酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BCL 信濃VS群馬 グランセローズついに首位!

4月27日(日)、家族4人で野球を観に行きました。


■ BCL前期公式戦
 信濃グランセローズ VS 群馬ダイヤモンドペガサス
 2014年4月27日(日)13:05 試合開始
 中野市営野球場


プロ野球の独立リーグを初めて観戦。
地元グランセローズは今季、新たにあの大塚を監督に迎え好調のようです。
小布施に近い中野市営野球場での試合に、マックでお昼のハンバーガーを購入し、いざ観戦。
1500人を超える観客が入ったそうで、球場は良い雰囲気でした。


BCL1
来場者のお目当ては、おそらくこの人。
ラミレス選手!

ヤクルト・巨人・DeNAで活躍した、あのラミレスです。
2000本安打を達成した人気と実力を兼ね備えた名選手。
今期から打撃コーチ兼任で群馬に加入していたようで、すごいことです。


ベンチ上からだと、すぐ5メートル前にラミちゃんがいて、みんなに気さくに手を振っていました。
さすがスーパースター。雰囲気が違います。
びっくりするほど背は高くないですが、肩や胸回りがゴツイ!
下半身もどっしりしていて、これら全てがパワーの源になっている感じ。


信濃の主砲バルデス選手とのホームラン競争が試合前に開催されました。
10スイング中、7-5でラミレス選手の勝利。
両選手とも、軽々とスタンドに運びます。
パワーが違いますね。



ところで、試合結果ですが・・・9-8で信濃の勝利。
これでグランセローズは、上信越地区の首位となりました。


実は、当日は会場が晴れて暑く、娘たちが帰りたいと言ったので、2回裏途中までの観戦でした。
私のスポーツ観戦に無理についてきたので仕方がないですね。
ただ、初回、ラミレス選手のレフトへの場外ホームランを生観戦できたので満足です。
物凄い当たりと綺麗な放物線のホームランでした。



BCL2
会場には、信濃守護神のセロン様が。



BCL3
群馬のチームバスのイラストは、あだち充さんです。
さすが群馬出身ですね。


これからも、たびたびBCLを観に行きたいと思います。

スポンサーサイト

我が家でBBQ エビスで乾杯

昨日4月26日(土)、我が家の庭でBBQを開催しました。


yebisu 500


■ エビス(サッポロビール)
原材料:麦芽、ホップ
アルコール分:5%


久しぶりの通常エビス。
やはり美味いです。
口に含んだ瞬間、麦芽の旨味が存分に感じられます。
苦みとコクのバランスが最高!


いわゆる大手メーカーのプレミアムビールでは、一番好きなエビス。
しかし、いつもエビスとはいきません。
飲みたいのはやまやまですが、何せお値段が・・・


GW初日、天候は最高。
BBQの肉やシーフードとともに美味しくビールを楽しんだ夜でした。

純米 夜明け前 辰野の銘酒

4月24日(木)、日本酒をいただきました。


junmai yoakemae

■ 純米 夜明け前
原材料:米、米麹
アルコール分:15%以上16%未満
精米歩合:60%
蔵元:小野酒造店(長野県上伊那郡辰野町)


父、かみさんと常温で。
スズキの刺身、タラのホイル焼き、長芋とキノコの和え物などとともに。


一口いただくと、すっきり飲みやすい。
純米だがキレがあり、綺麗な印象のお酒です。


上伊那辰野の銘酒『夜明け前』。
先日、上田の地酒屋宮島さんで購入した一本です。
かみさんの実家は塩尻市のため、辰野にもやや近く、馴染み深いお酒とのこと。


今回は、かみさんが日本酒を飲もうと希望しました。
芋焼酎だけでなく、日本酒の美味さにもはまったのかもしれません。

王者 山中慎介V6 左の豪打炸裂!

日テレにてボクシングのW世界戦を観戦。


■ WBC世界バンタム級タイトルマッチ12R
王者山中慎介 VS 同級3位シュテファーヌ・ジャモエ(ベルギー)
2014年4月23日(水)
大阪城ホール


元同級王者の辰吉も観戦に来ていました。


結果は・・・9R11秒TKOで王者山中が6度目の防衛に成功!
これで5連続KO勝利。
フィニッシュブローはボディへの強烈な左ストレート!


山中の試合はWOWOWで放映されることも多く、実力のわりに名前が知られていない印象。
リーチが長く、懐が深い。
細身だがスクリューの効いた左ストレートが強烈。


2013年のプロボクシング日本年間最優秀選手。
言動もとても紳士的。
細身のスーツを着るとプロボクサーには見えません。


この試合も序盤から圧倒。
2Rには、左ストレートで最初のダウンを奪う。
ガードの上から顔面にねじ込み、ジャモエが体ごとロープに吹っ飛びました。
日本人の試合では山中以外では、あまり見られないダウンシーンです。
(Sフェザーの内山選手もいますね)


山中は試合途中、フリッカースタイルを交えるなど余裕の展開。
左ストレートを上下に打ち分け、ダウンをトータルで4回取りました。
しかし、挑戦者のジャモエは打たれ強く、何度でも立ち上がります。
負けた試合後の態度も友好的で、とても勇敢で良いボクサーでした。


山中は、もう少しジャブやフックを交え、変化をつければなお最強となるでしょう。
あまりにも左が強烈なため、常に半身構えで一発狙っているような戦い方。
この先、統一戦や2階級制覇・・・
そしてラスベガスでタイトル戦を実現するために、さらに高みを目指してほしいです。
(MGMグランド・・・いいですね)



*この試合前、もう一つの世界戦。

■ IBF世界Sバンタム級タイトルマッチ12R
王者キコ・マルチネス(スペイン) VS 同級13位長谷川穂積


結果は・・・7R1分20秒 TKOで王者が防衛。
内容は長谷川の完敗。力の衰えを感じさせる内容。
健闘したのは、1R最初の2分ぐらいまで。
パワーファイターである王者の圧力に終始、圧倒された試合でした。


長谷川は、WBCバンタム級を連続10回防衛。
WBCフェザー級タイトルも奪取し2階級制覇。
これだけの実績を残した元名王者のラストゲームになるかもしれません。


レフェリーに試合を止められた後の、血だらけの微笑みの表情が忘れられません。
全てをやりきった心情だったのでしょうか。
ボクシングの面白さ、美しさを教えてくれた偉大な王者でした。
引退も含めて去就は分かりませんが、今までありがとう、お疲れ様でした と言いたいです。

久しぶりの一刻者 すっきり美味い焼酎

4月20日(日)、芋焼酎を飲みました。

この土日、私の住む自治会では春の例大祭が開かれ、
天候にも恵まれ無事終了となりました。

私は獅子舞の太鼓を担当しております。
2日間、たくさんのビール・日本酒をいただき、かなり酔いがまわっております。


ikkomon

■ 一刻者(芋焼酎)
原材料:さつま芋、芋麹
アルコール分:25%
蔵元:小牧醸造(鹿児島県薩摩郡さつま町)


帰宅して、締めの一杯となりました。
お湯割りで。
枝豆、ワラビのおひたし(今年初物!)とともに。


久しぶりに飲んだ一刻者。
全量芋焼酎を謳っていて、芋麹を使用しているそうです。


口に含むと芋本来のふくよかな甘さがあり、後から僅かな辛みが追ってきます。
すっきりと美味い焼酎です。
焼酎は、ちびちび飲めるのがイイですね。


父が山で採ってきた今年初物のワラビをいただきました。
これぞ春の恵み、優しい苦みが口に広がり幸せな気分となりました。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。