酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猛暑日に爽やかなハイボールを

7/19に梅雨が明けて以来、信州も猛暑が続いております。
近年は、最高気温が35℃を超えることも珍しくなく酷暑と言えます。



この日、8/2(日)も長野は35℃超え。
朝から娘二人を連れてサマーランド(須坂市)へ行き、プール遊びを満喫しました。
水温30℃の中、14:00過ぎまで気持ちよく水遊び。



帰宅後、みんなで昼寝をし夕食をいただきました。
子供たちの大好きなエビフライ、カボチャサラダ、枝豆等を堪能。
もちろん、大人はビールを飲み干します。



20150802
その後、ハイボールを。
サントリーの 『角ハイボール 濃いめ』
アルコール分9%ですが、軽くいけます。



よく冷えたソーダ割りが夏に合います。
ハイボールは、ほとんど飲まないですが、暑い季節にピッタリですね。
ミックスナッツ、ドライマンゴーとともに。



この缶入りハイボール。
愛媛・松山の老舗バー 『バー露口』のマスター露口さんが監修されたそうです。
太田和彦さんのTV番組で紹介されていました。
本格バーで飲むハイボールもよさそうです。
今度やってみましょう。

スポンサーサイト

グレンフィディック12年をゆっくり味わう

12/6(土)、家飲みでウィスキーをいただきました。


glenfiddich12
■ グレンフィディック12年
原材料:モルト
アルコール分:40%
原産国:スコットランド


妻と二人、オンザロックにて。
ナッツ類とともに。


この日は、ビールを愉しんだ食後にウイスキーをゆっくりと。
じっくり味わいながらいただきました。


グラスに注いだ明るめの綺麗な琥珀色。
香りは穏やかに広がります。
味わいは、ほのかな甘みを感じ、後口の渋味・辛味はきつすぎずバランスが良い。
飲みやすく美味しいですね。


グレンフィディックは世界一の売上のシングルモルトだとか。
シングルモルトのパイオニアであり、クセが無い味わいが人気なのでしょう。


NHKの朝の連ドラで『マッサン』の影響もあり、ウィスキー人気が復活しつつあるそうです。
偉大な先駆者の皆さんのたゆまぬ努力のおかげで、
現代は日本でも美味しいウィスキーが飲めます。


『香りの芸術品』、『命の水』と呼ばれるウィスキーをいただける
幸せに感謝して、これからも愉しんでいきたいものです。

ザ・マッカラン12年 香り豊かなスコッチを

7/27(日)、家飲みでスコッチをいただきました。



macallan 12

■ ザ・マッカラン 12年
原材料:モルト
アルコール分:40%
産地:スペイサイド(スコットランド)


妻と二人、ストレートで。
ドライフルーツとともに。


『シングルモルトのロールスロイス』とも言われるスコッチの代表格、ザ・マッカラン。
その中でも代表的な12年を久しぶりに味わいました。


グラスに注ぐと、シェリー樽熟成の甘く華やかな香りが広がります。
琥珀色も美しい。


ストレートでちびちびと。
一口ずつ舌全体に転がし、鼻に抜ける香りを愉しみながらゆっくりと・・・
マイルドで果実のような甘味を感じ、余韻は軽い渋みが追ってくる。
味、香りともきつすぎず上品なので、女性にも比較的飲みやすいと思います。
妻は、途中からロックにしていましたが・・・


柔らかな甘さが、ドライフルーツととてもよい相性。
お互いの美味しさを引き立てます。
極上の時間。



この日は、新潟の親不知海水浴場に家族で行ってきました。
帰りにマリンドリーム能生で天然の生岩ガキを食べ、その美味しさは感動もの。
クルマの運転があるため海ではノンアルコールビールで我慢し、帰宅した夕食で待望のビールを。


その後、スコッチをゆっくりといただいたのです。
軽い疲労と、ほんのりとした酔いが心地良い気分でした。
とても満足な癒しの杯となりました。

ニッカ 余市 今宵はシングルモルトを・・・

5/3、ビールの後にウィスキーをいただきました。


yoichi
■ 余市 シングルモルト
原材料:モルト
アルコール分:43%
製造者:ニッカウヰスキー


オンザロックで、ナッツ類とともに。


穏やかな香り。
味わいも柔らかい。
余韻は、香ばしい辛さの向こうに、スモーキーさをほのかに感じます。


余市蒸溜所は開設以来、石炭直火蒸溜を続けているそうです。
手間やコストがかかり、技術的にも温度管理が難しいと言われています。


伝統を守るその頑固一徹さが、ニッカの良いところですね。
これからも末永く愛飲させていただきます。

ボウモア12年 ゆるりとシングルモルトを

今日は小布施町のバドミントン大会。
かみさんは分館の役員なので、選手の皆さんと慰労会に行きました。
私は、ひとりゆっくりとウィスキーを。


bowmore12

■ ボウモア12年(シングルモルト)
原産国:スコットランド アイラ島
原材料:モルト
アルコール分:40%

オンザロックで・・・チョコレート、ナッツと共に。


久しぶりのボウモア。
相変わらず、ピート由来のスモーキーな香りと味わい。
濃厚で、個性的。
スモーキーさと辛さの奥に果実系の甘み・酸味をわずかに感じます。


『アイラの女王』と呼ばれるそうですが、とても力強い印象のお酒です。
ゆっくり大人のお酒として楽しみました。
*ラフロイグは、さらに個性的と言われるので、今度試してみましょう。 

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。