、グリーンが自前の簡易テント。



sugadaira 3
途中、40分ほど雨が降りましたが、夕食が完成。
トマトクリームパスタ、サラダ、ジャガバタ等をチリ産の白ワインで・・・・・最高です。
娘二人も、美味しいを連発。


夜半、雨上りの星空は想像以上の美しさ。
さすが1300M以上の標高です。
娘たちを寝かしつけた後、妻と二人で夜空を見上げながら、ビールをいただきました。
至高のひととき・・・結婚前のようです。



sugadaira 4
8/24(日)、朝は熱いカフェオレを。



sugadaira 5
30年ぶりの飯盒炊爨。
火力調整に四苦八苦。
隣の長女は薪を物色中、ご飯は、まだかなー。



sugadaira 6
白飯が無事炊き上がりました。軽いお焦げもあり、ほぼ満点の出来。
みんなで何もかけず白飯のまま、美味しくいただきました。
野外の青空の下で朝食を摂る。
それだけで御馳走です。



sugadaira 7
食後の川遊び中。
知らないお兄ちゃんの遊びに興味津々。



sugadaira 8
緑の芝、フリーサイトです。
おおむね天気も良く、家族みんな大満足のキャンプでした。
自然の解放感にとても癒されました。


妻も『キャンプってハマるね』との感想。
『みんなでまた、来よう』と一致した意見。
年に何回かキャンプに行こう!

サッカー日本代表監督 アギーレ就任に思うこと

およそ1カ月ぶりのサッカーの話題です。
ワールドカップブラジル大会も終わり、
今月はヨーロッパ主要リーグの新シーズンが続々と開幕しています。
新戦力や新チームが、どんな戦いを見せてくれるか楽しみですね。



さて、私はワールドカップ終了後、下記サッカー誌のレビューを読みました。
しっかりレビューすることによって、専門家の意見を聞き、自分の考えを整理する必要があるからです。


Number PLUS(ナンバープラス)98号 ブラジルW杯総集編 永久保存版Number PLUS(ナンバープラス)98号 ブラジルW杯総集編 永久保存版
(2014/07/24)
不明

商品詳細を見る


■ 1990年(大学1年時、読み始め)以来、私にとって定番のナンバー。
相変わらず写真が美しい。
躍動感溢れる写真がナンバー最大の長所と言える。
今号は、P98の奥田英郎氏のエッセイが秀逸。


ただ、内容は年々劣化しているように感じる。
簡単にいうと完全な商業主義!
ワールドカップ期間中、日本代表が敗退するまで表紙は4誌連続全て本田。


本田を表紙にすれば、にわかファンにも売れるのは、わかります。
ただ、代表は本田だけのチームではない。
ザッケーローニ監督や長谷部、チーム全体など表紙にすべき材料はいくらでもあったはず。
こういう報道姿勢が変わらない限り、今後の日本代表のためにはならない。
お願いしますよ、文藝春秋さん。




週刊サッカーダイジェスト増刊 2014FIFAワールドカップブラジルブラジルW杯大会総集編 2014年 8/20号 [雑誌]週刊サッカーダイジェスト増刊 2014FIFAワールドカップブラジルブラジルW杯大会総集編 2014年 8/20号 [雑誌]
(2014/07/16)
不明

商品詳細を見る


■ WSDの増刊号。
WSDは、年に数回買います。海外の現地記者の記事が多いのが魅力。


実は、私が勤務している会社内に、以前WSD編集部で編集をしていた社員(T君)がいます。
彼は、小学校からサッカー一筋。WSDは、大学時代のアルバイトから卒業後そのまま社員へ。
趣味をそのまま職業にしていたサッカーマニア。
私の周囲では、そのT君とアンテのにしちゃんが、同じレベルでサッカー談義のできる双璧です。



今増刊号ですが、写真の色合いが悪く細切れ写真も多いため、
ナンバーに比べてデザインセンスが悪い。
ただ記事内容は、ナンバーを凌駕する。


各64試合の詳細なレビューは秀逸。
ブラジルのスタジアム品評会や記者による滞在記など、独自記事が面白い。
日本代表の総括が少ないのは気になりますが・・・
私がベストマッチに挙げた試合が、各国の記者にも評価されていて満足。
(ブラジルVSメキシコ、ドイツVSガーナ、ドイツVSアルジェリア、ベルギーVSアメリカ・・・等)




さて、先日8/11に日本代表の次期監督にメキシコ人のハビエル・アギーレ氏が就任しました。
各種メディアの就任会見の報道や、Jリーグの視察の様子を見る限り、
とても期待できる監督に見えます。
就任会見での発言を是非、有言実行してもらいたい。


以下、要旨。


・キーワードは、『コミット』。
・よく走り、よいサッカーをし、勝利する・・・これが目指すサッカーである。
・A代表だけでなく、オリンピック代表やユース世代の育成にも関わりたい。
・将来性ある選手を選びたい。代表選手として国を背負う覚悟のある選手を選びたい。
・国内、海外すべての選手に代表の扉は開かれている。
・競争を重視する。一度選ばれたからといって、次回以降も長く選ばれるとは限らない。
・よく走れて、攻撃も守備も両方できる選手を選ぶ。
・GKも含めて11人全員で攻撃し、守備をするサッカーをしたい。
・守備をしっかり組織し、試合展開や状況に応じたサッカーをする。
・システムは4-3-3を基本とし、試合展開に応じて5-2-3や3-4-3など
臨機応変に対応できるチームにしたい。
・親善試合より公式戦を重視した選手選考・起用をしたい。
・代表の呼称は『何々ジャパン』ではなく『サムライブルー』が気に入っている。



発言内容にまったく異論はありません。
全て実行できたら、素晴らしい代表チームが出来るでしょう。
ただ、日本代表は、監督やコーチ、スタッフ、選手の努力だけで強くなるのではない。



就任会見でアギーレ監督の両隣に座っていた人物二人。
JFAの大仁会長と原専務理事。
物凄い違和感。ザッケローニと一緒に退陣すべき最重要人物と考えます。
幹部が変わらず、電通やスポンサー優先の興行運営はそのまま。
(早速、年内に6試合も国内での親善試合が予定されている・・・電通、キリン様様ですか?)
真剣にブラジル大会の反省・総括をした形跡がないのですが・・・
ファンの目を新体制に向けたいのですね。
レベルの低い報道しかできないマスコミも成長しないと、ファンも成長できません。



常に、是々非々で代表の試合、強化、選手選考、運営について
健全な議論をしていくことが最も重要なことだと思います。
アギーレ監督の手腕に期待しながら・・・・・

そば処 せきや  美味いそばと料理を堪能

8/15(金)、お盆休みで妻の実家の塩尻市へ帰省しました。
夜は、みんなで妻の親戚が経営しているお店へ外食に出かけました。



sekiya1

■ そば処 せきや (松本市井川城)
  夜は、 和だいにんぐ せきや    居酒屋になります。
  8年ぶりの訪問。お店も拡張されていました。



sekiya2

まずは、スーパードライの生、  夏は、やっぱり生ビールですね。
お通しのナス焼きと馬刺し。どちらもとても美味。



sekiya3

つくね、ハツ、砂肝。 全て塩で。



sekiya4

手羽先、ささみのチーズ焼き、レバー、つくね。 タレで。



sekiya5

締めは、十割そば。



他にも山賊焼き等 たくさんの料理や、日本酒(七笑)までいただきました。
どれもみな美味しく大満足。
ご馳走様でした。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。