酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本代表 サウジとの大一番を制す!

NHK BS1のTV中継でサッカーを観戦しました。
久しぶりの代表戦ブログです。



■ サッカーロシアWカップ アジア最終予選 グループB第5節
日本代表 VS サウジアラビア代表
2016/11/15(火) 19:35キックオフ
埼玉スタジアム2002(埼玉県さいたま市)



2-1(前半:1-0)にてホームの日本代表が勝利。
得点者:清武(PK)、原口   オスマン



日本がグループ首位のサウジアラビアとの大一番に勝利し、勝ち点10で並びました。
この結果、最終予選の前半5試合を終えて日本は3勝1敗1分となり、
サウジと勝ち点で並びましたが、得失点差で2位での折り返しとなりました。
勝ち点9のオーストラリア、UAEが迫り4チームが勝ち点1差内の大混戦です。



ホームでの初戦UAE戦を落としてから3勝1分けと数字上は盛り返し、
グループ2位での予選突破が射程圏内となりました。
来年3月から9月にかけて後半5試合が予定されていますが、
普通に戦えれば2位以内での予選突破は難しくないと考えます。



この勝利で国内メディアは選手の活躍やハリルホジッチ監督の采配を手放しで
賞賛しているようです。
はたして本当にそれでよいでしょうか?



相手は日本に勝ち点差3ポイントをつけグループ首位のサウジアラビア。
彼らにとってアウェイで同格の日本戦は勝ち点差を考えてもドローで充分。
特に前半は無理してこない=日本が攻勢になる展開は予測できました。
(実際には思ったよりベタ引きではなく前へ出てきました
 =日本を絶対的なアジアの強国とみなしていない証拠ですが・・・)



この試合、攻勢で決定機の多かった前半が0-0もしくは先制されていたらどうだったか?
あせりから試合展開がまったく異質のものになった可能性があります。
その意味で前半終了間際の清武のPK奪取は大きかったですね。



確かに今予選の中では良い試合をしたと思います。
プレッシャーのかかる決戦で勝利し勝ち点3を獲得したことは評価すべき点。
しかし日本代表はWカップ出場が目標なのか?
今回が初出場を目指すチームなら何も問題ありません。



第一にこの試合、一言で美しくない試合でした。
最終予選だから内容より結果が全て?
まず何故あんなにガチャガチャ試合が落ち着かないのか?
球際が激しい?ハイプレスが効いた?闘争心溢れるプレー?



それよりも基本的な技術の無さが目立ちました。
お互いがプレスを掛け合う展開でしっかりマイボールをキープしたり、
ワンタッチで繋いで相手をいなしていく技術。
強いパスをしっかりトラップし自分の思い通りに(手で扱うかのように)足元に収め、
周囲を見渡しスペースを見つけていくスキル。
空間を認知し相手の動きを予測し味方と連動していく動き。
次の展開(2手先、3手先 もっと言えばゴールを奪うまでを逆算する)を予測した頭脳。
アジアレベルは全てが未熟です。
(コパのチリVSアルゼンチン戦とは雲泥の差)



FWがPAへドリブル突破した数々のチャンス。
慌てて撃たずにもっと深く侵入し、GKの動きを見極めてシュートできないのか?
若い選手が実績を上げたくてシュートを撃ちたい気持ちはわかりますが、
周りにフリーの選手がいるのに見えていないシーンも散見されました。
(日本人FWがよくいわれる、我の強さがなく、遠慮して味方にパスを出してしまう
 悪癖とは異質の問題点)



要は技術力が無いから、敵に距離を詰められる前に撃っちゃえ という思考です。
同じことは中盤やDFライン、GKのパス回しにも言えます。
セーフティクリアも時と場合によります。
敵の動きの逆をとり、余裕しゃくしゃくでパスを回すことができません。
サイドチェンジの質も悪い。



基本的な技術力=正確なインサイドキック、インステップキック、トラップ、
ボールを持つ向き・姿勢、予測しながらの動き、カバーリング・・・等々の欠如。
技術力とは練習のノープレッシャー時の技巧ではなく、大舞台や悪ピッチコンディションや
敵からのハイプレッシャーを受けても如何に自分の意図したプレーが出来るか?
だと思います。



ヤベッチFCのリフティングコーナーはお遊び。
日本人の巧さはひ弱に感じます。
南米勢のような逞しさを感じません。
要は練習のための練習ではなく、試合に生かせる技術力の習得です。



もちろんザッケローニの頃と趣向が違い、縦に早いサッカーを目指しているのは百も承知。
しかし世界の強豪に弱者として向かうサッカーとは違います。
たかがアジアレベルで無双できない現日本代表。



過去には本大会決勝トーナメント進出が2回、6大会連続出場を狙うチームとして
評価したとき、そんなに浮かれていて良いのですか?  と言いたい。
グループ首位のサウジアラビア、そんなに強かったですか?
1990年代のアジアを牽引していたころのサウジのイメージが強い私には、
『思ったより大したことないチームだな』 と感じました。



前節のオーストラリアもそうです。
2006年や2010、2011年のチームの方が強くなかったですか?



アジアのレベルは右肩上がりとは、到底思えません。
韓国、オーストラリア、サウジアラビア、イラク、UAE・・・・・。
同じく日本代表の強さ、巧さは上昇どころか確実に減退しています。
2011年がピークだったのではないでしょうか?



これまで主軸だった本田、香川、岡崎が揃ってスタメン落ちとか 些末なトピックスです。
むしろ遅すぎ。
2014年Wカップの大惨敗の清算をしっかりしていないための現状。
なぜあの裸の王様、本田がいつまでも日本のエースと呼ばれ続けているのか?
2年前のこのブログで書いた問題提起が懐かしいです。



とは言え、抜擢に応え結果と内容を出した選手は素直に評価すべき。



何と言っても原口。
最終予選4戦連続ゴールは見事。
浦和にいたころの悪い意味でのやんちゃさが嫌いでした。
しかし、ヘルタに行って確実にレベルアップ。
外連味がなく諦めずにガムシャラ。
前線から自陣まで広範囲に驚異のハイプレス。
フルタイム走り切れる心身のスタミナは感動的ですらありました。
11月だから可能ですが、今後は夏場の試合で彼一人の走力に頼り過ぎるのはどうかと・・・



大迫。
現状の日本で一番ボールの収まるFW。
1トップらしい1トップ。
柔らかくかつ力強く、視野が広い。
もともとテクニックのある選手でしたが、いわゆる器用貧乏な印象でした。
何でもできるため、がめつくゴールに向かえないFW。
彼もドイツに行って逞しくなりました。



彼のところで確実にボールが収まり、タメが作れるので、2列目の選手やSBが前線に
飛び出しやすく、攻撃が活性化していました。
絶えずサウジDF最終ラインと裏抜けを狙った動きは上質な駆け引き。
センターバックを背中に抱え奮闘を続けました。



トップ下の清武。
彼も数年前より確実に進歩しました。
巧い選手ですが気持ちが弱く周囲に気を使うタイプ。
これまではPA内でパスを出すたびに、『なぜ自分で撃たない!』と叫んだシーンは数知れず。



この日はポジション取りが素晴らしくバイタルでの間受けが秀逸。
柔らかいトラップ、落ち着いたパス回し、セットプレーのキッカーとしての安心感。
PK時に落ち着いたキックでサイドネットを狙える技術。
技術に自信がないため、真ん中にズドンと蹴るしか能のない本田には
今後PKキッカーの役割を与えるべきではありません。



試合後半で負った左足首の負傷具合が心配。
今後、セビージャで是非レギュラーポジションを獲得してほしい。
今のセビージャでスタメンを張れたら本物です。



ハリルホジッチ監督は今後もフラットで公正な目で選手を選んでもらいたい。
今予選ひとまず一息をつける位置にいますが、これで監督解任論議は落ち着くのでしょうか?



近視眼的な見方でなく、長期的な視点、過程を積みあげていく道筋等
日本にサッカー文化が根付いていくかどうか という観点での報道をメディアには期待したい。
視聴率や発行部数が上がることも大切ですが、もっと本質的なことを突いてほしい。
日本サッカーを良くするために何が必要か みんなで考えていくことが重要です。

スポンサーサイト

サッカーU-23日本代表 リオオリンピック出場決定!

先日、サッカーのU-23日本代表がリオオリンピック出場を決めました。



■サッカーAFC U-23選手権 2016カタール大会
準決勝 U-23日本代表 VS U-23イラク代表
2016/1/26(火) 22:30キックオフ(日本時間)
アブドゥラー・ビン・ハリファ・スタジアム  カタール(ドーハ)



2-1(前半:1-1)で、日本が辛くもイラクを振り切り決勝進出。
これで6大会連続10回目のオリンピック出場が決定。
得点者:久保、原川   スアド・ナティク・ナジ



前半26分、左サイドを突破したFW鈴木の速いクロスをFW久保がスライディングシュート。
イラクDFの間にスピードを生かしうまく入り込み、貴重な先制点をゲットしました。
しかし前半終了間際、相手CKを鈴木が上手くクリア出来ず、混戦から同点ゴールを献上。
いやな流れで前半を終えました。



後半も、セカンドボールをイラクに拾われ苦しい展開。
日本選手のトラップが足元に収まらないところを狙われていました。
後半残り少なくなって切り札のFW浅野を投入。
90分で勝ち切ろうとする指揮官のメッセージが伝わり、
後半アディショナルタイムにMF原川の劇的な勝ち越しゴールが決まりました。



2-1で勝利しオリンピック出場が決まり、歓喜のU-23日本代表。
この世代はこれまで、各年代別のアジア予選を突破出来ず、世界大会を経験していません。
やっと同世代と世界でガチンコ勝負ができる舞台へ。



しかし、選手の小粒感は否めません。
一定の技術はあり、チームワークや規律性、持久力に長けた真面目なチーム。
しかし突出した個の力はなく、手倉森監督の手腕・チーム力で勝ち抜いた印象。
中2日や3日の厳しい日程や結果だけでなく育成を見据えたチーム作りが奏功。



主軸はキャプテン遠藤やDF植田など一部を除き固定せず、多くの選手を起用。
FW南野のように海外クラブ所属で名が売れていても、調子が悪いとみれば起用せず。
そもそも、代表23人に選出されなかった有名選手も数多い。
広島の野津田(負傷)、浦和の関根、鳥栖の鎌田、マリノスの前田 等・・・。



交代出場で出た選手が活躍することも多く、監督の目の確かさが証明された大会。
開幕前まであまり評価が高くなかった手倉森さんですが、一気に名を上げました。



1/28の朝日新聞には下記エピソードが載っていました。
2年前の監督就任当時、ロッカールームでユニフォームを踏み付けた選手に激怒。
若い選手を人間として一流にすることに腐心したそうです。
(2015/10の合宿中は総合病院の緩和ケア病棟を訪れた。)
日本代表は、東北の被災地など国民の希望とならなければならないことを意識付けた。




Jリーグが開幕した1993年以降に生まれた選手で構成されたこの世代。
物心付く頃からサッカーが人気スポーツで、用具や周囲の環境もよく苦労せず恵まれた世代。
テクニックはそれなりだが、野性的な強さやハングリーさ、突出した個の力もなく
この先の伸び代が心配されます。
どこか器用貧乏の貧弱さが見える印象。




ともあれ、良識と分別のある指揮官に導かれ世界への扉が開かれました。
この先、選手選考のサバイバルが予想され、夏のオリンピック本大会が迫ります。
今のメンバーでA代表のスタメンを張れそうな選手は見当たらず。
22歳くらいの選手がフル代表でバリバリ活躍してもらわなければ困ります。
キャプテン遠藤はグッドプレイヤーですが、彼がこの世代の旗頭であるところに限界も。



出でよ!
世界を震撼させる日本の若き才能。
チームワーク優先もイイですが、粗削りなタレントの出現も観たい。
この先の半年で、わくわくするようなチームになっていることを期待します。

なでしこジャパンの健闘を称える

サッカーの女子Wカップ カナダ大会が終わった。
私は、NHKのBS1を録画し7/6(月)の夜に観戦した。



■ サッカー女子Wカップ カナダ大会 決勝
なでしこジャパン VS アメリカ女子代表
2015/7/6(月) AM8:00キックオフ(日本時間)
BCプレイス・スタジアム(カナダ・バンクーバー)



結果は・・・2-5(前半:1-4)で、なでしこジャパンの敗退。
我らがなでしこは、宿敵アメリカに敗れ準優勝に終わった。



結果だけ見れば、確かに大敗で大惨敗ともいえる。
しかし、試合内容をじっくり見返してみるとそんなことはないと思う。



前半16分までの4失点が全て。
特に先制された直後の前半5分の2点目が痛かった。
アメリカ右サイドのFKから速くて低いボールを入れられ、またしてもロイドに決められた。
前半3分のCKから失点したパターンとほとんど一緒。



翌日の報道を見ると、日本はアメリカの低いクロスを少しは想定していた様子。
しかし、ラピノーの質の高いボール、ロイドのスピード。
選手個人の質・能力が日本の想定を超えたハイクオリティだったようだ。



しかも一番警戒していた相手のエースでキャプテンのロイド。
今大会のMVP候補。
2012年ロンドンオリンピック決勝でも圧倒的な2ゴールを決められた選手。
完全に勢いに乗せてしまった。



4点目のセンターライン付近から超ロングシュートが決まり、ロイドは早くもハットトリック。
ある意味、事故のような失点まで出現。
前半16分までは、アメリカにとって夢のような望外の展開でやること全てが好展開。
ほぼホームといえる大観衆も味方に付け、日本を完全に圧倒。



逆に日本にとっては、最悪の悪夢。
やること全てが逆張り。
長年サッカーを観ているが、実力伯仲のこういったビッグゲームで、
開始16分までにここまで一方的な展開になる試合を観たことがない。



昨年のWカップ準決勝、ドイツVSブラジルの7-1も衝撃的だったが、それ以上のインパクト。
まさに茫然自失とはこのこと。
CB岩清水なんかは、泣き出していてチーム全体が崩壊しつつあった。



前半16分で 0-4 。
実質、勝負は決した。



普通なら・・・男子なら・・・『試合は既に壊れている』状態。
諦めて空虚な時間だけが過ぎていくことが必至。



しかし、なでしこジャパンは諦めなかった。
大儀見の執念のゴールで1点を返し、前半を終えて1-4。
後半7分、オウンゴールで2-4として試合はわからなくなった。



故に宮間が言ったようにその直後の5失点目が本当に痛かった。
2-4のまま進めば、ひょっとしたら追い付いたかもしれない。
そんな想像をしてしまうほど、後半はなでしこが息を吹き返した。



後半20分以降は、なでしこが魂のサッカーを展開。
後半だけ観ていれば、どちらが勝者かわからない内容だった。
もちろん3点リードしたアメリカが無理をしなかった面はある。
だが、サムライブルーはあの境遇で同じサッカーができるだろうか?



なでしこ達の生命力、粘り強さ、ひたむきさ、力強さ、忍耐力、持久力、チーム力・・・等々。
あらゆる賛辞を並べても足りないくらい、彼女たちは頑張った。



大会前、私はベスト4に残れば大成功と思っていた。
決勝トーナメント、確かに組み分けにも恵まれたのは事実。
しかし運も含めて実力。
彼女たちの4年間の努力が運を引き寄せたのだ。



2011年Wカップ、2012年ロンドンオリンピック、2015年Wカップ。
3大会連続の決勝進出。
男子の大会規模や世界各国の層の厚さとは、比べ物にならないのは当然。



しかし現在世界の女子サッカーで、
なでしこジャパンがトップ4に入る実力を持っていることは明らか。
トップ3と言われるドイツ、アメリカ、フランスとの単純な実力差は、あるかもしれない。
しかし、サッカーはチームスポーツ。



チームワーク、組織力、連携、犠牲心・・・すべてが揃って結果が出る。
スーパースターを並べたからといって、チームが常に勝てるわけではない。
男子のアルゼンチン代表が典型。
昨年のWカップのドイツ、今年のコパのチリ。
屈した相手チームがチーム力に勝っていたことは、周知の事実。



なでしこの闘いぶりをぜひ男子の日本代表は胸に焼き付けてほしい。
選手や監督のもらっている報酬や待遇や環境の差。
自分たちの恵まれた環境に対して、男子代表の結果面での恥を感じてほしい。



本当になでしこジャパン選手の皆さんの健闘を称え、拍手を送りたい。
そしてWカップやオリンピックで一時的に盛り上がるだけでなく、
彼女たちの環境改善のための努力をJFAに望みたい。



*ラピノー選手のスポーツマンシップに拍手。
 選手としてサッカーセンス抜群の好選手だが、態度が超一流と感じた。
 キックオフ前の大儀見との握手、メダル授与の花道での熊谷への賛辞、
 表彰式後の川澄との写真撮影 等・・・。
 彼女のフェアプレイ精神の真髄をみて感動。

なでしこジャパン Wカップベスト4へ

先日、NHKのBS1 TV中継でサッカーを観戦しました。



■ サッカー女子Wカップ カナダ大会 準々決勝
なでしこジャパン VS オーストラリア女子代表
2015/6/28(日) AM5:00キックオフ(日本時間)
コモンウェルス・スタジアム(カナダ・エドモントン)



結果は・・・1-0(前半:0-0) なでしこジャパンが勝利し、ベスト4へ進出。
得点者:岩渕



後半、押し込まれる時間帯もありましたが、試合全体を通して盤石の戦い。
オーストラリアの圧力が思ったより強くなく、日本が終始ボールを支配。
体格に勝る相手に対し、良い予測かつ出足鋭くボールを奪い、球際で競り勝つ。
セカンドボールをほとんど拾い、日本ペースに持ち込むことができました。
男子のフル代表が目指す戦い方をなでしこが見事に実践。



大野、大儀見、宮間が多くの決定機に絡み、ミドルシュート等でも攻め立てました。
途中出場の岩渕が後半42分に決勝点を奪う粘り強い展開。
本当に勝負強く、まさに強者かつ試合巧者の戦いぶりです。



ベスト8に残っていたチームの中で唯一の全勝で、この勝利で5連勝となりました。
全て1点差の勝利。
GL3戦のやや不安定な戦いぶりから決勝トーナメントに入り、
オランダ戦、オーストラリア戦と試合内容が激変。



GL3試合で登録選手23人を全員出場させ、選手の調子・力量を最終確認。
ここ2試合、ほぼ主力選手で先発を固めた佐々木監督。
決勝まで7試合の展望を見据えた選手起用・戦い方に見えます。



これは、男子で言えばブラジルやドイツ、スペインなどサッカー強国の姿を彷彿。
近年の男子は、各国のレベル差が縮小しWカップもGL初戦から気が抜けません。
しかし優勝候補と言われる真の強豪国はGLがMAXの状態ではなく、
ベスト8、ベスト4あたりにピークを合わせてくるのが常套。



私は特に男子のイタリア代表を思い浮かべます。
イタリアは、1994年アメリカWカップなどGLでは大体苦戦して勝ち上がり、
大会終盤に向けて徐々に調子を上げてきます。
序盤戦から3-0、5-0のような大量得点、完封試合のような快勝を見せません。
調子が悪いのかな と思わせて戦っていくうちに、いつの間にか決勝へ。
そんなイメージ。



ひ弱な男子フル代表に比べてなでしこジャパンの戦いぶりは、
したたか、しなやか、狡猾、試合巧者、勝負強い・・・・・
サッカー列強国に連なる賞賛が当てはまります。



キャプテン宮間・・・もはや説明不要の大黒柱。全てに替えのきかない絶対的存在。
FW大儀見・・・持ち味の体幹の強さに加え、勝負強さ、巧さが進歩。
ボランチ阪口・・・影のエース。サッカーセンスは男子並み。次期キャプテン候補。
ボランチ宇津木・・・独特の間を持つ左足。近年一番伸びた選手か。
          攻守ともに素晴らしいが、フィジカルを生かしたボール奪取が秀逸。
CB岩清水、熊谷・・・替えのきかない守備の砦。
          小柄な岩清水は、サッカーセンス・読みの良さでマスチェラーノ並み。
          熊谷は、日本人離れしたフィジカル・足技で女版ピケといったところ。




前回王者、優勝候補としてプレッシャーのかかる中、ベスト4は立派です。
ここから先は運も味方に付けなければ勝ち上がれません。
準決勝の相手は、前回大会で唯一敗戦しているイングランド。
私は準々決勝のカナダ戦を観ましたが、フィジカルが強くプレスも強烈。
日本にとって戦い難そうな相手です。



しかし、なでしこらしい戦い方を貫いて勝利を目指してほしい。
アメリカかドイツとやれるファイナルに進出して素晴らしいサッカーを魅せてください。
逞しく潔い選手の皆さんに心から期待しています。            

なでしこジャパン キリンチャレンジカップで長野に登場

先日、家族4人でサッカーを現地観戦してきました。
なでしこジャパンのWカップ壮行試合、対イタリア女子代表戦です。
私はGWの連休に5/3、5/4、5/5と休日出勤したため、この日は代休取得できました。



■ キリンチャレンジカップ2015
なでしこジャパン VS イタリア女子代表
2015/5/28(木) 19:24キックオフ
南長野運動公園総合球技場(長野県長野市)



日本代表戦、Wカップ前最後の壮行試合、国際親善試合・・・・・
様々な要素からとても華やかな雰囲気でした。
Jリーグの試合と比べても高揚感が別次元。




nadeshiko nagano1
会場は今年3月に竣工したばかりの南長野運動公園総合球技場。
ビクトリーロードからの外観。
収容人数は約15,500人。
小ぶりですがイングランドっぽい、四角くてよい雰囲気のスタジアム。



nadeshiko nagano2
J3の地元AC長野パルセイロの本拠地。
全面屋根付きでフットボール専用の素晴らしいスタジアムです。
私は14:40頃、現地到着しましたが既に490人ほどの待機列!
さすが代表戦は違います。老若男女大勢のファンでした。



nadeshiko nagano3
美しいオーロラビジョン。
両チームのエンブレムがカッコいいですね。



nadeshiko nagano4
今までTVでしか観なかったウルトラスニッポン。



nadeshiko nagano5
なでしこジャパン選手達のウォームアップ。
気合の入ったよい動きでした。



nadeshiko nagano6
選手入場時のホームゴール裏。
FIFAアンセムが感動的。



nadeshiko nagano7
なでしこジャパン先発メンバー。



nadeshiko nagano8
イタリア女子代表。
イタリア代表国歌を生で聴けて感慨深かったです。
男子代表のGKブッフォンの目を閉じた絶叫が目に浮かびました。



nadeshiko nagano9
後半7分、先制点奪取後の大儀見選手。
FWらしい素晴らしいゴールでした。
1-0でイタリア代表に勝利!



nadeshiko nagano10
応援コールや声援・手拍子が会場に良く響きました。
音響の良い臨場感溢れるスタジアムです。



nadeshiko nagano11
宮間選手のCK、美しいフォーム。



nadeshiko nagano12
スタジアム最多入場者数更新。
ほぼ満員でした。



nadeshiko nagano13
試合後の佐々木監督、宮間主将の挨拶。



nadeshiko nagano14
試合前の選手ウォーミングアップ開始時。
なでしこジャパンのサインボールが、各選手によりピッチから投げ入れられました。
私はなんと川村選手のボールをキャッチ(゚д゚)!
メインスタンド前から5列目の効果、超ラッキーです。



nadeshiko nagano15
いよいよWカップカナダ大会が開催されます。
連覇に向けて頑張ってほしいです。
『目指せ なでしこ世界一!』

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。